睡眠の効果

何かを飲めば治ると言う思い込み

現代では、身体の中に良い材料を持ち込みさえすれば、身体の機能が向上するように考えられがちで、良い食べ物、良い薬、良い飲み物、良いサプリメント・・・と、実に様々な種類のモノを購入し、摂取している方が沢山いらっしゃいます。

テレビで何々が良いからとやっていたとなると、皆さんが殺到して購入するために、店頭から、流通から、一時期消えてしまうことも少なくありません。

材料の持つ気

東洋医学では、材料は材料に過ぎず、例えどんなに高級で貴重な物であっても、その物質の持っている性質と、それを摂取する人の性質が合っていなければ、役に立たない“邪”であると考えています。この場合の性質を四気五味などと言い、つまり物質の気のことを重要視します。

また例え性質がお互いに合っていたとしても、必要以上に体内に存在している場合や、その物質が滞ってしまい、動きが悪くなってしまった場合でも邪であると考えています。言葉通りに邪魔物となってしまいます。

身体のエネルギーで材料を加工し利用する

これらの材料を、身体が必要としている時に、必要な量だけ体内に入ってくれば、身体は有効に利用できます。その利用時に、身体は、自身のエネルギーを使って、身体にとって必要な状態に変化させていきます。

例えば病気の時や、寝不足の時などは、身体はエネルギーを病気への抵抗に使っているために、外部から摂取した材料を加工する部分へまわす余裕がありません。

ですから食欲が低下し、身体に睡眠を要求し、起きているときに行っている外側でのエネルギーの消耗を最小限にして、身体の回復に専念させようとします。

この時に無理して睡眠不足を続けていると、エネルギーの供給が病気への抵抗に必要な分を確保できなくなってしまい、少しずつ症状は深くなってしまう事になりかねません。

睡眠による身体の修復とエネルギーの補充

病気の時に限らず、普段から睡眠不足の方は常にエネルギー不足の状態になり、さらに睡眠時に身体の修復を行っているので、その修復の時間が足りなくなります。

そのような状況が続くと、昼間の活動で損耗した身体の修復が追いつかなくなってきます。例えば膝関節などで損耗に修復が追いつかなくなると、膝の変形を起こす一因ともなります。

この時どんなに良い薬を体内に持ち込んだとしても、睡眠不足によるエネルギー不足が原因で、その材料を有効に利用できなければ、その材料は体内で余ってしまいます。すると身体にとっては邪魔者となり、却って巡りを圧迫し、身体の修復を邪魔する悪循環に陥ってしまいます。

身体にとって物質的な材料はもちろん大事なのですが、身体を修復しエネルギーを補充するための睡眠を軽視してしまうと、身体にとっては、その材料が邪を作る原因になってしまいかねません。

短い睡眠でも大丈夫?

しかし最近ショートスリーパーと言って、短い睡眠で大丈夫な方もいるようです。生まれついてのショートスリーパーの方や、後天的に訓練によってなった方もいるようですが、その方たちを参考にしてもあまり意味がないと考えられます。

生まれつき、その様な遺伝子を持っている方を参考にしても仕方がありませんし、ましてや厳しい訓練をされたことで、その様な状態になった方と比べても仕方がないと思います。

短時間睡眠を目指す意味は・・・・

もし同じようなショートスリーパーになりたい方は、同じような厳しい訓練をされると良いかもしれませんが、ヨガや仙道などでも本格的に行うには、中々の厳しい訓練をするようです。もちろんその過程で、予期せぬ故障や、精神的、肉体的なダメージを負う場合もあります。

また通常ヨガなどでは、精神的な部分の成長のために訓練するわけですので、予期できないリスクを負いつつ、ショートスリーパーになることを目的にその様な訓練をするのは、私には「ご苦労様」と言う以外に言葉が見つかりません。

少なくとも通常の睡眠を必要とする場合には、睡眠は一番の薬であると考えて、時間的な量と質の両方の確保をおススメいたします。