タントウ功 瞑眩・偏差と対処法

気と小周天
スポンサーリンク

タントウ功による好転反応

 

タントウ功は健康を害する状態にはなりにくいですが、やはり身体に変化を起す以上、何らかの反応は起きてきます。

 

東洋医学では瞑眩(めんげん)と言って、病気がよくなる前に好転反応として眩暈(めまい)の様な、気だるい様な反応を中心に、様々な体調不良と言ってもいいような変化があると言います。

 

ただし東洋医学の分野でも、好転反応などは無いと言う先生もいらっしゃいますので、何とも立場によってそれぞれですが、気功の立場から言うと時によってあるような気がします。

 

やはりそれまで狭かった気の通り道が太くなれば、その太くなるときに何らかの反応はありますし、太くなってそれまでより多くの気血が流れるようになれば、滞っていた物が一気に体の外へ流れ出すでしょうから身体は大騒ぎになるでしょう。

 

しかしそれは良くなる為の反応ですから、それ程心配は要らないわけです、しばらく中止して放って置けば好転してきます。

 

それで問題になるのは好転ではない身体の反応です。

 

好転ではない反応

 

これは沢山の状況が考えられますので説明し切れませんが、気功で出やすい状況は、やはり気が大量に発生し、それが頭に集中してしまう事が一番怖い問題です。

 

そうなりやすい方はどのような方かと言いますと

  • 身体を潤す要素が減少してしまっている方
  • 身体は熱っぽいし湿分もたっぷりある方
  • ストレスを感じることが多くイライラしていることが多い方

などの方は反応が出る可能性が高いでしょう。

 

例えば最初の身体を潤す要素が減少している方は、簡単に言うと身体全体が乾燥気味で、中医学では陰虚と言います。身体を潤す要素が少ないので、相対的に身体を熱する状況が強くなりやすく、体の熱は一気に頭に集中しやすくなります。

 

体質改善も併用しながら行ったほうが良い場合

 

ふらつき、めまい、持続性頭痛や熱感、眼球が脹る 耳鳴り、酒に酔ったような顔面紅潮、胸中が胸苦しい、頻回のげっぷ、甚だしい時はめまいがして卒倒し意識不明になり覚醒しても後遺症が残るなどです。

 

この体質の方は気功をしつつ、食事療法、生活を変える、漢方薬など適切なことを併用しながら行ったほうが安全です。

 

これらになりやすい方はどのような方かといいますと

  • 加齢により身体の潤いが減少する
  • 房室不摂つまり過度の性生活を送っている方
  • 肺の疾患があり渇いた咳をしているような方

なども、その傾向にあるといえます。

 

漢方薬としては、体の潤いを補う働きのあるものを選び、乾燥した状態を改善しながら行います。

 

体の潤い(腎陰)を補う働きのある漢方薬

 

六味丸

https://amzn.to/2uPgFvT

腎陰である体の潤いを補い、腎気の働きを応援する。

疲れると手のひらや足の裏がほてる、腰や下半身に力が入らない、めまい、耳鳴り、寝汗、体が熱っぽい、口が渇く、頻尿、舌が紅く舌苔が乾燥しているような方に。

 

杞菊地黄丸

https://amzn.to/2UzbBu6

肝腎の潤いが減少していて、目を中心とした体の上方に熱がこもっている状態に、腎気を補いながら補充してくれる。

視力の減退、眼精疲労、目が乾燥する、イライラしやすい、目がかすむ、目が充血する、耳鳴り、疲れると手のひらや足の裏がほてるような方に。

 

知柏地黄丸

https://amzn.to/2TWP1r8

腎陰が減少したことによって、体が熱を帯びてしまった状態に、腎陰を補いながら、熱を冷まし、浮き上がった熱を引き降ろす。

疲れると顔がほてりが強い、イライラする、血圧が高くて顔が赤くなる、頭痛などで熱と渇きを感じやすい方に。

体の余分な水分が熱によって煮詰められる

 

次に、身体の熱も水分もある方、分かりやすくいうと固太りの方などです。
鼻水や尿の色なども黄色が濃く、あちこちが膿んだりしやすい方になります。

 

この様な方は中医学では湿熱と言い、熱と湿が結びついて悪さをしている状態です。湿と熱が結びつくと湿熱と呼ばれる病理産物になりますが、その湿熱は粘っこくなり様々なものの運行の邪魔をします。

 

それが熱によって体の上部である頭に向かい、そこに居座ってしまうと、やはり頭痛や眩暈などが起こりやすくなりますが、上部に向かわずとも湿熱の熱としての悪さを様々なところで発揮すると、その場で悪さをします。

 

特に気功では気の量や流れを増やしますので、その増えた気の量が湿熱によって阻まれると、その部位では気が停滞します。

 

気が停滞すると気はエネルギーですから熱を生み、湿熱は更に熱の悪さを発揮し、熱が激しすぎて出血などにもなります。

 

  • 食べすぎの方で特に味の濃いものが好き
  • 甘いこってりしたものが好き
  • お酒を良く飲むなどの方などは

 

その傾向になりやすいでしょう。

 

