血圧の下が高くなる原因と対処法

高血圧

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

血圧の下が高くてお悩みの方へ。

血圧の下が高いけど

どういう原因で血圧の下が

高くなるのか知りたい。

 

それと、下げる方法も知りたい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 血圧の下が高くなる原因
  • 血圧を下げるのに大切な事

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

 

血圧の下が高くなってしまう方がいらっしゃいます。

大きく関係しているのは、体の中の水分かもしれません。

 

常に、血管に圧力がかかっているので負担がかかりやすく、あるきっかけで、上の血圧が一気に上がった時に、様々な問題になるので、怖いと考えられています。

血圧の下が高くなる原因

血圧の下が高くなるのは、体の中の水分が関わっています。

 

血圧は、血管に与えられる圧力の事を指し、心臓の拍出量と末梢の血管の抵抗力によって左右されます。

 

上の血圧と言われるのは、心臓が収縮して血液を全身へと送り出した時の圧の事を言い、興奮状態にあると、亢進して圧が高くなります。

 

下の血圧は、拡張期血圧といって、心臓へ血液が戻ってきている状態ですので、心臓からの圧力はかかっていません。

 

これを、心臓をポンプに、血管をホースに例えて考えますと、遠くまで水を送り届けるためには、ポンプからの強い圧力も必要ですが、適度なホースの弾力性も必要です。

 

もし、ポンプからの圧力が強すぎれば、水道の蛇口からは必要以上の圧力で水が噴き出してしまいます。

 

しかし、ポンプの圧力が強くても、ホースがグニャグニャのゴムの様な材質でできていたら、初めは水に勢いがあっても、途中から圧力が弱くなってしまい、遠くまで届けられませんので、水道の蛇口をひねっても、ちょろちょろとしか水は出てこなくなります。

 

逆に、ポンプからの圧力は適度でも、ホースが鉄パイプのように弾力性がなくなってしまうと、初めにかけた圧力がほとんど弱まらずに、水道の蛇口まで届きますので、強い圧力が維持されたままになります。

 

また、ホースの中の水の量を多くすれば、ホースの弾力性を消し去ってしまいますし、ホースの外側から、ホースの弾力性をなくすように圧力をかけることでも、強い圧力が維持されたままになります。

 

このように、血管の内外にある水分の量や、血管の柔軟性によって、血管への圧力が下がらなくなってしまうと、血圧の下が高い状態になります。

 

そこで今回は、血圧の下が下がらない理由として

  • 血管の周囲が水浸しで圧迫
  • 体が乾燥して血管が緊張する

の2点からお伝えいたします。

 

血管の周囲が水浸しで圧迫

 

血管の周囲が水浸しになっていると、常に圧力がかかり続けます。

 

血圧の下が高い状態は、心臓が元の大きさへと緩んで戻ってきている状態ですので、心臓からの圧力ではありません。

 

にもかかわらず、血管に圧力が加わっているのは、血管の内容物によってかかる圧力と、血管の外側からかかってくる圧力が考えられます。

 

つまり、ポンプとホースの関係で例えると、ポンプは止まっていて水を送り出していないのにホースに圧力がかかっていますので、ホースの中が充満している事による圧力か、ホースに外側から何かが覆いかぶさっている事による圧力となります。

 

血管の中の内容物が多いことや、血管の外側に邪魔モノが充満していることから、肥満が原因の一つと考えられます。

 

そのため、解決するためには、余分に停滞している邪魔モノを排除しないといけませんので、お腹が空いていないのに食べる、喉が渇いていないのに水分を摂るのは控えて、体が必要とする以上に飲食物を入れないようにすることが大切です。

 

ただ、それだけではなかなか改善しないの方の場合、体の中の水分の巡りを良くすることで、体の中に停滞している余分な水分を排除する働きを高めることも必要です。

 

