桃の種中身と杏仁は漢方?

ブログ

暖かくなってきました。

庭の桃の花も咲いています。

桃にちなんだ漢方を紹介します。

 

 

桃の種が漢方薬に使われているって本当!?

 

皆さんは、桃の種が漢方薬に使われているのを知っていますか?

正確には種の固い殻を割ると、中に「仁」と呼ばれるものが入っています。

桃の「仁」は「桃仁」と呼ばれ、漢方の生薬の1つになっています。

 

 

 

皆さんがよく知っているアーモンド、くるみも「仁」と呼ばれているところです。

「桃仁」はアーモンドに似ています。

 

桃仁

 

●性味・・・・ 苦甘平

●帰経・・・・ 心肝大腸

●薬理作用・・ 破血祛瘀、潤腸通便

 

月経痛、打撲捻挫のよる内出血、便秘などに使われる。

 

妊婦には使用しない

 

エキス剤では桂枝茯苓丸、桃核承気湯、潤腸湯などに配合されています。

 

杏の種も漢方薬に使われている!?

漢方薬 杏仁

 

杏の種も漢方薬に使われています。

 

ちなみに杏仁豆腐の「杏仁」は杏の仁で、やはり漢方の生薬になっています。

杏仁豆腐などに使われているのは甘みのある「南杏」「甜杏仁」で

漢方に使われているもは苦みが強い「北杏」です。

 

「甜杏仁」100%の杏仁豆腐を作りたいと思っていますが、

原材料が「甜杏仁」だけというものがなかなか見つかりません。

入手できたら作ってみたいと思います。

 

杏仁

 

●性味・・・・苦温

●帰経・・・・肺、大腸

●薬理作用・・潤肺止咳、潤腸通便

 

鎮咳、平喘、便秘などに使われる。

 

多量に服用しない

 

エキス剤では麻黄湯、麻杏甘石湯,潤腸湯などに配合されています。

 

 

以上、漢方薬の豆知識でした。

 

参考文献

薬膳食典 食物性味表―食養生の知恵
中医薬膳師必携の食材辞書! ! ●薬膳レシピ考案に欠かせない、食物459品目の性味、帰経、効能一挙掲載 ●現代栄養学によるカロリー、栄養&機能成分も充実掲載 ●薬膳に使える中薬&代表的中薬、161種の性味、帰経、効能、適応を掲載 ●中医薬膳学・基礎理論のポイントをわかりやすく集約 ●中医薬膳用語解説充実掲載 【第1章...
改訂新版 薬膳素材辞典
初版以来16年、好調に版を重ね(現在、第9刷)、〈薬膳〉の世界をリードしてきた『薬膳素材辞典』の改訂新版が本書です。16人の編集委員会を編成し内容を再吟味のうえ、 最新情報をふんだんに盛り込み、 内容を一新しました。
タイトルとURLをコピーしました