湿熱の傾向の方は特に食生活を見直すことが重要ですが、ほかにも過労や夜更かしなども、体の潤いを減少させて、熱を生じさせやすいので寝不足は禁物です。

 

このような方が漢方薬で補助をする場合、こもった役に立たない熱を冷まし、余分な水分を取り除くものを使います。

 

熱で煮詰まった邪を排除する漢方薬

 

大柴胡湯

https://amzn.to/2FLIgU0

強い気の滞りがあって、体の上の方で邪熱が停滞している状態に対して、気の滞りを発散しつつ、体の中に停滞している邪も引き降ろして便として排除する。

イライラが激しく、頭痛、肩こり、耳鳴りがある、吐き気、嘔吐、みぞおちの周辺が硬く突っ張っているような方に。

 

半夏瀉心湯

https://amzn.to/2FOEk4O

脾気と胃気の不調によって生じた熱で、心窩部の周辺に滞りが生じた状態を、脾気を応援して、熱を冷まし、塞がった邪を引き降ろして流れを改善する。

喉が渇き、口臭があり、下痢や軟便気味の方、手足は冷えるが顔はのぼせやすい、みぞおちが突っ張る、むかつきがあるような方に。

 

黄連解毒湯

https://amzn.to/2FPWzqI

体全体の熱を冷まし、余分な水分を乾かす作用で、熱や湿熱による邪魔モノを排除したい時に。

熱がある、顔が赤い、口が渇く、尿が黄色い、熱で便秘になる、イライラしやすい、熱っぽくて落ち着きがない、興奮して眠れないなどの方に。

 

茵蔯蒿湯

https://amzn.to/2UzbIWy

湿熱が停滞して停滞したために、小便や大便の出が悪く、体の熱がこもってしまうような感じの方に。肌が少し腫れるような感じの方にも。

口が渇く、口が苦い、尿の量が少ない、量の色が黄色い、便秘、じんましん、口内炎、湿疹、皮膚炎、皮膚のかゆみ、お腹が張るような方に。

 

茵蔯五苓散

https://amzn.to/2OP188S

停滞している余分な水分を排除しながら、気の滞りにも解消して脾胃にこもった湿熱を冷ます。

喉が渇くがあまり飲めない、尿の量が減る、便が柔らかい、むくみがある、胸がつかえて吐き気があるような方に。二日酔いの予防に。

タントウ功

ストレスによって気は滞る

 

 

そしてストレスは上の二つを起こす原因ともなりますので、ストレスを日ごろ感じやすい方は注意が必要です。

 

ストレスを感じているときはどうしても筋肉は緊張し、力みが出ていますので身体の巡る物は滞りやすくなり、力んでいる状態では余分な熱も生みますので、渇きの状況にある方は陰虚になりやすくなります。

 

またストレス解消で暴飲暴食をする傾向の方は、食べた物が熱と結びついて湿熱になります。

 

頭に血が上ると言うように、イライラすると頭に熱を持った気が上昇しやすいですので、血圧上昇、頭痛、眩暈(めまい)などを起しやすくなります。

 

やはり熱によって血液の動きが激しいと、出血傾向にもなりますので注意が必要です。

 

ストレスを多く感じる方の、生活での注意は非常に難しいですが、ストレスは物事の捉え方にもあると思いますので、その部分から見直すことも必要でしょう。

 

一度このようなことがありました。

 

お話を伺い全体の雰囲気から「イライラするようなストレスを生活の中で感じていませんか?」と、断定するのではなく、あくまで質問として聞いたのですが、「イライラなんてしません!ストレスなんて感じることはありません!!」と、もの凄い剣幕で怒られてしまいました。

 

心理的に余裕の無い状況の方は、自分自身をみつめること、自分を客観的に見ることが出来にくくなり、それによって自分を見失い、それがまたストレスの種になるのかもしれないなと、その時感じました。

 

例えばコップに水が半分入っている状況で、ある人はもうコップに半分しか残ってないと感じるのと、まだ半分もコップに残っていると感じるのでは、かなりの差があります。

 

コップに水が半分と言う状況は同じですが、捉え方一つで全然違う世界に行ってしまうわけです。

 

以上のように、健康になろうと気功を始めても、体質によって様々な反応が出てしまい、気功をしていることで不健康な状態になってしまうことがでてきます。

 

それらを回避するためにも、古代の修行者達がそうであったように食事や生活も見直しつつ、状況によっては漢方薬なども取り入れながら気功をすると、それら不健康状態を回避しやすくなります。

 

最後に問題とはならない問題としては、やはり体質によるとは思いますが、体重が落ちやすくなることがあります。

 

立ち尽くしたままなのに、かなりのカロリーを消費するのでしょう。

 

ただしこれは全ての人に確約できることではありませんが・・・・

タントウ功

コップの中身は一緒

 

 

タントウ功 やり方
タントウ功 やり方 ではやり方です。 下半身の型 まず両足を肩幅に開いて立ちます。 両足の先を平行にします。 重心を足の土踏まずの前の方にかけて立つようにします。 ツボで言うと湧泉の辺りにかかるようにします。 その...
タイトルとURLをコピーしました