というのも、体の中を巡っている水分は、体の芯部の熱である腎陽によって温められて軽くなり、お腹の働きである脾気と、全身へと配る働きの肝気によって全身へと巡っています。

 

しかし、腎陽の熱が低下してしまうと、水分の巡りが停滞しやすくなって充満し、血管への圧力が高くなります。

 

さらに、脾気が低下してしまうと、血管の弾力性が保たれなくなって、血管の隙間から水分が漏れ出てくると浮腫みになり、ますます血管を外側から圧迫するようになります。

 

このような場合、尿の出が悪いような場合には、小豆、黒豆、トウモロコシなど、余分な水分を排除してくれる食べ物を、体が冷えていて浮腫みやすい場合には、にら、かぼちゃ、生姜などで体を内側から温めてくれるような食べ物を、普段の食事に摂り入れましょう。

 

また、胸椎の10番から、腰椎の2番までがズレていると、腎臓の働きが低下しやすくなって、浮腫みなど、余分な水分が停滞しやすくなるので、その周辺を軽く揉んでほぐしてみたり、手のひらで仙骨に向かって、なでたりするのも効果があります。

 

漢方薬で改善する場合、防已黄耆湯や五苓散などで、体を温めながら、停滞している余分な水分を巡らせて排除を促します。

 

体が乾燥して血管が緊張する

 

交感神経が興奮すると、末梢の血管は収縮して血圧が上がります。

 

パイプが固くなったことで、ポンプから押し出された水の圧力が、下がらずに維持されている状態で、収縮期も拡張期もどちらの血圧も高くなります。

 

ただ、強い興奮状態で、収縮期の血圧をガンガンに上げていると言うよりも、興奮を抑える冷却水が足りなくなって、相対的に熱が過剰になって興奮している状態と考えられます。

 

体は、陽の気によって活動が盛んになり、陰の潤いによって活動が制御されることで、バランスを保っています。

 

しかし、過労や夜更かし、老化などによって、陰の潤いが減少してしまうと、余った陽の気による活動が盛んになり過ぎて、血管が興奮して緊張が強まります。

 

しかも、陰の潤いが少ないと、血管自体の弾力性が低下してしまう事にもつながります。

 

また、ストレスによって気が滞っても、こもった熱が生じて興奮が強まり、血管の緊張を高めるようになります。

 

この場合でも、陰の潤いが減少していると、余計に熱が生じやすくなります。

 

どちらの場合でも、陰の潤いを補充することで興奮を鎮め、血管の弾力性を回復させることで、血圧を下げるようにします。

 

そのため、まずは少しでも早く寝る事を心がけて、陰の潤いを補充するようにしましょう。

 

その上で、アスパラガス、黒ゴマ、キクラゲなど、陰の潤いを補充してくれるような食材を上手に、摂り入れるようにしましょう。

 

漢方薬で改善する場合、六味丸や滋陰降火湯などで、潤いを補充します。

 

血圧を下げるのに大切な事

大切なことは、リラックスすることです。

 

血管の周囲が水浸しの状態になっている場合でも、陰の潤いが足りなくなって、体が乾燥している場合でも、ストレスがあると、どちらにしても血管には緊張がかかり、余計に血圧は上昇します。

 

血圧を下げようとして、無理に食事を制限する、楽しくないけど運動するようでは、ますますストレスになって血圧は下がりません。

 

交感神経が強く興奮すると、血圧は上がりますので、ゆったりとした生活を楽しむような感じで、副交感神経が優位になるようにしましょう。

 

全く体を動かさないのも問題ですが、変に几帳面に型にはめた様に運動していると、それがストレスの原因になりますので、生活の中で体を動かす機会を作るだけでも良いそうです。

 

また、笑う事は、副交感神経が優位になりますし、勝手に腹式呼吸にもなり、しかも、血管を拡張させる物質がでて、血圧が下がるとも言います。

 

血圧が高いのは心配ですが、焦らずリラックスを心がけて、改善していってください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました