眠れない時におススメの漢方薬【なぜ、この漢方薬で眠れるのか?】

漢方薬

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

眠れないことにお悩みの方へ。

最近眠れないので

おススメの漢方薬が知りたい。

というか、漢方薬って

どうして効くのだろうか?

 

いろいろと試しては見たけれど

どうしても眠れなくて

体調も悪くなってきているので

眠るための自然療法が知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 眠れない時におススメの漢方薬
  • 眠れない時におススメの自然療法

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

眠れない時におススメの漢方薬

眠れなくなる原因は、心の状態にあり、本来、睡眠は、夜間に行うものですので、陰の働きとも深く関連しています。

 

昼間、陽の働きによって、気が外側に広がることで活動し、夜になると陰の働きによって、陽の働きが落ち着いてきて、気が内側に戻ってくるので、身体の活動も穏やかになります。

 

この時、睡眠を調整する心が、陰によって穏やかになると、眠りにつくことが出来ます。

 

しかし、陰が不足して、心を穏やかな状態に落ち着けることが出来なくなると、眠れなくなります。

 

心の陰が不足する原因には

  • 情緒の興奮が強い
  • 身体が疲れ弱っている
  • 届ける事を邪魔するモノの存在

の3つがあります。

 

情緒の興奮が強い

 

情緒の興奮が強すぎて、心の活動が盛んになり過ぎると、眠れなくなります。

 

ストレスによる激しい怒りなどの興奮状態や、考えすぎや心配事などで、頭の活動が盛んになりすぎてしまうと、心を穏やかにする陰が熱によって乾燥してしまいます。

 

ストレスなどによって起こる状態は、交感神経の活動が盛んな状態ですので、血圧は上昇して、心拍数は大きく増えてドキドキするようになりますので、脳や神経は強く興奮しますので、身体の活動が盛んになって、眠る状態とは真逆の状態になります。

 

この状態では、気血を巡らせている肝気が滞ってしまい、滞りによって生じた熱が、心の方へと上昇して、陰を乾燥させてしまうだけでなく、肝気の滞りによって、胸や腹が張る、顔面が紅潮する、ガンガンする頭痛などが見られることがあります。

 

また、遠足の前日の子供の様に、考えが止まらなくなってしまっている状態は、心の活動が盛んになり過ぎてしまったことで熱が生じて、陰が乾燥してしまい、さらに、口内炎や、心が落ち着かない、舌先が赤くなるなどが見られることがあります。

 

このような場合、大柴胡湯桂枝加竜骨牡蛎湯などで、強い情緒の興奮を鎮めて、解消します。

 

これらとは逆に、陰が少ないことで、興奮した状態を鎮めることが出来なくなってしまい、眠れなくなることもあります。

 

身体は、太陽からの熱が海を温めることで、地球全体が温まっているように、心の働きによって生まれる熱が、体の深い部分にある腎陰へと温かさが提供されることで、身体全体を温めています。

 

そして、腎陰の潤いが、心の熱を制御することで、水と熱がちょうどよく巡っているのですが、陰が足りなくなると、心の熱が制御できなくなるため、眠れなくなります。

 

陰が足りないので、身体がほてる、寝汗をかく、筋肉の引きつりなどが見られることがあります。

 

このような場合、知柏地黄丸黄連阿膠湯などで、体の潤いを補充して、余分な熱を冷まして解消します。

 

身体が疲れ弱っている

 

身体が疲れ弱っていると、心へと陰を届けられなくなります。

 

心には、精神や意識活動などといった、経験、学習、記憶によって得られた知識をもとに、外部からの情報を取りまとめて、最適な判断を下すような、大脳の機能と関係の深い働きがあります。

 

しかし、あれこれと不安な事や心配事などで、心労がかさむと、心は疲れて機能が低下してしまい、ちょっとしたことでビクビクしたり、不安感が強くなり、決断することが出来なくなったりします。

 

さらに、考え過ぎや、心労などによって、お腹に負担がかかって脾気の働きが低下してしまい、食べ物から心を穏やかにする陰が作られなくなってしまっても、脾気の低下によって、血管の弾力性が低下して、心へと陰を届けることが出来なくなっても、眠れなくなります。

