首のコリになる3つの原因と解消法【漢方薬・食べ物・整体で解消する】

漢方薬

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

首のコリを解消する方法が知りたい。

それと、何が原因で首のコリに

なってしまうのかも知りたいです。

 

いろいろと、治療を受けてきたけれど

首のコリが解消しないし、

頭痛やめまいなどの

体調不良も良くならないので、

首のコリを解消するための

生活改善方法なども知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 首のコリを解消するための3つの方法
  • 首のコリを解消するための自然療法

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

 

スマホやパソコンでの作業が増えたことで、首のコリに悩む方が増えてきています。

 

首のコリなので、首の周辺の、筋肉やスジ、骨などだけの異常に感じられるかもしれませんが、実際には体の内側の異常が原因です。

 

首のコリを解消するための3つの方法

首のコリは、気血の巡りの悪さが原因です。

 

首は、体重の10%もある、重い頭を支えるために、常にある程度の緊張を保っている必要がありますので、悪い姿勢が長く続くと、余計に負担がかかるようになります。

 

筋肉の働きを支えるためには、新鮮な酸素や栄養を、身体の内側から気血の流れに載せて、首のある上の方へと運び上げ、また、細胞の活動で出来た不要物を回収して、身体の内側へと戻す必要があります。

 

首の形は、それまで4車線あった道路が、いきなり1車線になっているかのように狭くなっていますので、気血の巡りが滞りやすい場所です。

 

そのため、ちょっとのトラブルで、首にまで酸素や栄養が届かなくなって、いらなくなった不要物が回収されなくなると、栄養は足りないわ、周辺はゴミだらけになるわで、首はコリを感じるようになります。

 

そのため、マッサージなどで揉んだりすると、首の周辺で滞っていた気血が流れるので、コリが楽になりますが、すぐに戻ってしまうことってありませんか?

 

その理由は、気血の流れを悪くしている原因が、改善していないからです。

 

そこで今回は、首のコリを解消する方法を

  • ストレスを感じやすい
  • 過労や寝不足がある
  • 身体が冷えている

の3つからお伝えします。

 

詳しく解説します。

 

ストレスを感じやすい

 

ストレスを感じやすいと、気の巡りは滞りやすくなります。

 

職場や学校での人間関係でのトラブルがある方や、他の人が気が付かないような、細かいところにまで気を配ることのできる几帳面な性格の方、あるいは、相手にも自分の信念を押し付けてしまう、画一的な価値観を持つようなタイプの方は、日々の生活でストレスを感じることが多くなります。

 

気には、血液を動かしたり体を温めたりする働きがありますので、滞るようになると、固い風船に空気を入れ続けるのと同じように、どんどんん充満して熱を持つようになります。

 

そのこもった熱が、爆発するようになると、身体のコントロールが効かなくなって一気に上昇して首へと向かいコリになります。

 

風船が膨らむ様に、外側に向かう勢いのある滞りですので、張った感じや、ガンガンと熱ばったような感じを伴う首のコリになります。

 

解決するには、ストレスを感じないようにすることが一番ですが、現代社会で、ストレスを感じないようにするのは難しいです。

 

日々の生活はもの凄く忙しいし、ボーっとして歩いていたら車にはねられてしまいます。

 

みんながストレスを抱えているので、ちょっとしたことで凶暴になりそうで、油断していられません。

 

なので、ストレスを感じやすい場所からは遠ざかることや、「こうあるべきである」といったような、物事を枠にはめて考えてしまうような癖は、少しずつ変えていくようにすることをおススメします。

 

食材としては、麦芽やカブなどが、気の巡りを整えてくれます。

 

漢方薬で改善する場合、大柴胡湯や加味逍遥散などで、気の滞りを巡らせて解消します。

 

過労や寝不足がある

 

過労や寝不足があると、気が不足して血を動かす力が低下します。

 

血は、気に誘導されて全身を巡っていますので、気の力が低下すると、血液も巡れなくなります。

 

日中は、腎陰を燃料として気が作られ、活動によって気も陰も消耗しますが、夜間の睡眠によって回復しています。

 

しかし、過労や睡眠不足があると回復しきれませんので、身体は腎陰の補充を求めて、気が中心部に集中してしまい、全身へと拡がることが出来なくなります。

 

