味麦地黄丸の効果と副作用?乾燥肌には?

漢方茶
にゃさん
にゃさん

味麦地黄丸が乾燥肌に

良いってホント?

美肌漢方
美肌漢方

体の芯にも表層にも

潤いを補充してくれますよ

美肌漢方
美肌漢方

少し見てみましょう

 

味麦地黄丸ってどんな薬?

 

このように「味麦地黄丸が、私の症状に良いって聞いたけど、私の体質にも合っているのか気になるし悪化する副作用とかないか心配」と悩んでいる方も多いと思います。

 

そこで今回は

①味麦地黄丸の簡単な特徴と成分

②味麦地黄丸がどうして効くのかの説明

③味麦地黄丸が効く人の特徴

を中心にご説明いたします。

 

スポンサーリンク

味麦地黄丸の特徴

 

味麦地黄丸は、潤いを補充して、血流を改善して熱を冷まし、余分な水分を排除する働きがあります。

 

味麦地黄丸は、山薬、地黄、山茱萸、茯苓、牡丹皮、沢瀉、麦門冬、五味子の8種類の生薬からできていて、これらの生薬が助け合って体に対して働いています。これらの生薬の少し詳しい説明をいたします。

 

ぴよ
ぴよ

味麦地黄丸

山薬、地黄、山茱萸、茯苓

牡丹皮、沢瀉、麦門冬、五味子

 

山薬(サンヤク)

 

山薬はナガイモの根を乾燥したものです。

 

補気薬のグループに入り、お腹の機能を高め、潤いを補充し、緩んで締まりなくダラダラと出ている組織を引き締めてくれます。

 

お腹の機能を高めて、引き締めてくれますので、食欲がなく、疲れやすいような時の下痢や、頻尿などに効果があります。

 

またお腹の機能を高めて、潤し、引き締めてくれますので、慢性的な咳や、薄い痰が出る、食欲がない、痩せるなどに効果があります。

 

粘っこい性質がありますので、お腹が張るなどの症状が出ることがあります。

 

山茱萸(サンシュユ)

 

山茱萸は山茱萸の実を乾燥したものです。

 

収渋薬のグループに入り、温める性質を持ち、潤いを補充する作用、引き締める作用があります。また抗菌作用、気の流れを良くする作用もあります。

 

緩んだ組織を引き締める作用がありますので、頻尿、夜間尿、汗がダラダラでるなどの症状に効果があります。

 

地黄(ジオウ)

 

地黄はカイケイジオウの根を乾燥したものです。

 

補養薬のグループに入り、血液や体の潤いの材料を補充してくれます。

 

そのため、貧血など血液の材料が少ない場合に、材料補充のために良く使われます。また、体の潤いが減少して、火照る、寝汗が出る、口や喉が渇く、咳、喘息などが出る場合には潤いを補充して解消してくれます。

 

ただし地黄は性質がドロッとしてしつこく消化されにくいので、お腹の機能が低下している方や、長く使用する場合には注意が必要です。

 

茯苓(ブクリョウ)

 

茯苓はマツホドの菌核を乾燥したものです。

 

利水滲湿薬のグループに入り、利尿作用を促進し、胃腸の機能を応援する働きもあります。また鎮静作用もあります。

 

利尿作用を促進してくれますので、尿が出にくくなってしまったことによる浮腫みの解消や、お腹の機能を高めて利尿を促進してくれますので、巡りが悪くなり粘っこくなってしまった水分の排除にも使われます。

 

また、胃腸の中にたまった水を尿として排出してくれますので、食欲がない、消化不良、下痢などに対してお腹の機能を高める働き一緒になって解消してくれます。

 

牡丹皮(ボタンピ)

 

牡丹皮はボタンの根の皮を乾燥したものです。

 

清熱凉血薬のグループに入り、冷やす性質を持ち、血液の動きを促しながら、熱を冷まし、ドロドロした血液を解消してくれます。また抗菌作用、降圧作用もあります。

 

