咳が止まらない3つの原因と対処法【&出にくくするツボ】

漢方薬
Processed with VSCO with a5 preset

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

咳を止める方法が知りたい。

それと、どうして咳が

止まらなくなってしまうのかも知りたい。

 

いつも、風邪をひいた後に

咳が長く残ってしまうので

咳を早く止めて体を楽にしたいので

咳が出てしまう体質を改善するための

方法が知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 咳が止まらなくなる原因と対策
  • 咳を出にくくするためのツボ

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

 

咳が止まらないと、体力もどんどん低下して疲れてしまいます。

一言で、「咳」といっても、体質によって原因は大きく変わります。

 

咳が止まらなくなる原因と対策

咳は、気が逆流していることで起こります。

 

呼吸によるガス交換は、吸息筋の働きによって入ってきた酸素が、肺胞にある血管へと溶け込んで、赤血球と結びついて血流にのせられて全身へと運ばれます。

 

さらに、血流に運ばれてやってきた二酸化炭素が、肺胞へと放出されて外部に出ていくことで行われています。

 

このように、酸素や二酸化炭素が、肺胞と静脈の間を移動するためには、肺胞にある液体に一度溶け込みますので、ここが適度に潤っている必要があります。

 

酸素と二酸化炭素の交換がきちんと行われていて、体に吸収された酸素が全身にきちんと配られていれば、呼吸には何の問題も出てきません。

 

しかし、この流れが何らかの理由で邪魔され、空気が逆流するようになると、一気に出口に向かい咳になります。

 

東洋医学では、肺気の働きには、体の内側へと気を配る働きと、体の外側へと気を配る働きがあると言います。

 

咳が出ている状態は、肺の気が逆流して起こっているので、咳を解消するには、肺の気のながれを邪魔するものを取り除いて、気の流れを良くすることが必要です。

 

そこで今回は、咳が出やすくなる体質

  • 体が浮腫みやすい
  • 体が乾燥しやすい
  • ストレスを感じやすい

の3つの原因と対策を解説いたします。

 

体が浮腫みやすい

 

体が浮腫みやすい方は、肺胞の周辺でも水の巡りが悪くなりやすいので、ガス交換がうまく出来なくなります。

 

呼吸運動によって、肺の中に入ってきた空気は、肺胞の表面の潤いに溶け込み、そこから血管内に拡散されて赤血球と結びついて、全身へと運ばれています。

 

しかし、体が浮腫みやすい方は、水分の巡りが悪くなりやすいので、肺胞の周辺においても停滞しやすくなります。

 

そうなると、溶け込んだ酸素が血管内へと上手く拡散できなくなってしまい、肺胞内に停滞するようになります。

 

そこへ、さらに呼吸によって酸素が入ってくるようになると、停滞している酸素は行き場を失って、一気に出口に逆流するため、咳になります。

 

また、冬に風邪をひくと、身体の表面の気の流れが悪くなって、余計に体の中の水分の巡りが悪くなってしまい、気が逆流して咳になることもあります。

 

これは、体の表面に冷えが居座って巡りが悪くなっているので、本来ならば全身へと配られているはずの気も肺に停滞して、肺の中に残ってしまいます。

 

体としては、身体の表面に居座っている邪魔モノを、外側へと排除しようとするため、余計に気が外側へと向かってくるので、排除できないとますます咳が強まります。

 

しかも、風邪が治った後も、肺胞の周辺の水の巡りが解決されない限り、酸素がうまく拡散されなくなるため、咳が出やすい状態が続くようになります。

 

浮腫みやすい体質が、咳になる原因ですので、喉の渇きに応じた水分の摂り方にする、お腹が空いたら食べるようにするなど、食べたり飲んだりする量の工夫が必要です。

 

その上で、軽めの運動をするのもおススメです。

 

食べ物としては、カブ、冬瓜、小豆などは、余分な水を排除してくれますので、普段の食事に合わせると良いかもしれません。

 

漢方薬で改善する場合、辛夷清肺湯や小青竜湯などで、余分な水分を排除して解消します。

 

体が乾燥しやすい

 

体が乾燥していると、肺胞の周辺も乾燥しやすくなります。

 

呼吸運動によって入ってきた空気は、肺胞の潤いに溶け込むことで、血流に運ばれていきますので、肺胞周辺が乾燥していると、溶け込むことが出来なくなります。

 

例えば、空気が乾燥してくる時期に、乾いた空気によって肺の潤いが失調してしまうと、血流に溶け込めなかった空気が滞ってしまい、それが逆流するようになると咳になります。

 

このようなタイプの方は、過労や夜更かしなどで、体の潤いが足りなくなっている事が見られる場合があります。

 

というのも、身体全体が乾燥していたら、肺を潤すことが出来ないので、余計に、乾燥した環境の影響を受けやすくなってしまうからです。

 

身体全体が乾燥気味なため、体が火照りやすい、夜寝ていると寝汗が出る、心が落ち着かないなどが見られることもあります。

 

また、呼吸運動によって肺が膨らむのは、横隔膜や肋骨が拡がり、それに引かれるように胸隔が拡がっていることで行われています。

 

しかし、体が乾燥していると、胸隔や肺周辺の柔らかさが失われて硬くなってしまうので、拡がったり狭くなったりが出来にくくなり、空気の出入りに力が無くなって、停滞や逆流を起こしやすくなります。

 

体が乾燥していることが原因ですので、過労や夜更かしなど、体の潤いを過度に消耗する事は控えめにして、少しでも早く寝るように心がけましょう。

 

また、マグカップに白湯を入れて、湯気を吸うのも効果がありますので、お試しください。

 

その上で、百合の根、イチジク、松の実などを、上手に普段の食事に摂り入れてみてください。

 

漢方薬で改善する場合、滋陰降火湯や竹葉石膏湯などで、潤いを補充して解消します。

 

ストレスを感じやすい

 

ストレスを感じやすいと、気が逆流します。

 

ストレスによって体が緊張して気が滞るようになると、うっ滞した気が充満してこもり、こもった気が爆発するように上昇過剰になると、咳になります。

 

しかも、気が滞って熱が生じ、その熱によって肺の潤いが渇かされてしまうと、余計に逆流するようになります。

 

この場合、過労や夜更かしなどによって、体の潤いが乾燥していると、上昇する気の勢いは更に強まるので、注意が必要です。

 

また、呼吸運動によって入ってきた気は、肝気と肺気の気を巡らせる働きによって、体の中へと運ばれて、全身を巡っています。

 

そのため、ストレスによって気が滞るようになると、入ってきた空気が体の中に入れなくなって停滞して、出口を求めて逆流すると咳になります。

 

ストレスによって緊張が強くなるので、お腹が張る、胸が張る、脇が痛むなどの症状が出てくることもあります。

 

ストレスと書きましたが、特に、几帳面で生真面目な性格の方は、咳が止まらなくなる傾向があるかもしれません。

 

いつも緊張感をもって物事を完璧にやり遂げようとする、精神的にゆとりの少ない性格があると、緊張によって気が充満しやすくなり、さらに、ちょっとの刺激で爆発しやすくなります。

 

とはいえ、ストレスを感じなくするのは難しいので、時間を作っては、自然を感じられる場所に行って、軽めの散歩などで、綺麗な空気を吸い込んで気の巡りを良くするのをおススメします。

 

その上で、キンカン、ミカン、シソの実などを、食事に利用するのも良いでしょう。

 

漢方薬で改善する場合、抑肝散加陳皮半夏や蘇子降気湯などで、気の滞りを解消して、気を下向きに引き降ろして解消します。

 

咳を出にくくするためのツボ

整体の考えでは、頸椎7番、胸椎の2・3番、11・12番がズレていると咳が出やすくなると考えます。

 

というのも、頸椎7番、胸椎2・3番は呼吸筋との関係が深い場所です。

 

そのため、呼吸筋の過度の緊張を緩めるために、仰向けになった状態で、その周辺を、痛気持ちいい強さで、テニスボールなどを使って刺激してみてください。

 

また、仰向けのまま、お腹の上の方を押し下げるように、ゆっくりと押すようにして、さらに、下腹部も緩めてあげましょう。

 

そして、胸椎11・12番の周辺を緩め、足の緊張も緩めることで、気の逆流が回復し、水の巡りも改善しますので、お試しください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました