頭痛の原因別チェックと漢方薬&整体による治し方

頭痛
にゃさん

またまた頭痛が

出てきて辛いなぁ

美肌漢方

吐き気やめまいにまでなって

大変ですよね

美肌漢方
少し見てみましょう

 

どうして頭痛が頻繁に起こるの?

 

このように、何度も繰り返し頭痛になってしまい、なかなか良くならずに悩んでいる方は多いと思います。

 

そこでこの記事では

①頭痛の原因

②漢方薬による治療法

③自然療法による治療法

を中心にご説明いたします。

 

スポンサーリンク

頭痛の原因

 

東洋医学には、不通則痛・通則不痛という考えがあり、何かが通じていないから痛む、通じていれば痛まないといいます。

 

この考えを頭痛の場合にあてはめてみますと、様々な原因により頭部への気血の巡りが妨げられてしまい、気血による脳の栄養が障害された状態と考えられます。

 

急激な気候の変化による寒さや暑さ湿気なども、身体の内側の事情によって気血の巡りを阻害する誘因となりますし、体質の傾きが強くなることでも、気候の変動に関わらず気血の巡りを阻害するようになります。

 

ストレスなどによっても筋肉の緊張を生みますので気血の巡りを悪くさせやすく、緊張状態で生まれたコントロールの効かない余分な熱は、熱としての勝手な動きをしますので上部へ集中し頭部で熱による様々な悪さを行います。

 

熱自身が悪さをすることも当然ですが、その熱に身体の中の様々な邪である余分な湿や悪い血などが、熱の勢いに載せられて上部に集中することもあります。

 

体の機能が低下することで、貧血や体の元気そのものが弱くなってきても、脳を栄養することが出来なくなりますので頭痛を引き起こすことになります。

 

怖い病気が隠れている場合もありますので、いつもの頭痛だからと油断せずに検査を受ける事をおススメします。

 

ぴよ

気血の流れが

邪魔されても届かなくても

頭痛になるのか

 

漢方薬による治療法

 

ここからは、タイプ別の漢方薬による治療法をお伝えいたします。

 

頭痛を起こす原因を大きく分けて考えてみますと、何かが気血の巡りを阻害して頭が栄養されずに起こってしまう場合と、体の機能が低下することによって頭に栄養を届ける事ができなくなって起こる場合の二つに分けられます。

 

寒さによる頭痛

 

体の表面に寒さの邪魔モノが居座ってしまい、気血の巡りが阻害されてしまうと、頭への栄養の供給も断たれてしまうために、頭痛が生じてしまう。

 

症状

首から後背部に脹り、悪寒、くしゃみ、鼻水

 

治療・漢方

温めて寒邪を散じ、気の流れを回復させる

川芎茶調散・麻黄湯

 

熱による頭痛

 

体の表面に熱の邪魔モノが居座ってしまい、気血の巡りが阻害されてしまうと、頭への栄養の供給も断たれてしまうために、頭痛が生じてしまう。

 

症状

頭が脹った痛み、発熱、口が渇く、喉が痛む、顔が赤い

 

治療・漢方

熱邪を散じ、熱を冷まし、気の流れを回復する

銀翹散・桑菊飲

 

多湿による頭痛

 

湿度の高い所での生活や、体の中に余分な水分を摂り過ぎてしまう事で、余分な水分が居座ってしまい、気血の巡りが阻害されてしまうと、頭への栄養の供給も断たれてしまうために、頭痛が生じてしまう。

 

症状

頭が重い、何かが覆いかぶさったような頭痛、四肢や体がだるい、食欲不振、胸がすっきりしない、胃が痞える

 

治療・漢方

湿を散じ、気の流れを回復する

藿香正気散・二朮湯

 

ストレスによる頭痛

 

ストレスによって筋肉が緊張してしまうと、筋肉の緊張によって生じた熱が血管が圧迫されて気血の巡りが悪くなってしまうために、頭痛が生じてしまう。

 

症状

頭痛と眩暈、イライラしやすい、不眠、脇が脹る、口が苦い、顔が赤い、口が渇く、耳鳴り

 

治療・漢方

ストレスを緩め、熱を冷まし、心を穏やかにする

加味逍遥散・大柴胡湯

 

