雨の日体調不良

天候と体調

天候によって体調が変化しているのを感じている方は、沢山いらっしゃると思います。雨の日になると体調が悪い、もしくは雨の降る前日から体調が悪くなる・・・など。気温や湿度、気圧などの変化によって、身体が対応するためにとも言われます。

症状として多いのは、関節などの痛みとしてでることですが、他にもダルさや立ちくらみなども日によって出る方も多いのではないでしょうか。もちろん天候と言っても雨の日もあれば、晴れの日も、曇りの日と様々ですが、その症状の出る天候は人によって変わるようです。

天気予報のことばと外邪

天気予報を聞いていますと良く耳にする言葉にはいくつかあります。明日は風速~メートルでしょうとか、湿度は~%ですとか、暑いでしょう寒いでしょう・・・・などなどありますが、東洋医学では体に病気を引き起こそうとする原因を「邪気」といい、特に外側からやってくる邪気を外邪といいます。

外邪は「風・寒・暑・湿・燥・火」の6つがあり、それらが組み合わさりながら体に影響を及ぼすと考えています。邪気だなんていうと身構えてしまいますが、とても馴染みのある言葉で、意味もその通りの影響を与えると考えています。

例えば風と寒の邪が組んでやってくると、風は良く動き変化し、他の外邪を誘導する役目を持ち、寒は熱を奪い、気血を停滞させ、ギューっと引き絞るために、風寒の邪にさらされた場合、引きつる神経痛のような症状が体の中を移動して出ることになります。

病気の原因は内側の状態

花粉症でもよく言われることですが、同じ環境にあっても症状が出る人と、出ない人の差はどこにあるのでしょう。東洋医学でよく言われることが「コンクリートに種をまいても芽は出ないが、豊穣な耕地には芽が出る」です。つまり環境が病気を引き起こす誘因であることは間違い無いのですが、それはあくまで切っ掛けであって、本当の問題は、耕して肥料を与えて準備した土地、つまり体の内側にあるということです。

例えば雨の日になると症状が悪化する方も多いのですが、晴れて乾燥すると症状が悪化すると訴える方もいらっしゃいます。雨の日に悪化する方は殆どにおいて体の中も浮腫んだような湿邪の多い状態です。また晴れて乾燥すると悪化する方は、逆に身体に必要な潤いが足りない方が多く見受けられます。

偏ってしまうから病気になる

もちろん全体が水浸しの方、あるいは全体が乾燥している方という場合もありますが、人間の体はそう単純ではありませんので、上のほうは乾燥しているが下の方は浮腫んでいる方や、逆に中央部分では水浸しだが上下で乾燥しているなど、人によって様々な体質があります。

その乾燥している部分の影響で症状が出ているからといって「よし、水分を沢山取れば治る」などと飲水を行うと、水浸しの部分が余計に悪化してしまい、その影響で更に乾燥症状が強くなることも良くあります。

例えば、上のほうは乾燥してしまい、皮膚がかさかさになり、寝付きが悪く、髪の毛が細いような場合、これらは東洋医学では血虚や陰虚の症状と考えますが、よくよく聞いて見ると、足は浮腫み、雨で悪化し、尿量が多いなど、体の下の方では水が余っているような場合に、余分に水をガブガブと喉の渇きに関わらず飲んでいると、体の巡りとバランスを悪くしてしまい症状を悪化させる場合があります。

もちろん健康な方は巡りが順調ですので、その様な偏りはほとんどありません。それらの気血津液(水)の偏りが大きいために様々な症状が出てきてしまうのです。

正気を高めて巡りを回復させ病気になりにくい体をつくる

東洋医学では外邪と対抗するためには「正気」を高めることと考えています。2025年問題が言われはじめて久しいですが、これからは自分自身で体の健康を保ち、未病を治すことが重要とも言われています。

特に慢性の病気では、東洋医学の判断に基づいて、日々の食事や生活習慣、気功法などの体操などで正気を高め、体質を改善していくことで病気になりにくい体をつくっていくことが、症状を回復させる手段の一つとして、とても利用価値があるように思います。