ドロドロ血液をサラサラにする食べ物【9つの食べ物と美味しい食べ方】

自然療法

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

血液ドロドロでお悩みの方へ。

血液がサラサラになる食べ物が知りたい。

できれば、こうすれば食べやすい、

これと組み合わせるともっと良いなどの

効果的な食べ方も知りたい。

 

血液をサラサラにして

手足の冷えをはじめ

様々な体の不調を改善したいので

効果のある食べ物の情報が知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 血液がサラサラになるタイプ別食べ物
  • 血液がサラサラになる美味しい食べ方

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

 

血液がドロドロと巡りが悪くなっていると、詰まりやすくなって様々な病気の原因になります。

 

色々な原因がありますので、ドロドロになってしまうタイプも様々です。

血液がサラサラになるタイプ別食べ物

血液がドロドロになる原因には、体質別にいくつかのタイプがあります。

 

東洋医学では、血液がドロドロになっている状態を血瘀といい、それによって、体の役に立たないどころか、身体の働きの邪魔をする様になったモノを瘀血といいます。

 

そこで今回は、血液がドロドロになる血瘀の原因の中から

  • ストレスを感じやすい
  • 体が冷えやすい
  • 体が乾燥している

のタイプの血瘀を解消する食べ物を、解説いたします。

 

ストレスを感じやすい

ストレスで血管が強く緊張すると、血液がドロドロになります。

 

ストレスを感じていない状態では、身体はリラックスして、気や血液の巡りは穏やかに滞ることなく巡っています。

 

しかし、ストレスを感じると、気の巡りは滞り、交感神経の働きが優位になります。

 

心臓の働きは活発になって、血糖値が上がり、呼吸が盛んになるなどして、身体の機能は高まる一方、末梢の血管は収縮するようになります。

 

この状態が、長時間にわたって続いてしまうと、末梢の血管では血液が滞るようになってドロドロになります。

 

こうなってしまうと、ただ血液をサラサラにするモノを体に摂り入れても、原因となった強い緊張状態から生じた、気の巡りの悪さが解消されていませんので、せっかくの効果は望めません。

 

気の巡りを改善しつつ、血液の流れも良くしてくれる食べ物を選ぶことが重要になります。

 

そこでおススメなのが、タマネギ、お酢、チンゲンサイです。

 

タマネギ

 

タマネギは、体を温め、辛味と甘味の働きがあるため、気の巡りを良くすることで、血液の巡りも促して、血液をサラサラにしてくれます。

 

お腹の働きも高めてくれますので、食欲不振、お腹の張り、胃もたれなどの改善を始め、高血圧、動脈硬化、高脂血症の予防などにも良いでしょう。

 

お酢

 

お酢も、体を温め、酸味と苦味の働きがあり、気の滞りを解消して、血液の巡りも良くする働きによって、血液をサラサラにしてくれます。

 

薬膳の考えでは、ストレスによって血液がドロドロになってしまったことによる、肌荒れ、高血圧、手足の冷えなどに良く使われます。

 

先ほどのタマネギに、お酢を加えた酢の物や、焼いたタマネギに、お酢や醤油などを加えて味付けしたものも美味しく召し上がれます。

 

チンゲンサイ

 

チンゲンサイは、体の熱を冷まし、辛味と甘味の働きがあり、余分な熱で停滞した血行を改善して血液をサラサラにしてくれます。

 

カルシウムが多く含まれているので、ストレスの緩和や骨粗鬆症の予防にも期待ができます。

 

しかも、視力の維持や、髪の毛を美しく保つ効果もあると言います。

 

タマネギと、チンゲンサイを炒めて食べると、玉ねぎの体を温める作用で、チンゲンサイの体を冷やす働きを補ってくれるので、さらに血液をサラサラにする働きが高まります。

 

ただし、お酢やニンニクとは相性が良くないと言われていますので、一緒に食べない方が良いですが、他の食材を合わせる場合には問題ありません。

 

体が冷えやすい

体が冷えていると、血液の動きが悪くなります。

 

血液は、自分で勝手に動いているわけではなくて、芯部の熱である腎陽によって温められることで全身を巡っています。

 

お風呂を温めるための火力が弱いと、中々温まらないので水が循環できなくなるように、体が冷えていると、血液の動きが悪くなってドロドロになります。

 

しかも、体が冷えやすい方が、冷たいものを飲む、体を冷やす性質のあるモノを多く食べる、外の寒さに冷やされるなどで、余計に冷えてしまうと、血管は熱を奪われまいとして、収縮するので、血液の巡りがさらに悪くなります。

 

このようなタイプの方の場合、血液をサラサラにしつつ体を温める食べ物によって、血行を良くすることが重要です。

 

おススメとしては、ショウガ、ニラ、ヨモギなどです。

 

ショウガ

 

ショウガは体を温めるとともに、辛味の働きがあり、体に停滞している水分を発散して、血液を巡らせる働きがあります。

 

ただ、発散する力が強いため、摂り過ぎると熱が汗として出て行ってしまい、かえって体は冷えてしまうので、体を芯から温めたい方は、乾燥させたショウガを使うと良いです。

 

血液の巡りを促してくれますので、お腹が暖かく感じるようになり働きも回復しますので、胃腸の働きが弱い方や、慢性的な冷えに悩む方にはおススメです。

 

ニラ

 

