季節の変わり目は、なぜ体調が悪い?

季節の変化と体

外出するには最高の季節になってきました。近頃はぽかぽかと春の陽気・・・と言うよりは、初夏を思わせるような暖かさです。冬の間、地中で準備をしていた種も、その春の陽気を背景に新芽を勢い良く芽吹かせ、新緑がまぶしいほどです。

このように、自然界では冬の間は種の状態で、内側において準備をしていた状態から、春になって、外側へ生き生きと動き出してくる状態へと変化していきます。もちろん自然の一部である人間も、内側から外側へと様々なものが勢いよく動き出してくるようになります。

冬の寒い時には、寒さによって気血の巡りが悪くなり、また体自体も体温を奪われまいとして、表層から気血を撤退させます。それが原因で痛みなどの症状が出ていた方も、春になり、ぽかぽか陽気の日には痛みが軽くなることもあります。

春の症状・花粉症・五月病

自然の一部である人体の中でも、春の勢いを増してくる気の状態は自然界と変わりません。ですから冬の間に、飲食などで溜め込んだ余分な湿邪が存在していると、その勢いのままに飛び出そうとします。

そのため花粉などが鼻の粘膜などに取り付くと、冬の雪解け水が堤防を決壊させるかのごとくに噴出してきます。これが花粉症の鼻汁や涙の一症状です。

また冬の間は別の症状となっていた、ストレスなどによる気の滞りも、春の気の勢いと共に噴出されると、止まらないクシャミとなって、これも花粉症の一症状を作ります。

ところが、その気の滞りが強い状態で存在すると、気の勢いは増してくることとも重なって滞り感が強まり、鬱滞した状態をつくりだします。これがいわゆる五月病などと呼ばれる状態になる一因ともなります。

この様な身体の状態のときに、体内に湿邪が存在すると、さらにその状態を修飾させることになります。例えば、湿邪が気滞の熱によって動きの悪い状態になり、さまざまな体の部位を損傷させたり、何とも言えない嫌な精神状態を作ったりする一因にもなります。

また元々体の状態が乾きに傾いていると、乾いた状態に気滞の熱が加わって、体では火がついたような落ち着かない精神状態と、焼けるような症状を発現させる肉体の状態が現れることもあります。

変化しないものはありません

現代医学では、人間の体は一定で変化しないことを前提として、健康か不健康かを判断しています。しかし中医学では、人体は変化することを前提にしています。

もちろん変化の範囲は存在します。ですが、春には春の体の状態、夏には夏の・・・と言うように、また一日の中でも朝の体の状態と、夜の体の状態では変化するとしています。

変化が起こることを前提に考えているので、季節や時間による外界の変化と、体の内側の状態が適合しなくなると、様々な病状が起こると中医学では考えます。

体を動かし深呼吸しましょう

この時期に限らないことですが、季節が変化する時期には、体を良く動かすことが重要です。できれば新緑を楽しむために外出し、季節の草花を楽しみながら、空気のにおいを楽しめるような場所へ出かけて、新鮮な春の気を、体中に満たすようなつもりで深呼吸をすると良いでしょう。

また景色を楽しみながら散歩をして、軽く汗をかき、心地よい疲労感とともに夜間にしっかりと睡眠をとるのがよいでしょう。そうすることで気血が巡り、滞っていたものが解放されますので、身体が季節の変化に対応しやすくなります。

出かけることが困難な場合は、ベッドから起き出して、座った状態で軽く手足を動かし、深い呼吸をするだけでも充分です。

また暖かいとは言っても、まだまだ朝晩は冷えますので、やはり冷飲食の摂りすぎや、喉の渇きがない状態での、多量の飲水などは控えたほうが、湿邪を溜め込まないようにする意味からも良いかと思います。