おでこのニキビを解消して、肌を綺麗にする方法

肌荒れ

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

おでこニキビにお悩みの方へ。

おでこのニキビに長い間悩まされて

自分でも色々と工夫してみたけれど

なかなか治らなくて悩んでいる。

 

治すための方法と

自分にあった漢方薬とか

あったら知りたい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • おでこにニキビができる原因。
  • おでこのニキビ解消のための漢方薬。

 

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

おでこのニキビを解消して、肌を綺麗にする方法。【漢方薬解説】

おでこのニキビ

おでこにニキビができる原因として、次の4点が

  • 疲れるとほてりやすく、喉が渇きやすい。
  • ソワソワしやすく落ち着かなくて眠れないことが多い。
  • ストレスやイライラを感じることが多い。
  • 体が冷えやすく寒がり。

良く見られます。

 

おでこにニキビができる原因を考えるには、おでこの場所は体の上の方にあることを意識して見る必要があります。

 

さらに、ニキビの原因は、気や血液の巡りの悪さですので、どうして、体の上の方で、巡りの悪い状態が起こっているのかを、探る必要があります。

 

疲れるとほてりやすく、喉が渇きやすい。

 

疲れるとほてりやすく、喉が渇く方は、おでこにニキビができます。

 

疲れるとほてりやすい方は、体の中の潤いが乾燥していることで起こります。

 

体の中の潤いは、体の冷却水の働きもしていますので、潤いが乾燥すると、体の熱が冷めなくなります。

 

この熱は、コントロールの効かない熱ですので、体の上に浮き上がります。

 

この浮き上がりに巻き込まれ、体の水分も降りてこられなくなると、おでこに停滞して、ドロドロしてきてニキビになります。

 

また、おでこが乾燥すると角質が硬くなり、さらに、皮膚にいる美肌菌にも栄養を届けられなくなるので、アクネ菌が増殖して、ニキビになります。

 

潤いが乾燥している方の特徴として、他にこのようなモノも見られます。

 

体の潤いが足りない方の特徴

  • 体温は高くないのに熱感がある。
  • 夜や疲労時に手足がほてる。
  • 舌の色が赤黒い。
  • 腰や膝がだるい。
  • 口や咽が渇く。
  • 目がかすむ。

このような方の場合には、まずは5分でも早く寝るようにしましょう。

 

その上で、消風散六味丸知柏地黄丸杞菊地黄丸などで、体の潤いを補充することで、体の熱ばった感じを解消します。

 

ソワソワしやすく落ち着かなくて眠れないことが多い。

 

心の落ち着かない状態があると、おでこにニキビができます。

 

落ち着かない状態は、頭の活動が盛んになり過ぎていることから起こります。

 

頭の活動が盛んになり過ぎると、恥ずかしいときに赤面するように、顔面に熱を集中させ、その熱が水分をドロドロにすることで、ニキビになります。

 

もちろん、その熱が皮膚を乾燥させることで、角質やアクネ菌の増殖にも影響します。

 

頭の活動が盛んになっている方の特徴として、他にこのようなモノも見られます。

 

精神活動が盛んな方の特徴

  • 舌の先が赤い。
  • 顔面が赤くなる。
  • 口内炎。
  • 頭痛。
  • 体がほてってうずうずして眠れない。
  • 眠気を感じない。
  • 眠りが浅い。
  • 不安感が強い。

 

このような場合、黄連解毒湯三黄瀉心湯竜胆瀉肝湯などで、身体の余分な熱を冷まして解消します。

 

ストレスやイライラを感じることが多い

 

ストレスやイライラを感じやすい方は、おでこにニキビができます。

 

ストレスやイライラが長く続いている状態は、筋肉の緊張も続くことになります。

 

そうすると、筋肉の緊張によって余分な熱が生じ、熱がおでこに集中して、降りてこられない状態になると、水分をドロドロにして、ニキビになります。

 

ストレスやイライラを感じやすい方の特徴として、他にこのようなモノも見られます。

 

気の滞りがある方の特徴

  • 舌の先や周辺が赤い。
  • 胸や腹が突っ張る。
  • ため息が多い。
  • 月経不順。
  • 腰が張って痛む。

 

このような場合、柴胡清肝湯荊芥連翹湯清上防風湯などで、気の滞りを解消して筋肉の緊張をほぐします。緊張が緩むことで、血流が回復して、おでこのニキビが改善します。

 

体が冷えやすく寒がり

 

体が芯から冷えていると、おでこにニキビができます。

 

体の水分は、体の熱によって温められて全身を巡っています。

 

そのため、体が芯から冷えていると、水分を温めて体の上の方に向かわせることが出来なくなって、熱だけが浮き上がります

 

その熱が停滞して、水分をドロドロにする、その熱によって乾燥して角質を硬くしたり、アクネ菌の増殖を許してしまう事で、ニキビになります。

 

体の芯から冷えている方の特徴として、他にこのようなモノも見られます。

 

体の芯部から冷えている方の特徴

  • 顔色や舌の色が白っぽい。
  • 元気がなく寒がり。
  • 手足が冷える。
  • 腰や膝がだるい。
  • 尿の回数や量が多い。
  • 尿の回数や量が少なく浮腫む。

 

このような場合には、八味丸牛車腎気丸真武湯至宝三鞭丸などで、体を芯から温めて、血液の巡りを応援して解消します。

 

体の冷えを改善する漢方薬は、普段の体質改善にご使用ください。

 

おでこのニキビの解消法まとめ

おでこのニキビ

ニキビができる原因は、何らかの原因によって、巡りが悪くなった水分があることで起こります。

 

その中でも、おでこにニキビができる場合は、おでこが体の上の方にあることをから考えて、どうして体の上で巡りが悪くなっているのかを考えます。

 

自然界と同じように、人間の体も、熱と水のバランスがとれていれば、正しく循環します。

 

しかし、どちらかのバランスが崩れ、熱だけが上に集中した状態になると、循環が悪くなり、停滞を生じさせ、ドロドロしてニキビになります

 

体の中でドロドロが停滞すると毒になりますので、それを皮膚から排毒させる働きが人間にはあります。

 

その排毒を、無理やり押さえつけようとすると、出られなかった毒は、また体の中に戻り、蓄積していきます

 

そして抑えきれなくなった時、一気に出てくることになります

 

ですので、ニキビの材料になる、ドロドロになりやすいものを、体に入れないようにすることも、とても大切です。

 

今回は以上となります。

 

タイトルとURLをコピーしました