ニラも、体を温める働きと共に、辛味の働きがあり、余分な水分を排除する働きとともに、血行を改善し、胃腸の蠕動運動を促進してくれます。

 

食物繊維が豊富でしかも強いので、食べる下剤とも言われていますので、冷えて便秘になってしまうような方は助けられます。

 

腎陽の熱を応援してくれますので、冷えによる腰痛の方、膝痛の方、免疫が弱って風邪をひきやすい方なども助けられます。

 

体を温め、血液をサラサラにすることによって、動脈硬化や高脂血症などの予防も期待できます。

 

ヨモギ

 

ヨモギも、体を温める働きと共に、辛味と苦味の働きがあり、気の巡りを改善するとともに、停滞している余分な水分を追い払い、血液をサラサラにしてくれます。

 

胃液の分泌を促進して、胃腸の働きを高められるので食欲が回復します。

 

また、ヨモギに含まれる葉緑素はクロロフィルとも呼ばれ、胃腸を健康に保つ働きや、殺菌作用、コレステロールを下げる働きも知られています。

 

糖質を摂り過ぎることにより、体内のたんぱく質や脂質を結びつくと、糖化と呼ばれる状態に変性してしまいます。

 

糖化を起こすと、コラーゲン繊維は壊されて黄色や茶褐色に変化し、炎症症状も引き起こされますが、ヨモギには糖化を防いで、糖化したものを分解してくれる働きもあります。

 

【アトピー】ヨモギを使って痒みに効果のある人ない人【自然療法】
ヨモギがアトピーの痒みに効果があるか悩んでいませんか?本記事では、ヨモギが痒みに対して効果のある方のタイプを解説しています。ヨモギを体質改善に使って、痒みを改善したい方はご覧ください。

 

また、生理不順、不正出血、月経痛など女性特有の症状を改善するのに、とても役に立ちます。

 

と、ここまで書くと良いことづくめのようですが、摂り過ぎると、吐き気や嘔吐を引き起こしますので注意が必要です。

 

美味しい食べ方としては、ニラと生姜を炒めた物に、卵を溶き入れて食べても美味しいですし、ヨモギは草餅などにしても良いですが、ニラとヨモギを味噌で和えて、一晩おいてから食べると、臭みもなく美味しく食べられます。

 

体が乾燥している

体が乾燥していると、血液が煮詰まってドロドロになります。

 

血液は、90%が水分で、その他にたんぱく質や脂肪などの成分で構成されていて、スムーズに血管内を巡っていくためには、適度な水分が必要です。

 

川の水が適度にあって、水の流れを邪魔するモノがなければ、船の移動に何の問題もありません。

 

しかし、川の水が干上がって、船底が川底についてしまうようになれば、船が全く動かなくなってしまいます。

 

同じように、体の乾燥によって血管の水分が減少すると、血液の巡りが悪くなって血管の壁にへばりつくようにドロドロになります。

 

おススメの食べ物は、体を潤してくれる、サトイモ、レンコン、黒キクラゲなどです。

 

サトイモ

 

サトイモは、体の潤いを補充して、甘味と辛味の働きがあり、気を補い、乾燥して硬くなったモノを、潤して柔らかくする働きがあります。

 

潤す成分によって胃や腸の粘膜が補充されるので、便秘や胃の働きを助けて食欲を回復させてくれます。

 

コレステロールの生成を抑えてくれますので、動脈硬化、高脂血症、高血圧にも期待されています。

 

里芋に小麦粉と生姜を混ぜたものを水で練ってシップのように貼ると、熱を取り去ってくれますので、捻挫や打撲などの血行不良を伴う痛みなどに効果があります。

 

レンコン

 

レンコンは、熱を冷ましながら潤す働きと共に、甘味の働きがあり、熱によって停滞した血液を冷まして、血液をサラサラにして巡らせてくれます。

 

おろした絞り汁を、盃に一杯ずつ飲むと、熱による喉の痛みや咳に効果があり、熱によって固まってしまった痰を排除するのを助けてくれます。

 

また、レンコンをすり下ろしてから熱湯を注ぎ、少量の黒砂糖と塩を加えると、歯茎の出血、鼻血、不正出血など、様々な出血の時に助けられます。

 

黒キクラゲ

 

黒キクラゲは、体を潤す働きと共に、甘味の働きがあり、レンコンと同じく、熱によって停滞した血液を冷ましながら、血液をサラサラに巡らせてくれます。

 

含まれているゼラチン質の働きによって、気管や腸管の粘膜が潤いますので、空咳を鎮め、胃の働きを高め、便秘の解消も助けてくれます。

 

血液ドロドロによる高血圧だけでなく、血管の弾力性が低下したことによる高血圧にも効果が期待できます。

 

また、近年は美肌にする作用も知られていますが、生で食べると、かえって皮膚炎や痒みを引き起こすことになりますので注意が必要です。

 

里芋、レンコン、黒キクラゲを、一緒に炒めても良いですし、コロッケの様にして食べても、けんちん汁風にしても良いですので、お好みでお選びください。

 

大切なことは、同じものを食べ続けない

 

と言うわけで、血液をサラサラにする食材を、体質別にいくつかご紹介しました。

 

大切なことは、これが良いからといって、同じ食べ物を食べ続けるのではなく、ある程度、体質に沿った食材を選びながらも、少しずつ変化させていって、食事を楽しむ様にしてください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました