【アトピー ドリンク】紫蘇ジュースの作り方と紫蘇の効能

アトピー食事とお菓子
にゃさん
にゃさん

紫蘇のおいしい季節になりました。

 

 

6月~8月にかけて赤じそ、青じそが旬になり、お店に多く見かけるようになります。

 

紫蘇は薬味、梅干し、紫蘇ジュースなどに使われます。たくさん手に入ったら、ジュースにしましょう!!

 

今回は【紫蘇の効能】と【紫蘇ジュースの作り方】について書いていきます。

 

紫蘇ジュースの効能は?

紫蘇の栄養価

 

紫蘇は

カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、鉄、食物繊維、カリウムなどの栄養素が多く、中でもβ-カロテンの含有量は100gあたり、11000 μgも含まれています。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より

 

栄養面でも優秀です!

 

紫蘇のにおい成分「ペリルアルデヒド」には、強い防腐作用と殺菌作用を持っています。

 

紫蘇に含まれるポリフェノール類の【ロスマリン酸】は、ドーパミン関連のモナミン濃度が上昇し、アルツハイマー病を予防する機序を発表しました。(東京大学らの研究)

 

またポリフェノールの一種フラボノイドの一つ【ルテオリン】には、アレルギー反応を引き起こす物質であるロイコトリエンの産生を抑え、抗アレルギー、抗炎症作用があります。アレルギー疾患に有用として健康食品としても利用されています。

 

薬膳からみた紫蘇

 

紫蘇(しそ)

  • 性味:辛/温
  • 帰経:肺脾
  • 効能:辛温解表
  •    解表散寒
  •    行気和中
  •    解毒
  • 適応:感冒、嘔吐、魚介類解除、痰による胸の痛み、さらさらの白い痰を吐く、 
  •    精神性ののどの詰り、冷えによる腹の張り

「食物性味表」日本中医食養学会より

辛温の性質で温めと、芳香で「気」を動かす作用があります。

 

また紫蘇は漢方の生薬になっています。香蘇散、半夏厚朴湯、藿香正気散などに配合されています。

 

紫蘇ジュースレシピ

材料

 

にゃんたろう
にゃんたろう

・紫蘇・・・200g

・水・・・

・砂糖・・・

・レモン汁・・・

 

 

①茎から葉を外す。

※葉の裏をみて下さい!虫や卵がついているときがあります。(量が多いと大変ですが)
②葉を洗う
 
③大きな鍋に水を入れ、沸かす
 
④沸騰したら、火を止めて紫蘇を入れる。全体がお湯に沈むようにかき混ぜる。
そのまま蓋をして5分放置
 
紫蘇は長時間、火にかけないでください!!漢方では香りによって「気」を巡らせる作用があります。煮詰めてしまうと香り成分が飛んでしまいます。
 
⑤紫蘇の葉を取り出して、エキスを絞る(やけどに注意!)
 
⑥ザルでこす
 
⑦温かいうちに砂糖を入れる
 
⑧冷めてきたらレモン汁を入れる。色が鮮やかになります。
 
少し濃いと思うので、お好みで水や炭酸で割ってください。

紫蘇ジュースの搾りかすは

搾りかすは捨てないで「しそ味噌」にしてはどうでしょうか?

 

紫蘇を適当に刻み、ごま油で炒め、みりん、味噌で味付けします。

ひき肉、油あげ、ちくわ、さつま揚げ、かつおぶしなど入れるとおいしくなります。

 

ごはんのお供にいかがですか?

 

タイトルとURLをコピーしました