生理前に便秘になる3つの原因と、解決のための漢方薬と自然療法

漢方薬

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

生理前の便秘にお悩みの方へ。

生理前の便秘におススメの漢方薬が知りたい。

もしくは、自然療法が知りたい。

 

長い間、生理前の便秘に悩んでいるので

私の体質に合った便秘解消法が知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 生理前の便秘におススメの漢方薬
  • 生理前の便秘を解消する自然療法

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

生理前の便秘におススメの漢方薬

生理前に便秘になる原因は3つあります。

 

生理前になると、子宮粘膜を育てるために、沢山の気血が子宮に向かって降りてきますので、下向き主体の流れになります。

 

それに連動するように、排便をコントロールする胃気の動きも下向き優位になりやすいので、この時期には便秘が解消されてもおかしくありません。

 

しかし、多くの気血が子宮へと集中してくるために、流れは渋滞しやすく、それによって、誘導してくる気にも不具合が出やすいので、便秘になることがあります。

 

生理前に便秘になる原因として

  • ストレスを感じやすい
  • お腹が冷えやすい
  • 潤いが足りない

の3つがあります。

 

1つずつ解説します。

 

ストレスを感じやすい

 

普段はそれほど感じない程度のストレスも、生理前には影響が大きく出やすくなります。

 

生理前に下りて来る気血は、子宮の粘膜を育てるために一か所に集まってくるため、狭い場所に渋滞するようになります。

 

ちょうど、連休中の高速道路の様になり、ただでさえ渋滞しやすい状態です。

 

そのため、血液を誘導してくる役割のある気が、ストレスによって滞るようになると、余計に気の滞りによる症状が強く出てくるようになります。

 

便は、胃気のコントロールによる腸管の蠕動運動によって、下向きに運ばれることで排出されますので、気が滞ってしまい、胃気が勝手に上向きに上昇していく流れが作られてしまうと、便は運ばれなくなり便秘になります。

 

この時、気の滞りが関係するため、お腹の張り、吐き気、月経の異常などが現れることもあります。

 

このような場合、抑肝散加陳皮半夏大柴胡湯などで、気の滞りを解消して、胃気を下向きに誘導することで解消します。

 

お腹が冷えやすい

 

お腹が冷えてしまうと、下向きに力強く胃気が下りていくことが出来ません。

 

身体はどの場所においても、冷えてしまうと血管が狭窄して気血の流れが悪くなり、気が届かなくなって、機能が低下します。

 

そのため、冷たいものや、体を冷やす性質のあるものを摂り過ぎると、冷えによって胃気の動きが悪くなり、腸管の蠕動運動が停滞して、便を移動することが出来なくなります。

 

しかも、生理前には気血が子宮に集中して充満していますので、これを押しのけて降りて行けるだけの胃気の力強さが必要になります。

 

このことから、普段は何とか排便できている方でも、生理前に気血が渋滞している状態であっても、便を運ぶことのできる胃気の力強さがないと、停滞して便秘になります。

 

便秘に良いからと言って、冷たい水を摂ることや、スムージーなどの冷やす性質のあるものの摂り過ぎ、また、コーヒーや緑茶などの飲み過ぎなどでも、胃気が冷やされて、便秘になりますので注意が必要です。

 

このような場合、九味檳榔湯当帰四逆加呉茱萸生姜湯などで、胃気を温めて下向きに誘導して解消します。

 

潤いが足りない

 

体の潤いが足りないと、気が上向きに上昇しやすくなります。

 

身体は、陽気によって活動し、陰の潤いによって適度に制御されることによって、機能的に働くことが出来ます。

 

しかし、過労や夜更かしの生活が長く続いたことで潤いが足りなくなると、陽気の活動を制御できなくなるために熱が生じ、身体の正しいルートを無視して勝手に上に登っていくようになります。

 

生理前には、気血が下向きに下りて来るのが正しい流れですが、その流れを無視して気が逆流するようになるため、便秘になります。

 

特に、ストレスなどで気が滞るようになると、気の滞りによる熱も伴うようになるので、症状が強く出るようになります。

 

また、生理前に潤いが足りないと、頭痛、めまい、肩こりなどが出ることもあります。

 

このような場合、滋陰降火湯六味丸などで、潤いを補充し、熱を引き降ろして解消します。

 

生理前の便秘を解消する自然療法

解説しましたように、生理前には子宮に気血が集中するために、普段は全身を伸びやかに巡っている気血が、下向きに流れを変えます。

 

そのため、普段であれば気にならない程度の身体の不具合であっても、その反応が大きく出てくるようになります。

 

整体の考えでは、仙骨や尾骨の異常や、仙腸関節の歪みが、慢性的な便秘に影響を与えると考えています。

 

なぜかといいますと、仙骨や尾骨などの周辺にある神経には、直腸や肛門の運動に関連する働きがあるからです。

 

そこで、整体では、それらのズレを戻し、適度な刺激を加えることで、便秘を解消していきます。

 

気功の考えでは、仙骨や尾骨は、督脈という気血の通り道である経絡が通っていると考えていますので、ここが活性化すると、気が大きく発生する上に、流れも整えられるので、便秘に効果があります。

 

やり方は、両手で腰から仙骨、尾骨にかけてを上下に摩擦します。摩擦している場所に意識を集中しながら、心地よいと感じる程度行ってみてください。

 

尾骨の摩擦は、肛門の周りの神経を刺激して、局所の血液循環を改善してくれますので、痔の悪化を防ぐ働きも期待できます。

 

腰から摩擦することで腰痛の予防にもなり、ここを刺激することで、腎気を補う働きも応援しますので、生理時の様々な不調を解消するにもとても効果的です。

 

また、腰から臍にかけて通っている帯脈の調整にもなりますので、気のバランスの悪い状態が是正されて、体調が整う効果も期待できます。

 

便秘だけでなく様々な症状に効果がありますので、お試しください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました