気と小周天と瞑想

ヒステリー球の解消におすすめの市販の漢方薬と呼吸法。

バンダットレヤ インドにはバンダットレヤという特殊な呼吸法があります。 やり方は実に簡単で、吸気によって息を吸い吸いきった所で息を止めます。 息を止めながら身体の下の方である肛門、お腹、喉と締め上げていって、喉を締め上げた...
気と小周天と瞑想

気とは

気の正体は? 気って何ですか? と質問されることがあります。 古代中国では「気」が宇宙全てのもの、つまり森羅万象を形成する基本物質であると考えています。 生命が生じ、成長し、衰退していくことも、太陽や星が活動し輝くこ...
気と小周天と瞑想

タントウ功 やり方

タントウ功 やり方 ではやり方です。 下半身の型 まず両足を肩幅に開いて立ちます。 両足の先を平行にします。 重心を足の土踏まずの前の方にかけて立つようにします。 ツボで言うと湧泉の辺りにかかるようにします。 その...
気と小周天と瞑想

タントウ功 瞑眩・偏差と対処法

タントウ功による好転反応 タントウ功は健康を害する状態にはなりにくいですが、やはり身体に変化を起す以上、何らかの反応は起きてきます。 東洋医学では瞑眩(めんげん)と言って、病気がよくなる前に好転反応として眩暈(めまい)の様な、気...
気と小周天と瞑想

タントウ功 気を練る

気を練る目的 では、気を練るとはどういうことなのでしょうか。 練るとはその言葉の通りに言えば、こねたりして粘りつくように粘度を上昇させることですが、長い時間練磨することにより、気が粘りつくように感じる状態になるように修練すること...
気と小周天と瞑想

タントウ功 気の循環

気を集中する場所 タントウ功での姿勢では臍下丹田(せいかたんでん)だけでなく、仙骨周辺にも筋トーヌスが起こりますので、仙骨周辺も血流が盛んになり温かくなってきます。 ですから正しい姿勢で行うことは、臍下丹田や仙骨に筋トーヌスが起...
気と小周天と瞑想

タントウ功 意識の場所

意識の注意点は 練丹をする際に意識する身体の部位は何処が良いのかと言うと、やはりおへその下の丹田が一番効率が良いでしょう。特にタントウ功の場合強い呼吸をするわけでもないので、体に負担を強いるわけではないので安心してできます。 先...
気と小周天と瞑想

タントウ功

タントウ功は気功法のアルファオメガ 気功法の中でも効果が高く、そのわりに簡単な方法です。 太極拳などの基本として行うことも多いようですが、武術によってはこれが究極の鍛錬法でもあるようです。 気功法の元になった仙道と言う鍛錬...
タイトルとURLをコピーしました