潤いの減少による頭痛

 

過労や睡眠不足によって、体の芯の部分の潤いが減少してしまうと、気血を巡らせる働きの低下や、気血を巡らせるための材料の不足によって、頭が栄養されなくなってしまうために頭痛が生じてしまう。

 

症状

頭がスースーするような痛み、眩暈、腰や膝の力が抜ける、だるい、耳鳴り、眠りが浅い、

手足が冷える

 

治療・漢方

生命力を補い、脳への栄養を回復する

六味丸・滋陰降火湯

 

冷えによる頭痛

 

体の芯の部分が冷えてしまうと、気血を巡らせる原動力が低下してしまう事で栄養を届けることが出来なくなってしまう事や、余分な水分が停滞しやすくなってしまうために、血流を阻害することで頭が栄養されなくなってしまい、頭痛が生じてしまう。

 

症状

頭痛に眩暈、顔色が青白い、動悸がする、疲れやすい

 

治療・漢方

体の芯を温めて、気血の巡りを改善する

海馬補腎丸、八味丸

 

お腹の機能低下による頭痛

 

冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎなどによって、お腹の機能が低下してしまい、余分な水分が停滞してしまうと、血流を阻害してしまい、頭痛が生じてしまう。

 

症状

クラクラするような眩暈、頭を何かが包んだような頭痛、胸がすっきりしない、悪心、嘔吐

 

治療・漢方

お腹の機能を回復し、湿を除去する

半夏白朮天麻湯・苓桂朮甘湯

 

血液どろどろによる頭痛

 

冷え・熱による煮詰まり・ストレス・巡らせる力の不足などによって、血液の運行が悪くなってしまって血液がドロドロした状態になってしまうと、頭が栄養されなくなって頭痛が生じてしまう。

 

症状

痛む場所が固定して刺すように痛む、長期間にわたって痛む、夜になると痛みが激しい

 

治療・漢方

血行を良くし、悪い血を除去する

環元清血飲・疏経活血湯

 

にゃんたろう

邪魔モノは排除して

足りないものは補って

頭痛を解消するぞ

 

自然療法による治療法

 

過労や睡眠不足によって起こる頭痛や、ストレスによって起こる頭痛、食べ物の摂り方によって起こる頭痛など様々にありますので、早めに寝るように心がけ、ストレスを上手く解消して、少し減らし気味に良く噛んで楽しく食べることが大切です。

 

頭痛のあるときに、梅干の果肉をガーゼに巻いて痛む個所に貼ったり、生姜をすりおろしにごま油を混ぜて頭に塗りつけるのも、頭痛には効果があるそうです。

 

整体では、頸椎の1~4番、胸椎の1・2番、11・12番のズレが見られることがありますので、腕の筋肉、首、肩などをテニスボールなどで刺激して緩めるなどしてから、自力整体などで歪みを戻すと良いでしょう。

 

体の歪みを矯正する自力整体のやり方
骨格のゆがむとどうなってしまうの? このように骨格の歪みが原因で様々な症状に困っている方は多いと思います。 そこでこの記事では ①骨格が歪むと起こりやすい事 ②東洋医学ではどう考えている? ③自力整体の...

 

頸椎のズレなどによって、頭部への気血の巡りが阻害されるとで頭痛になることは良く見られますが、お腹の経絡を含めた全身の経絡の歪みからきていることが多く見られますので、内臓整体でお腹の経絡の歪みを正しい位置に戻すとこも大切です。

 

寝ながら内臓整体で骨格・骨盤矯正して健康になる
寝ながら内臓整体ってどんな効果があるの? このように、「寝ながら内臓整体を行って、骨格・骨盤矯正をしたいけど、どんな効果があるのかが分からなくて悩んでいる」方は多いと思います。 そこでこの記事では ①内臓整...

 

また脇の下、肩甲骨周辺、胸は歯痛からくる頭痛に、足の裏の湧泉は頭頂部の頭痛に、合谷は頭痛全般に効果があります。

頭痛のツボ

頭痛のコツ

 

たこmeちゃん

過労や夜更かしに注意して

食事は良く噛んで楽しく

ストレス解消が良いのね

 

タイトルとURLをコピーしました