ストレスで不眠になる人に効く漢方薬はある?国際中医専門員が解説

ブログ

 

ピヨ先生
ピヨ先生

こんにちは、どうなさいましたか?

にゃんたろう
にゃんたろう

不眠に悩んでいる人がいるんだけど

どうしたらいいのかな?

ピヨ先生
ピヨ先生
 
 

どんな感じに眠れないんですか?

にゃんたろう
にゃんたろう

イライラしてストレスを感じた日には

体がかっかと熱くなるし

 

寝ようと思っても目が冴えて

考えが止まらなくなってしまうので

 

眠気を感じないまま

時間だけが過ぎてしまうんだって。

ピヨ先生
ピヨ先生

そうですか、その方は

気滞体質が背景にあって

不眠になっているのかもしれませんね。

 

今回の記事を読むと以下のことがわかります。

  • ストレスで不眠になる理由
  • ストレスの不眠に効く漢方薬3つ

ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

YouTubeでも解説しています。

 

ストレスで、どうして不眠になるの?

ストレスやイライラが原因で眠れなくなってしまう方は、気滞が関係している場合があります。
ちなみに気滞とは、気の巡りが悪くなって、滞ってしまう状態のことを言います。

 

気が滞って熱が生じ、それが体の上の方に熱が過剰に押し寄せると、強い興奮状態となり自律神経が乱れてしまうため、脳の働きが穏やかになれないため不眠になります。

 

これは遠足の前の日の子供のように、明日大事なイベントがあるような場合に、体も心も興奮して熱が盛んになっているので、脳の興奮が鎮まらなくなって、寝付けなくなるような感じです。

 

ストレスの不眠に効く漢方

今回は、気滞で不眠になる方に使われることのある漢方薬のうち、大柴胡湯・抑肝散加陳皮半夏・加味逍遥散をご紹介します。

 

大柴胡湯

 

大柴胡湯は、和解少陽、痛瀉熱結の効能があるといわれています。

 

和解少陽は、体の表面と内側の間の部位で起きている騒ぎを穏やかに。

痛瀉熱結とは、余分な熱が体の内側で詰まっている状態を、便から取り除くことを言います。

 

この働きにより大柴胡湯は、気を伸びやかにすることで滞った気や熱を発散させるとともに、お腹の中に溜まった湿熱を便から追い出してくれます。

そのためストレスによって、過剰に熱が頭に向かって上昇することで起きる不眠の解消に使われます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ちなみに大柴胡湯は

耳鳴り、目の痛み、便秘、下痢

お腹の張りなどの解消にも

使われることがあります。

 

【効能・効果】
体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの
次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症

【副作用】
皮膚 : 発疹・発赤、かゆみ
消化器 : はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

クラシエ

 

 

抑肝散加陳皮半夏

 

抑肝散加陳皮半夏は、調和肝脾、化痰の効能があるといわれています。

 

調和肝脾は、気の巡りを調整する肝気と、お腹の機能を調整する脾気の働きを調和させる働き

化痰は、体の中に停滞してドロドロした状態に変化した水分を排除することを言います。

 

この働きにより抑肝散加陳皮半夏は、身体全体の気の滞りを解消し、気を下向きに引き降ろしてきます。

 

このため、神経過敏や精神の緊張による不眠の解消に使われます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ちなみに抑肝散加陳皮半夏は

肩こり、鼻づまり、歯ぎしりなどの

解消にも使われます。

 

【効能・効果】
体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、
イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、
小児疳症(神経過敏)、更年期障害、血の道症、歯ぎしり

(注)「血の道症」とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に
伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状を指します。

【副作用】
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ

クラシエ

 

 

加味逍遥散

 

加味逍遥散は、疏肝清熱、健脾養血の効能があります。

 

疏肝清熱は、筋肉が強く緊張して生じた熱を、緊張をほぐして熱を冷ますことを
健脾養血は、お腹の働きを向上させて血液の補充を助けることを言います。

 

この働きにより加味逍遥散は、気の滞りを改善して熱を冷まし、水の巡りを促します。

このため、イライラしやすい方や、些細なことが気になる方、のぼせを感じることの多い方の不眠の解消に使われます。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ちなみに加味逍遥散は、

月経不順、憂鬱な感情や、イライラ

下痢するなどの胃腸症状などにも使われることがあります。

 

【効能・効果】
体力中等度以下で、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちな
どの精神神経症状、ときに便秘の傾向のあるものの次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症 注)、不眠症

注)血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に
伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

【副作用】
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ
消化器・・・吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感

ツムラ

 

 

まとめ

 

不眠で悩んでいて、漢方薬で改善を試みようと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、不眠に効く漢方薬はいくつもありますが、しかし、どの漢方薬を飲んだらいいのか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そのため今回は、ストレスによる不眠に使う漢方薬を、いくつかピックアップしました。

不眠改善のセルフケアとして、ご自身の体質に合わせて、必要な漢方薬を試してみてください。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ご自身の体質に応じた

漢方薬を試してみたい方は

オンライン漢方相談

メール漢方相談

LINE漢方相談

ご利用ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました