生理痛の原因別チェックと緩和のための漢方薬&整体とは

にゃさん

生理痛が強くて

辛いなぁ

美肌漢方

毎月の事ですから

大変ですよね

美肌漢方
少し見てみましょう

どうして生理痛になるの?

このように、生理痛で毎月の様に、腹痛、頭痛、腰痛になってしまってしまい、夜も眠れなくて悩んでいる方は多いと思います。

そこでこの記事では

①生理痛になってしまう原因

②漢方薬による対策

③お家で簡単にできる自然療法|ツボ|整体

を中心にご説明いたします。

生理痛になってしまう原因

月経は妊娠の準備のために身体が気血を子宮に集めてきた経血を、入れ替えするために排泄を開始した状態ですので、スムーズに排泄が済み入れ替えが順調に行われているのならば、本来痛みは起こりません。

しかし何かが停滞してしまい、血液の入れ替えを妨げたり、気血そのものの補給が不十分であったりすると、順調な流れが阻害されてしまい痛みを生じてきます。

現代医学的には、子宮筋腫や子宮内膜症などの器質的な原因によるものと、はっきりした原因がない、精神的な不安などが原因による機能的な原因によるものに分けて考えられます。

機能的な原因によるものでは、精神的なストレス、プロスタグランジンによる子宮の過収縮、冷えなどがあり、薬物療法や、温熱療法、運動などが治療法として、すすめられています。

ではここからは、東洋医学的に機能的な原因による生理痛を少し見てみましょう。

にゃんたろう

器質的な原因と

機能的な原因が

あるんだ

ストレスなどの精神的な原因による生理痛

ストレスなどにより身体が緊張状態にあると、気血の運行が阻害されてしまい順調に子宮に気血を送ることが出来なくなってしまい、痛みになります。

月経前のこの時期は、体全体の働きは、子宮に向かって濃厚な気や血が集中して、子宮粘膜の状態を、妊娠のための準備として、最高の状態に整えようとしています。

そのため、車に例えるならば、もの凄い渋滞している通勤ラッシュ時の駅のような状態になっていますので、誘導のための気が上手にナビゲートできないような、滞りの状態が存在すると、その濃厚さゆえに、簡単に血液の流れは停滞してしまいます。

特徴としては、月経の前から痛みが出やすくなる、胸や脇が張って痛む、イライラ、肩こり、抑えられると痛む、などとなります。

漢方薬による対策

四逆散、香蘇散、抑肝散加陳皮半夏

血液ドロドロによる生理痛

動かそうとしている血そのものが停滞すると、排泄しようとしている経血を外に出すことが出来ないので月経の前半に痛みが出やすくなります。

生理の前半は、受精しなかった子宮粘膜は、入れ替わりのために古い粘膜を排泄しますので、血液自体の状態が固まっている場合や、余分な水分などが流れの邪魔をしているような場合には、スムーズな排泄ができなくなるため、血液の渋滞による激しく刺すような痛みになります。

特徴としては、血が塊になって出てくる、経血の色が暗色、痛みが激しく、刺すような痛み、などとなります。

漢方薬による対策

折衝飲、芎帰調血飲第一加減、通導散

冷えによる生理痛

体の中が冷えてしまうことによって、気血の巡りが悪くなってしまうと、冷えて血管が閉じられてしまう事により順調に子宮へ血液を送ることが出来なくなるので、ひき絞られるような激しい痛みが起こります。

この場合、体を冷やしてしまうような、冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎ、身体の露出の多い服装は、血を誘導する原動力である、芯の部分の熱を圧迫し、痛みが出やすくなります。

生理前には子宮への血液の供給の悪さによって、生理中には、経血を排泄のスムーズな入れ替えの邪魔をすることによって、それぞれの原因によって痛みになります。

漢方薬による対策

当帰四逆加呉茱萸生姜湯、温経湯、芎帰調血飲第一加減

お腹の機能低下による生理痛

お腹の機能低下、あるいは体の芯の働きが低下している場合には、貧血になってしまい、月経の終了に近づくと、子宮への血液の補給が追いつかなくなり痛みが出やすくなります。

お腹の機能低下や、体の芯の働きの低下は、子宮を潤沢に育てるために必要な、血液を作るための大切な働きですので、体は通常の機能を休ませてでも、血液を作りださせようとするために、だるさや眠さなどの症状を起こして、体を休ませようとします。

特徴は、月経の前には、食欲がない、めまい、乾燥肌、だるさ、眠さ、疲れやすいなどの症状が、月経の後半から終わってから2~3日にかけて続くしくしくとした痛み、が出やすくなります。

漢方薬による対策

人参湯、婦人宝、八味丸

にゃんたろう

気血の巡りを整えるために

温めたり巡らせたり補ったり

しているぞ

お家で簡単にできる自然療法|ツボ|整体

甘い物、冷たい物、アルコール類、ジュース類、コーヒー、緑茶、果物や生野菜、脂っこい物などの食べ過ぎは、体の中で血液の巡りを悪くさせやすく、またお腹の機能低下も起こしやすいので、ほどほどにした方がよさそうです。

漢方茶としては、ヨモギ、カンキョウ、トチュウ、ソコウ、ゾクダン、チンピなどを、体質やお好みによって飲まれると良いでしょう。

夜更かしや、過労なども、子宮の育成に必要な血液を作成する大切な機会を失わせてしまいますので、早めに床に入り、十分な睡眠を摂ることが大切です。

また冷えによる痛みの方や、お腹の機能低下がある方は、こんにゃく湿布でお腹を温めてあげると、冷えが解消されて痛みが楽になります。

こんにゃく湿布のアトピーの効果や方法を知りたいあなたへ。この記事ではこんにゃく湿布がどのようなタイプのアトピー方に効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで、こんにゃく湿布があなたのアトピーに合うのかが分かります。どうぞご覧ください。

自力整体、内臓整体、ツボ

また骨格の歪みによって、神経が圧迫されていると、その先の臓気の働きが正しい働きができなくなってしまいますので、自力整体、内臓整体、ツボ押しなどで体を整える必要があります。

自力整体のやり方を知りたいあなたへ。この記事では自力整体がどのような体質の方に効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで自力整体のやり方が分かります。どうぞご覧ください。

内臓整体の効能を知りたいあなたへ。この記事では、内臓整体がどのように骨格・骨盤矯正効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで、あなたも内臓整体で骨格・骨盤矯正が出来るようになります。どうぞご覧ください。

頸椎6・7番、胸椎1・11・12番、腰椎4・5番、腰骨と仙骨の接点部位、などのズレや、気血の滞りによるコリが目立ちますので、その周辺を戻すつもりで、行うと良いでしょう。

特に、腰骨と仙骨の接点部位や、仙骨部、仙骨周辺は、滞ってブヨブヨしてしまう方や、ズレて歪んでいる方も多い場所ですので、念入りに行うと良いです。

生理痛のツボ

やり方としては、仙骨周辺などは親指や、テニスボールなどで気持ち良い範囲で押す、こんにゃく湿布で温める、仙骨部は優しくテニスボールで刺激するか、こんにゃく湿布で温めてください。

ご家族がいる場合には、仙骨部は軽く手刀部でトントンと刺激してもらうのも大変助かります。

これらの方法によって、気血の巡りが正常になりますので、生理痛が軽くなりますので、少しずつできる範囲で行ってみてください。

生理痛のコツ

たこmeちゃん

食べ物に気を付けて

血行を良くすることが

大事なのね