ニキビや吹き出物がフェイスラインに出る方のお悩み

にゃさん

顎のあたりに

ニキビが出て困るな~

美肌漢方

顔はどうしても

目立ちますからね

美肌漢方
少し見てみましょう

どうしてニキビや吹き出物が出てくるの?

このように思春期から何年もニキビや吹き出物に悩んでいる方は多いと思います。

そこで今回は

①どうしてニキビや吹き出物になるの?

②あごの周辺に出るのはどうして?

③ニキビや吹き出物の解決法

を中心にご説明いたします。

どうしてニキビや吹き出物になるの?

ニキビの原因は様々ありますが、ストレス、過労、夜更かし、食事の不摂生などがあります。これらは体の中の気血の巡りを悪化させてしまい、そのために体の中にドロドロとしたものを生じさせてしまうので、体は排除するために皮膚を使うことがあります。

また外敵から皮膚を守っている常在菌に栄養を与えるには、気血の順調な巡りによって、皮膚へと不感蒸散の形で届ける必要があります

しかし気血の巡りが乱されてしまうと、栄養が届きにくくなり皮膚の常在菌のバランスか崩れてしまい、外敵から皮膚を守ることが出来なくなってしまいます。

また皮膚にはターンオーバーと呼ばれる新陳代謝があり、それによって皮膚は入れ替わって綺麗な状態を保っているのですが、ターンオーバーを正常に保つためには、気血の巡りが欠かせませんので、気血の正しい運行はどうしても重要になります。

ストレスが原因となる

ストレスによって筋肉の緊張が強くなると、血管は圧迫されてしまい、血流が滞りますので栄養が届かなくなってしまいます。

また筋肉の過度な緊張は、体に不必要な熱を生じさせてしまいますので、周辺の水分を巻き込んで煮詰めてしまい、ドロドロとしたニキビの元を作り出しやすくなってしまいます。

そのようにストレスによって生じた熱が、皮膚・表面に居座ってしまうと、体の潤いを乾燥させてしまい、冷却剤として制御役となっていた潤いも乾いてしまい、角質が厚くなるなどの状態を生じさせて、毛穴を詰まらせてしまうことでニキビや吹き出物を作ってしまうのです。

過労・夜更かしは?

過労や夜更かしは、やはり体の潤いを減少させてしまいますので、角質が硬くなって厚くなる原因の一つとなり、また水分を乾燥させて、ドロドロになりやすくもなってしまいます。

ほかにも過労・夜更かしは、それだけでも気を消耗させてしまいますが、気の補充する時間も少なくしてしまいますので、エネルギーの減少を生じさせてしまいます。

そうなると気血を巡らせるエネルギーが少なくなってしまいますので、血液は循環しなくなり、新陳代謝は低下してしまいますので、余計にドロドロができやすく、また角質は厚くなって毛穴は詰まってしまう事となってしまいます。

食事の不摂生は?

甘い物やコッテリしたもの、ドロドロしたものや味の濃いものなどを、鍋で煮詰めていると簡単に粘っこいモノに変わりやすいですが、それは体の中でも同じことが起こっています。

体の中でも甘い物や、コッテリしたものは動きが悪く、動かすのに抵抗します。

そうなると体の熱で粘っこいモノになりやすく、それが体の中に居座り続けていると、体の中で状態が変化してしまい、時に有害なものに変わることもあります。

また味の濃いものは、体に熱を生じさせやすく、それがドロドロしていると、局所的な煮詰まりを生じさせてしまいます。

そのため、有害なモノや、局所的に生じた煮詰まったモノを体は外側に排除することで難を逃れようとしますので、いったん皮膚に預け、皮膚から外へと逃がそうとしますので、それがニキビや吹き出物になってしまうわけです。

ぴよ

ストレス

過労・夜更かし

食事の不摂生がダメなのか

あごの周辺にできるのはどうして?

それでは顔の中でもなぜ、ニキビや吹き出物の出る場所が変わるのでしょうか。

それは同じ顔の中でも、場所によって何が原因が分かれていることがあるからです。例えば口の周辺にトラブルがあった場合などは、お腹に何かトラブルが生じているのではないかと東洋医学では考えます。

今回のように、あごの周辺に吹き出物が出ている場合には、顎は顔の中でも下の方にありますから、余分な水分が体の中に停滞しているが、その水分を上の方に持ち上げる力が低下していて、しかもストレスや巡りの悪さが原因などで熱が生じてしまい、煮詰められているのではないかと考えます。

ですからそのような方は、体全体としてみても浮腫みやすく、仕事の終わりには足がパンパンに浮腫んでしまうような方で、胃がもたれているなどの胃腸の症状があり、しかもストレスを感じやすく、血行が悪い状況にあるかもしれません。

にゃんたろう

体でも顔でも

同じことが

起こるんだな

ニキビや吹き出物の解決法

ストレスや過労・夜更かしなどは、仕事の関係もありますので、変えられる範囲で変えていく事が一番です。特に夜更かしなどは少しでも早めに寝られることをオススメします

食事の不摂生なども、ストレスなどとも関係してきますが、体の中にいつまでもドロドロさせる材料を補充していると、いつまでたっても治りませんので積極的に変えられると良いです。

また水分の摂りすぎも、体を冷やす原因になり、気血の巡りを悪化させますので、摂りすぎを感じる場合には控えた方が良いかもしれません。特に浮腫みがあるような場合には、体の処理しきれる以上のものが入っている可能性があります。

また飲むときの温度ですが、例え火傷しそうなくらいに熱い温度で飲んでも、体の中で余分な水分があると冷やしますので注意が必要です。

ニキビ、吹き出物に食べたい食べ物・漢方茶

ハッカ、ソコウ、メンインチン、ヨクイニン、ジフシ、クワノハなどは、体の気の滞りを解消して、熱を冷まし、余分な水分を輩出してくれますので、味の好みに応じてお茶にして飲むのも良いかもしれません。

ニキビ、吹き出物の漢方薬

排膿散及湯、防風通聖散、柴胡清肝湯、十味敗毒湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯・・・などが使われることが多いのですが、これらは毒を排除する作用が中心の漢方薬ですので、体の応援をしてくれてはいませんので、体質の傾きに応じてそれらで応援をする必要があることがあります。

例えば、胃がもたれる、浮腫みやすい、ストレスなどがある場合には、補中益気湯、防已黄耆湯、抑肝散加陳皮半夏などの応援が必要かもしれません。

>>漢方薬の詳細

しかし漢方薬だけでは中々改善しません。やはりニキビや吹き出物の材料が後から後から供給されていては、いつまでたってもキリがないからです。そのため改善するにはやはり生活改善が必要になります。

ニキビや吹き出物のコツ

たこmeちゃん

漢方薬も大事だけど

生活習慣の改善が

大切なのね