血液の動きが激しすぎる状態を血液が熱を持った血熱(けつねつ)といいます。その血熱によって皮膚の弾力性を超えて出血したものを、血熱を冷ますことによって解消してくれます。

 

また潤いの減少による、体温が高くないのに熱く感じるような火照った熱を、冷やす作用と血液運行を改善することによって解消してくれます。

 

貧血、妊婦、下痢気味の方は注意が必要です。

 

沢瀉(タクシャ)

 

沢瀉はサジオモダカの塊茎を乾燥したものです。

 

利水滲湿薬のグループに入り、冷やす性質も持ち、利尿作用を促します。

 

熱を冷まし、利尿を助けてくれますので、膀胱周辺で熱をもって粘っこく滞っている場合などに、熱を冷まし尿で輩出してくれます。

 

麦門冬(バクモンドウ)

 

麦門冬はジャノヒゲの根を乾燥したものです。

 

補陰薬のグループに入り、熱を冷まし、皮膚や肺、胃腸、中枢を潤す材料を補充してくれます。また抗菌作用もあります。

 

肺を潤してくれるので、乾燥が原因による咳を鎮め、粘った痰を潤して排出を助けてくれます。ほかにも胃腸を潤すことで排便を助け、胃潰瘍や胸焼けを解消し、中枢を潤すことで、不眠や落ち着かない気持ちを穏やかにしてくれます。

 

五味子(ゴミシ)

 

五味子は北五味子の実を乾燥したものです。

 

収渋薬のグループに入り、温める性質を持ち、ダラダラと漏れているモノを引き締める作用、咳を止めて痰を排除する作用、抗菌作用などの働きがあります。

 

肺の機能が低下したことによる、呼吸困難や咳を鎮める作用、慢性の下痢を抑える作用、汗の出すぎを止める作用、中枢の働きを穏やかにする作用、皮膚の痒みやアレルギーを抑える作用などの効能があります。

 

味麦地黄丸がどうして効くのか?

 

茯苓、沢瀉で、体の中の余分な水分を排除して、邪魔モノが居なくなったところへ、山薬、山茱萸、地黄、麦門冬、五味子で新鮮な血液や潤いの材料を補充してくれます。

 

五味子、山茱萸、山薬で、ダラダラと出ているモノを引き締めて漏れ出すのを止めて気を下向きに引き降ろし、麦門冬、茯苓、沢瀉で水の上流を潤して、巡りを改善します。

 

それらの材料を牡丹皮で血液循環を促進しながら、血液のドロドロも排除しながら運んでいきますので、汚れたものは居なくなり、綺麗なものが入ってきますので巡りが良くなって、新陳代謝が改善されることになります。

 

にゃんたろう
にゃんたろう

潤して

巡らせて

引き締めているぞ

 

味麦地黄丸が効く人の特徴

 

体の芯や、皮膚・表層が乾燥していると、体を作るための材料が足りなくなるので、腰や膝がだるくなり、その乾きによって肺の働きが正常でなくなると、呼吸がうまくつながらなくなるために咳などの症状になってしまいます。

 

体を潤して、気の働きを引き締めますので、めまい、乾いた咳、息切れ、耳鳴り、寝汗、不眠、動悸、排尿困難、頻尿、かゆみなどに効果があります。

 

乾燥肌には?

 

体の芯や、皮膚なども潤して、水や血液の流れも改善しますので、肌が乾燥していて、小麦粉を振りまいた落屑のでるような方乾燥肌に効果があります。

 

補充した材料を、皮膚などの潤いの必要な場所に送るためには、場合によっては巡らせるための応援が必要になり、材料の補充だけで巡らなくなると、浮腫みなどの副作用がでることがあります。

 

また地黄も、山薬も粘っこい性質がありますので、胃腸の弱い方などの場合には、胃もたれや、胃痛、などの副作用になることもあります。

 

味麦地黄丸のコツ

 

たこmeちゃん
たこmeちゃん

体の芯も表面も

乾燥して熱がある人に

良いのね

 

タイトルとURLをコピーしました