ニキビを体質改善して治すための3つのポイント。

動画で解説

こんにちは。

 

ニキビに悩んだことのある方は、沢山いらっしゃいます。

 

中には長い間良くならいニキビに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

 

この動画では、ニキビ体質を作る生活習慣を知って、ニキビを元から改善する方法をお伝えいたします。

 

この動画で、あなたのニキビ体質を作る原因、改善のポイントが分かりますので、ニキビが治りやすくなります。

 

ニキビの原因は、皮膚と体の内側との巡りの悪さです。

 

何らかの原因で、皮膚において体の内側を巡る水分が停滞して煮詰められてしまい、それが皮膚からあふれ出すことで、ニキビになります。

 

そのため、皮膚と体の内側との巡りが良くならないと、水分は停滞して煮詰められ、いつまでたってもニキビは良くなりません。

 

ニキビをはじめとして、肌トラブルの多くの原因には、皮膚と体の内側との巡りが悪くなってしまう事が良く見られます。

 

長いこと治らないと悩んでいる方の、生活習慣を聞いてみると、必ずどこかが原因になっていることがあります。

 

それでは

ニキビ改善のポイントを3つに分けてお伝えいたします。

 

ポイント1:食べ物の偏り

 

ニキビは巡りが悪くなることによって、水分が皮膚で停滞することが原因なのですが、普段食べている物が、脂っこい物であったり、甘い物や、味の濃い濃厚な物であったりすると、体の中で水分が粘っこくなり、停滞しやすくなります。

 

また、アイスクリームやジュース、季節外れのサラダなど、冷たいものを摂り過ぎていると、体は冷やされて、ますます巡りを悪化させてしまいます。

 

そのほか、皮膚には食べ物から吸収した成分を、保存しておく働きがあります。

 

そのため、食べたものが、体にとって良くないものであると判断すると、いったん吸収してしまった成分を、皮膚から追い出す働きで、危機を逃れますので、それがニキビを作る原因にもなります。

 

ポイント2:ストレス

 

皮膚と体の内側との巡りは、気の流れが順調であることが大切です。

 

しかしストレスによって筋肉が緊張して気が滞ってしまうと、水分の巡りは悪くなります。

 

さらに筋肉の緊張によって熱が生じてしまうと、巡りの悪くなった水分は煮詰められて、膿になります。

 

煮詰められて膿になった水分を、体は皮膚から排除しようと働きますので、ますますニキビができる悪循環になります。

 

ポイント3:過労・寝不足

 

過労や夜更かしは、体の潤いを減少させます。

 

体の潤いが減少すると、乾ききった川に船を浮かべているようになり、巡りが悪くなってしまいます。

 

また、水分が渇いてしまう事で、煮詰められやすくなり、ニキビが簡単に悪化します。

 

さらに、巡らせる力そのものも低下してしまうので、水分を巡らせられなくなり、ニキビになります。

 

このように、ニキビの原因は、皮膚と体の内側との巡りの悪さです。

 

食べ物が原因の場合、自分にとって合わない食べ物を食べ続ける事は、ニキビの材料を体に入れ続けることになりますので、材料が途切れない限り治りません。

 

ストレスや過労、夜更かしが原因の場合には、そのまま水分の巡りを悪くさせますので、ニキビの生成を応援することになってしまいます。

 

この動画をご覧になって、あなたのニキビの原因が分かりましたら、無理せず改善することで、ニキビ体質から抜け出すことが出来るようになります。

 

まずは今日から早速、早く寝るようにしてみましょう。

 

ニキビ改善の生薬ハーブとしては、ハッカ、ソコウ、メンインチン、ヨクイニン、ジフシ、クワノハ、コウキクカなどを、体質やお好みに応じて飲むのも良いです。

 

生活を変えることで、ニキビ体質を改善してください。

 

まとめ

 

食べ物の偏りは、ニキビの材料を増やす。

 

ストレスは、ニキビを作るエネルギー源。

 

過労や夜更かしは、材料を煮詰めてニキビを作る。

タイトルとURLをコピーしました