風邪の症状別チェックと漢方薬&自然療法による治し方

にゃさん

また風邪を

引いちゃったみたい

美肌漢方

引きやすい体質の方は

体調管理が大変ですよね

美肌漢方
少し見てみましょう

どうしてすぐに風邪をひいてしまうの?

このように、すぐに風邪を引いてしまい、なかなか良くならずに悩んでいる方は多いと思います。

そこでこの記事では

①風邪の原因

②漢方薬による治療法

③自然療法による治療法

を中心にご説明いたします。

風邪の原因

風邪は外部から来る異物に対して、身体の抵抗力が防ぎ切れずに侵入を許してしまった場合に発症し、その異物は細菌だけでなく、気温や湿度なども含まれています。

体の抵抗力を下げてしまう原因には、お腹の機能が低下している、体の芯が冷えている、過労や睡眠不足、ストレスで気血の巡りが悪い、などでも表層の抵抗力は低下してしまいます。

冷えやすい体質の方は寒い風邪に、身体の乾燥した方は熱っぽい風邪になりやすいなど、素の体質によっても出現する症状は変わってきます。

ぴよ

体の抵抗力が低下して

異物の侵入によって

風邪を引いてしまうんだ

漢方薬による治療法

ここからは、タイプ別の漢方薬による治療法をお伝えいたします。

風邪の原因を大きく分けて考えてみますと、異物の侵入する力が強くて風邪を引いてしまう場合と、体の抵抗力が低下していて異物の侵入を許してしまう場合とに分けられます。

寒さによる風邪

体の抵抗力を上回って冷えが体の表面に居座ってしまい、気血の巡りを阻害して寒さにより肺や表面の働きも低下してしまうので、風邪の症状が出てしまう。

症状

悪寒、発熱、無汗、頭痛、関節の重だるい痛み、鼻づまり、声がれ、鼻水、のどの痒み、咳嗽、薄い白色の痰、口の渇きはない

治療

温めて発散して寒邪を追い払い

荊防敗毒散、葛根湯

熱による風邪

体の抵抗力を上回って熱の邪魔モノが表面に居座ってしまい、気血の巡りを阻害して熱によって肺や表面の働きも低下してしまうので、風邪の症状が出てしまう。

症状

高熱、微かな悪風、発汗しても不快感、頭部の脹った痛み、咳嗽、粘稠で黄色い痰、のどの乾燥、のどの腫れと痛み

治療

冷やしながら発散して熱邪を追い払う

銀翹散、麻杏甘石湯

高温多湿による風邪

体の抵抗力を上回って高温多湿の邪魔モノが表面に居座ってしまい、気血の巡りを阻害して熱や湿気によって肺や表面の働きも低下してしまうので、風邪の症状が出てしまう。

症状

発熱、微かな悪風、汗はあまり出ない、重だるい疼痛、頭が重い、頭の脹った痛み、咳嗽、粘った痰、落ち着かない感じ、口が渇き口が粘る、胸が悶える、悪心、小便が少ない

治療

暑さを冷まして湿を除き発散する

藿香正気散

お腹の機能低下による風邪

お腹の機能が低下してしまい、気血も補充できなくなってしまう事から、肺や表面の抵抗力が低下してしまい、異物の侵入を許してしまうために、風邪の症状になってしまう。

症状

咳がでる、痰が出やすい、疲れを感じやすい、体が痛い

治療

体の機能を高めて、異物を排除する

参蘇飲、玉屏風散

体の冷えによる風邪

体の芯が冷えてしまう事により、気血の巡りや体の機能が低下してしまうために、異物の侵入をゆるしてしまい、風邪の症状が出てしまう。

症状

悪寒が強い、元気がない、うとうとする

治療

体の芯から温めながら、異物を排除する

麻黄附子細辛湯

にゃんたろう

邪魔モノを排除することと

体の機能を高めることで

改善しているぞ

自然療法による治療法

食べ過ぎや飲み過ぎなどで、お腹の機能が低下しているところへ、過労や睡眠不足などが重なると、体の抵抗力は落ちて簡単に異物の侵入をゆるしてしまうようになります。

またストレスによって気血の巡りが阻害されてしまうと、肺や表面の抵抗力は低下しますので異物の侵入を簡単に許してしまいますが、体の内側はエネルギーで満たされていますので、治りにくいけれど、中々治らないといった風邪の症状になります。

そのため、ストレス解消のために暴飲暴食となってしまうと中々良くなりません。

風邪にかかってしまったら、食欲が無かったら無理して食べずに、胃腸に負担をかけない食事をして、とにかくゆっくり眠ることが一番です。

自然療法の手当て法としては、寒気の強い症状の場合は、コンニャク湿布などで温めてあげるのも効果的で、体の芯から温まり、軽めの風邪ならば簡単に治ってしまいます。

こんにゃく湿布のアトピーの効果や方法を知りたいあなたへ。この記事ではこんにゃく湿布がどのようなタイプのアトピー方に効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで、こんにゃく湿布があなたのアトピーに合うのかが分かります。どうぞご覧ください。

ほかにも、梅干しの黒焼きに醤油と熱い番茶を注ぐ、熱い玉子酒、熱いネギ味噌、なども効果があり、のどが痛むときには、塩番茶でうがいをして、梅干しの果肉を貼っておくのも良いそうです。

整体の考えでは、頸椎1・2番、7番、胸椎1~3番のズレが見られることが多いので、風邪を引きやすい方は、症状が出る前から自力整体などで歪みを正しておくのが良いでしょう。

自力整体のやり方を知りたいあなたへ。この記事では自力整体がどのような体質の方に効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで自力整体のやり方が分かります。どうぞご覧ください。

また、お腹の機能が低下することによって、風邪への抵抗力が低下してしまうことが良く見られますので、内臓整体などでお腹の経絡の歪みを正しておくことも大切で、とくに上腹部、へその周辺、脇腹付近を重点的に行うと良いかもしれません。

内臓整体の効能を知りたいあなたへ。この記事では、内臓整体がどのように骨格・骨盤矯正効果があるかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで、あなたも内臓整体で骨格・骨盤矯正が出来るようになります。どうぞご覧ください。

風邪のコツ

たこmeちゃん

食べ物に気を付けて

ストレスを解消して

早めに寝るのが良いのね