水ダイエットで太ってしまう方に効果的なやり方

動画で解説

こんにちは。

ダイエットは沢山の種類があります。

グーグル検索やユーチューブ

テレビCMなどでも良く目にします。

 

皆様の中には水ダイエットを行っている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

そこでこの動画では

水ダイエットの効果がでないとお悩みの方に、

水ダイエットのコツをお伝えします。

 

水ダイエットをやってみようと考えている方は

これからお伝えするポイントを確認することで

 

効率的に水ダイエット

が出来るようになります。

 

結論から申しますと

水ダイエットのコツは

体が必要としている適量の水分摂取です。

 

ですから体を良く動かして沢山汗をかくような方は

沢山の水分補給が必要です。

 

しかし体をあまり動かすことがなく

汗をあまりかかないような方の場合には

水分の摂り過ぎによる

水太りになってしまうこともあります。

 

そのためあまり体を動かさず

ただ水を飲むだけの方の場合

水ダイエットはあまり効果的ではありません。

 

なぜそのように考えるようになったのかと言いますと

水分の摂り過ぎでダイエットに成功するどころか

体調を崩してしまう方がいらっしゃるからです。

 

なかにはデトックスなどのためにといって

飲んでいる方もいますが。

 

水分の摂り過ぎで、

体のあちこちに余分な水分が停滞してしまうために

 

浮腫み、腰痛、肩こり、関節痛

 

めまい

 

花粉症など

健康にも影響が出てしまうことがあります。

 

水ダイエットやデトックスを行うためには

摂取した水分を体の中で

しっかりと巡らせることが必要です。

 

ちなみに水分というと

水道水だけと考える方もいらっしゃいますが

コーヒー、お茶、ジュース、アルコール類など

ももちろん含まれます。

 

水を飲んでいるだけでは

痩せられないポイントは3つあります。

 

ポイント1:湿度が高い。

 

日本は高温多湿でジメジメした気候です、

汗をかいても体がからからに

乾燥してしまう事はありません。

 

汗をかくと体温が下がるのは、

汗が蒸発するとき体の熱を奪ってくれるからと言います。

 

ところが周囲の湿度が高いと、

汗が身体から出にくくなることがあります。

 

出て行かなくなった水分は皮膚停滞

身体の中で

水分の循環を悪くさせることもあります。

 

そのため場合によっては

痛みや痺れの原因になることもあります。

 

ポイント2:お腹の機能が低下してしまう。

 

東洋医学では「脾は湿を嫌う」と言い、

お腹の調子を回復させる漢方薬は、

余分な水分を乾燥させる成分でできています。

 

ですから必要以上に水分を摂取することで痩せてしまう方は、

胃腸の働きが低下して、体重が減少しているのかもしれません。

 

これでは夏ばてのような状態ですから、とても健康的とは言えませんし、

代謝の機能が低下して

かえって太りやすい体質になってしまいます。

 

ポイント3:浮腫んでしまう。

 

体の中の水分は、体のエネルギーを使って必要な場所に移動しています。

 

しかしお腹の機能が低下していると、水分を移動させることが出来ず、

場合によっては水の重みで体の下の方に落ちて行ってしまいます。

 

そうなると下半身が浮腫んでしまい、余計に水太りの状態になってしまいます。

 

また、下半身の方に落ちることは無くても、水を巡らせる力に勢いがないと、

細胞の中や周囲に停滞してしまい、やはり体全体が少しずつ浮腫んでいってしまいます。

 

こうなってしまうと、細胞から水を抜き出し、巡らせる応援をしないと

水太りは解消されなくなってしまいます。

 

このように、水ダイエットのコツは適度な量の水分摂取となります。

 

これまでご紹介しましたように

体が処理できる以上の水分を飲んでいると

水分が停滞して水太りや

健康にも影響が出ることがあります。

 

もちろん真夏の暑いときは適度な水分補給は必要ですし、

これから運動によって汗をかくことが分かっている場合にも

適度な水分補給が必要になります。

 

つまり体が必要とする量を補給することで、水分の巡りが改善され、

体の代謝も活発になって、水ダイエットの効果が出てくるようになるわけです。

 

これから水ダイエットをやってみようと考えている方は

お伝えしたポイントを注意することで

 

効率的な水ダイエットを

行ってみてください。

 

適度な水分補給による

水ダイエットを身につけるために

 

熱中症の心配がない場合には

のどが渇いたら飲むようにするなど

体の声を聴くということを

はじめましょう。

 

またなかなか水太りが改善しない方は、

ヨクイニン、チンピ、ギョクベイジュをはじめとした

様々な生薬ハーブは

水の巡りを応援してくれますので、

これらを上手に使うと水ダイエットが

もっと効果的になります。

 

まとめ

 

水分を摂り過ぎると太る

お腹の調子が悪くなると、代謝が悪くなって太る

水を動かす力が弱っても太る

タイトルとURLをコピーしました