そのため、気は血をしっかりと誘導して巡らせることが出来なくなりますし、燃料となる腎陰が足りなくなるため、気そのものが不足してしまうことでも、血は巡れなくなって滞るようになります。

 

しかも、潤いが減少しているので、血液はドロドロになって流れは悪くなりますし、ストレスによって、滞った気が余計に熱を持ちやすくなって、強い勢いで上昇するのを手助けしてしまうようにもなるので、ますます巡りが悪くなります。

 

体の中でも重い性質のある血が滞るので、芯の方でギューっと締め付けられるような頑固なコリを、同じ場所に長く感じるようになります。

 

また、エコノミークラス症候群のように、同じ姿勢で長く居ることでも、血液の巡りが悪くなりますので、首を傾けてスマホを長時間にわたって見続けている方などは要注意です。

 

これを避けるために、同じ姿勢でいる時間が長くなったら、軽く散歩する、ストレッチをする、腕をグルグルと回すなどして、血行を良くする事を心がけてみてください。

 

また、食材では、チンゲン菜やレンコンなどが血行を良くしてくれます。

 

漢方薬で改善する場合、桂枝茯苓丸や血府逐瘀湯などで、血流を改善して解決します。

 

身体が冷えている

 

身体が冷えていると、巡り全体の力が低下します。

 

気や血液など、体の中を巡っているモノは、体の芯部の熱源である腎陽によって温められて軽くなることで、全身を巡っています。

 

特に、体を潤す働きを持つ液体成分は、腎陽によって温められて軽くならないと、自然界では水が下に溜まって停滞するように、動きが悪くなります。

 

体の中に動きの悪くなった水分が充満して、浮腫みを感じるようになると、水の量が多すぎるお風呂の様に循環しなくなって滞り、首のコリになります。

 

水の重い性質を表す様に、ズーンと重だるい感じを伴う首のコリになりやすく、肩や首、顔の周辺がむくみ、皮膚にはブヨブヨと張りがありません。

 

このようなタイプの方は、喉の渇きを感じなくても、お茶だコーヒーだと、水分を摂る機会が多く、体が必要とする以上に水分が入ってきて、腎陽の熱を圧迫するようになるので、水分の巡りが悪くなっています。

 

また、アイスクリームやビール、トマトやキュウリなど、体を冷やす飲食物を摂り過ぎたりすることでも、体は冷えて余分な水分が停滞しますので、余計にこのタイプの首のコリになります。

 

水分の補給は、喉が渇いたら飲む様にするなどして、不必要な水分は摂らないようにすることを心がけ、冷やす性質のある食べ物や、冷たいものを摂り過ぎるのは控えた方が良いかもしれません。

 

そして、軽く汗ばむくらいの運動を心がけてみてください。

 

また食材では、黒豆やソラマメなどが余分な水分を排除してくれます。

 

漢方薬で改善する場合、防已黄耆湯や九味檳榔湯などで、体を温めて、首の周辺で停滞している余分な水分を排除して解消します。

 

首のコリを解消するための自然療法

 

首のコリは、背骨のズレによっても起こっています。

 

背骨がズレていると、それを支えるように、周辺の筋肉は硬く緊張するので、気血の流れが阻害されてしまい、余計に首がコルこともあります。

 

頸椎の4番~胸椎の3番辺りに、ズレが見られることがありますので、この周辺をテニスボールなどで緩めてあげると、肩や腕などの筋肉や神経を支配している部分が解放されて、首への血流が回復してきます。

 

また、腕の疲れや緊張が、肩を緊張させてしまい、首のコリにつながっていることもありますので、腕の固くコッている部分のスジを、伸ばす様に揉んであげると楽になります。

 

背骨が歪む原因も腎気

 

背骨が歪まないように支えられているのは、筋肉の緊張が筋紡錘によって保たれているからで、その筋紡錘をコントロールしているのは腎気です。

 

そのため、過労や夜更かし、冷たいものを食べ過ぎるなどの生活習慣が続くと、腎気が弱って筋紡錘は緊張が緩んでしまい、背骨が歪む土台を作ることになります。

 

気血が巡らなくなってしまう原因も、背骨が歪んでしまう原因も、腎気が大きく関係していますので、なかなか改善しない首のコリがある方は、腎気を守る生活習慣を心がけてみてください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました