肌を綺麗にする方法。しみ・そばかす解消法。【原因別の漢方薬】

肌荒れ

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

しみ・そばかすにお悩みの方へ。

しみ・そばかすに長い間悩んでいて

色々な方法を試したけれど

あまり改善せず

最近は少し増えてきているような

気がして悩んでいる。

 

シミ・そばかすができる原因と

自分に合った改善法とか

あったら知りたい。

と悩んでいませんか。

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • しみ・そばかすを作る原因。
  • しみ・そばかすを改善する原因別の漢方薬。

 

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

 

肌を綺麗にする方法。しみ・そばかす解消法。

 

シミ・そばかすを作り原因は、皮膚の一番深い部分の基底層という場所にある、メラニン細胞の働きによって作り出されています。

 

東洋医学では、しみ・そばかすを作る原因は

  • 浮腫みがちで冷えやすい方。
  • のぼせがあって皮膚や唇の色が紫っぽい。
  • ストレスでイライラしやすい方。
  • 貧血に冷えが伴う。
  • 疲れるとほてりやすく乾燥しがち。

によってできることが多いと考えています。

 

東洋医学では、メラニン細胞と関連する部分を腎気と言います。

 

これらの原因によって、血行が悪くなると、腎気の働きが上手く調整できなくなり、シミ・そばかすを作り出します。

 

ちなみに、東洋医学では、シミ・そばかすの色によって、以下のような分類も考えています。しかし、部分的な見方ですので、もう少し全体から見るために、もう少し詳しくご説明いたします。

 

  • 黒が濃い
  • 暗くて黒っぽい色、つまり濃い黒が現れている場合、体が冷えて血行が悪化して、血液がドロドロになって、シミ・そばかすができています。

 

  • 焦げるような黒
  • 焦げるような黒は、つまり茶色が混じったような黒が現れている場合、体の潤いが減少していて乾きがあるために血行が悪くなり、ドロドロ血液になって、シミ・そばかすができています。

 

  • 青っぽい黒
  • 青いような黒は、ストレスなどによって筋肉が緊張するような場合に、血管が圧迫されて血液の巡りが悪くなり、血液がドロドロして、シミ・そばかすができています。

 

しみ・そばかすを解消するための漢方薬

シミ・そばかす解消法

どのようなタイプの場合であっても、血液を良く巡らせることが重要になります。

 

ただしどのタイプが原因になって、血液が滞ってしまったのかにより違ってきますので、体質に合った方法で血液の滞りを解消していきます。

 

浮腫みがちで冷えやすい方

 

浮腫みがちで冷えやすい方は、シミ・そばかすができます。

 

体の中の水分の巡りが悪くなって浮腫んでいると、血流を邪魔するようになります。

 

血流を邪魔されて、皮膚の基底層に栄養が届かなくなると、腎気の働きを調整できなくなり、シミ・そばかすを作ります。

 

このような場合、当帰芍薬散などで、停滞している余分な水分を排除し、血液の巡りを応援して解消します。

 

のぼせがあって皮膚や唇の色が紫っぽい

 

皮膚や唇が紫色っぽいとシミ・そばかすができます。

 

皮膚や唇が紫色っぽいのは、血流の悪さによって起こっています。

 

しかものぼせがあるのは、熱が顔に集中していることですので、ますます顔の周辺では血流が悪くなり、シミ・そばかすができます。

 

このような場合、桂枝茯苓丸加薏苡仁桃核承気湯腸癰湯などで、停滞してドロドロしている血液を排除して、血行を促して解消します。

 

ストレスでイライラしやすい方

 

ストレスを感じやすい方は、シミ・そばかすができます。

 

ストレスによって、気が滞り、筋肉が緊張すると、血液の巡りも悪くなって、皮膚の腎気の働きが調整できなくなり、シミ・そばかすができます。

 

また、筋肉の緊張によって、余分な熱が生じて皮膚周辺を乾燥させるようになることでも、血流が悪くなって、腎気の働きを乱す様になります。

 

このような場合、加味逍遥散柴胡清肝湯血府逐瘀湯などで、気の滞りを改善して、生じた余分な熱を冷まし、血液の巡りを促して解消します。

 

貧血に冷えが伴う

 

貧血に冷えがあるとシミ・そばかすができます。

 

貧血によって皮膚に栄養が届かないことでも、腎気の働きが調整できなくなるだけでなく、貧血によって体が冷えてしまうと、血液の巡りが悪くなります。

 

そうなると、皮膚の腎気は不調になって、シミ・そばかすができます。

 

このような場合、温経湯芎帰調血飲第一加減当帰飲子などで、血液の材料を補充するとともに、作る応援をして、血液の巡りを促して解消します。

 

疲れるとほてりやすく乾燥しがち

 

疲れるとほてりやすく乾燥しがちな方は、シミ・そばかすができます。

 

疲れるとほてりやすい方は、体の潤いが減少しています。

 

体の潤いが乾燥していると、血液がドロドロして動きが悪くなり、皮膚の血流も悪くなるので腎気の働きが乱れ、シミ・そばかすができます。

 

このような場合、杞菊地黄丸知柏地黄丸六味丸などで、体の潤いを補充して、乾燥による熱を冷まして、血液の巡りを改善して解消します。

 

シミ・そばかす解消法のまとめ。

シミ・そばかす解消法

シミ・そばかすができる原因と、漢方薬についてご紹介しました。

 

シミ・そばかすができる原因は、血流の悪化によって、メラニン細胞と関連の深い腎気の働きの調整が上手くいかなくなることです。

 

原因は様々にありますが、どの原因でも皮膚の基底層に栄養を与える血流の悪さによって起こっています。

 

解決するためには、漢方薬で体質を変えるきっかけを作りつつ、生活にも様々に気を配ることで、全身の血流が改善して、シミ・そばかすができにくい体に変わります。

 

そのことで、消すのではなくて、できにくい体にすることで、結果的に消えていきます。

 

今回は以上となります。

 

タイトルとURLをコピーしました