頻繁に出る止まらないしゃっくりの原因と止め方

にゃさん

ひっくひっく

しゃっくりが止まらないなぁ

ソラソ葉Tea

軽いものなら、息を止めるとか、くしゃみで

収まりますけど続くと苦しいですよね。

ソラソ葉Tea

少し見てみましょう。

どうして、しゃっくりが中々止まらないの?

このように、「しゃっくりが頻繁に出てしまい、なかなか止まらないで悩んでいる方」は多いと思います。

そこでこの記事では

①しゃっくりが出る原因

②漢方薬での治療法

③お家で簡単にできる自然療法

を中心にご説明いたします。

しゃっくりが出る原因

しゃっくりは横隔膜が痙攣して起こる症状です。様々な原因があり、それぞれの原因別の対応策が必要になります。

東洋医学では元気な方が突然ある場合は、外側から入ってきた邪によって、体の中の気血の巡りが阻害されて起こると考えています。

また体調が悪い方や慢性的に病気を持っている方が起こる場合は、体の機能が低下したことによって、気血の巡りが悪くなったことが原因で起こっています。

これらの原因によって、胃気の動きが阻害されて起こるといいます。本来なら下向きに動いている胃気が、様々な原因で本来の機能を邪魔されると、下向きに動けず上に逆流してしまいまうからです。

また身体の機能が失調して起こることも多く、身体の中が水浸しの状態だと余分な水分が横隔膜の正常な動きを邪魔して起こりますし、逆に身体が乾いてしまっていても横隔膜が引き攣るようになって起こります。

どちらの原因にしても、横隔膜への気血の巡りが悪くなることで、横隔膜への正常な栄養の提供が出来なくなることで起こっています。そのため解決策としては、横隔膜への気血の巡りを改善することとなります。

ぴよ

横隔膜への

気血の巡りが滞ると

痙攣してしまうのか

しゃっくりの漢方薬での治療法

ここからは、タイプ別の漢方薬によるしゃっくり治療法をご紹介いたします。

しゃっくりを起こす原因には、大きく分けると5つのタイプがあると考えられていて、冷えが停滞した、熱が停滞した、ストレスなどの緊張によるもの、お腹の機能低下によるもの、お腹の潤いの減少によるものなどです。

冷飲食によるしゃっくり

体の抵抗力が低下しているときなどに、冷たい食べ物や飲み物を摂り過ぎてしまうと、冷えが体の中に居座ってしまい、気の流れが阻害されてしまうので、上に抜け道を求めて上がってくるので、しゃっくりが生じるようになってしまう。

症状

しゃっくりの音は小さい、温めると楽になる、食欲減退

治療

お腹を温めて、寒邪を散じる

柿蒂湯、呉茱萸湯など

胃腸の熱によるしゃっくり

辛い物や、味の濃い物、脂っこいものなどの食べ過ぎで、胃腸に熱が生じて停滞してしまうと、気の流れは上に上がることが出来なくなり、胃の熱が上に突きあがってくるようにして、しゃっくりが生じるようになってしまう。

症状

しゃっくりの音が大きい、勢いがある、口臭、喉が渇く

治療

胃の熱を冷まし、痰を除去し、胃気が降りるようにする

半夏瀉心湯、竹葉石膏湯、柿蒂湯など

ストレスによるしゃっくり

ストレスなどによる気の滞りが、横隔膜の正しい働きを邪魔してけん引されるようになってしまい、気のスムーズな下向きへの動きが阻害されてしまうために、しゃっくりが生じるようになってしまう。

症状

しゃっくりが連続する、ストレスで誘発される、腹部や脇の脹った感じ

治療

緊張を緩め、胃気を降ろす

四逆散、大柴胡湯、芍薬甘草湯など

お腹の機能低下によるしゃっくり

お腹の機能が低下していまうと、栄養を吸収して運び上げる働きや、いらなくなった不要物を下向きに順調に動かしていく事がスムーズにいかなくなり、胃気が正しい働きである下向きに動くことが出来なくなってしゃっくりが生じるようになってしまう。

症状

しゃっくりの音は弱い、顔色が青白い、手足が冷たい、食欲がない

治療

お腹を温めながら胃気を下ろす

人参湯、補中益気湯など

脱水によるしゃっくり

胃腸の潤いが減少してしまい、腸管の乾燥によって横隔膜が痙攣してしまい、胃気の働きが正常に出来なくなってしまうために、しゃっくりが生じるようになってしまう。

症状

しゃっくりは短く早く連続する、口や舌が乾燥、イライラしやすい

治療

お腹の潤いを増やし、胃気を降ろす

滋陰降火湯など

にゃんたろう

何かが邪魔するものと

何かが足りないものの

どちらかが原因なんだ

お家で簡単にできる自然療法

体質別に、これらを使うとしゃっくりが収まってきます。普段からなりやすい方は柿のヘタ(柿蒂)、ビワヨウ(枇杷の葉)、ナタマメ(刀豆)、カンキョウなどをお茶代わりにして飲んでいると良いでしょう。

ほかにも、頭をそらして後頭部の毛の生え際を押しながら持ち上げたり、手のひらや前腕の真ん中のスジを少し強めに押していきます。さらに「だいず」というと止まるというおまじないのようなものもあるようです。

整体の考えでは、胸椎の3~8番の周辺に異常が出ていることが多く、胸椎自体のズレや、胸椎周辺の硬結など、経絡の歪みが出ていることが多く見られますので、自力整体などで歪みを戻されると良いでしょう。

自力整体のやり方を知りたいあなたへ。この記事では自力整体がどのような体質の方に効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで自力整体のやり方が分かります。どうぞご覧ください。

また内臓整体によって、お腹の機能を高めて、お腹全体の緊張を緩め、お腹の経絡の歪みを正していくことで、横隔膜膩滞の働きを正常に戻すことも重要です。

内臓整体の効能を知りたいあなたへ。この記事では、内臓整体がどのように骨格・骨盤矯正効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで、あなたも内臓整体で骨格・骨盤矯正が出来るようになります。どうぞご覧ください。

しゃっくりのコツ

たこmeちゃん

胸椎の歪みや

内臓の歪みも

しゃっくりの原因なのね