 

脾気の低下がありますので、食欲不振や、食べるとお腹が張る、疲れやすいなどが見られることもあります。

 

このような場合、加味帰脾湯や、補中益気湯などで、脾気を高めて、陰を心へと届ける働きを応援して解消します。

 

また、陰は本来重いものなので、そのまま静かな状態では、下の方に沈んでしまうため、心のある体の上の方へ届けるためには、鍋に入れた水をガスで沸かす様に、腎陽によって温めることで上へと持ち上げる必要があります。

 

そのため、腎陽が冷えてしまっていると、陰を温めて心へと運びあげることが出来なくなるため、体の下の方には陰があっても、心では不足するので眠れなくなります。

 

腎陽の低下がありますので、むくみ、腰痛、寒がりなどが見られることもあります。

 

このような場合、八味丸至宝三鞭丸などで、腎陽を盛り立てて解消します。

 

届ける事を邪魔するモノの存在

 

心へと、陰を届けることを、何かによって邪魔されてしまうと、眠れなくなります。

 

心の働きや、陰の量に問題がなくても、それを、心にまで運ぶことが出来なければ、心では不足しますので、活動が穏やかになれず、眠ることが出来なくなります。

 

食べ過ぎや飲み過ぎが続いていると、お腹の中には処理しきれなかった食べ物が停滞してしまい、それが、気血の巡りを邪魔するようになると、心へと届かなくなります。

 

この場合、脾気が弱っていることで、食べ物の処理をすることに時間がかかってしまう場合でも、お腹の中には食べ物が停滞してしまう事になります。

 

また、ストレスによる暴飲暴食が続いたような場合には、食べ物が停滞している間に、肝気の滞りによる熱によって煮詰められて、ドロドロしたものに変化してしまう事があります。

 

その、ドロドロしたものが、心の入口付近にある穴を塞ぐようになってしまうと、心へは陰が届かなくなってしまうので、眠れなくなります。

 

邪魔するものが停滞していますので、眩暈、ヒステリー球、お腹の不快な感じなどが見られることもあります。

 

このような場合、温胆湯半夏白朮天麻湯などで、停滞している邪魔モノを排除して解消します。

 

眠れない時におススメの自然療法

身体の睡眠に入るリズムを、正常な状態に戻すためには、生活習慣の改善が欠かせません。

 

朝は、早めに起きて、日の光を浴びて、昼間は活動的に体を動かす機会を作り、夜は、部屋の明かりを少し暗くするなどして、ゆったりをした時間を作りましょう。

 

特に、眠る前のスマホやパソコンなどは、目も頭も緊張して、余計に眠りにつきにくくなりますので控えるようにして、呼吸に意識を向ける瞑想などを摂り入れるのをおススメします。

 

数息観(すうそくかん)で眠りの準備

 

数息観のやり方は

  • 静かに鼻から息を吸い、少し止め、また鼻から息を吐きだします。
  • 息を吸って吐くを、一回と数えます。
  • 数を数える事に、意識を集中します。
  • 雑念がわいて、数を忘れたら、1から数え直します。

 

これを行っている最中に、眠くなったらそのまま眠ってください。

 

数息観によって、頭の中でグルグル繰り返している、考えの空回りが止まり、心の活動が呼吸とともに穏やかになりますので、眠れない方にはおススメです。

 

できればこれを行う前に、ストレッチやマッサージなどで、体をほぐすことも取り入れると良いでしょう。

 

身体の緊張をほぐす

 

整体の考えでは、首や肩をはじめとして、全身の筋肉が硬く緊張していることで、心の緊張もほぐれずに、その緊張によって頭部と体との血液の巡りが悪くなって、眠れなくなると考えます。

 

特に、頸椎や、胸椎5~12番のズレが、神経を圧迫して眠りの邪魔をしていることがあります。

 

ストレッチやマッサージなど、筋肉の緊張を緩めることで解消しますので、お試しください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました