良く噛むことで健康に美肌になる

自然療法
にゃさん
にゃさん

良く噛むと痩せるし

病気になりにくいってホント?

美肌漢方
美肌漢方

良く噛むことで

健康になって痩せる方は多いですね

美肌漢方
美肌漢方

少し見てみましょう

 

良く噛むと痩せて健康になるって聞くけれど・・・

 

このように、「良く噛むことの効能を耳にはしているけれど、どのような意味があるのかは良くわからなくてやっていない」と考えている方は多いと思います。

 

そこでこの記事では

①良く噛むことによる健康法の効果

②良く噛むことによるダイエット

③良く噛むことで運も良くなる?

を中心にご説明いたします。

 

スポンサーリンク

良く噛むことによる健康法の効果

 

人間の身体を作る根本は食べ物です、その食べ物を最初に受け入れる場所はもちろん口です。口の仕事は入ってきた食べ物を細かく分解して、胃腸の負担を軽くするためだけではありません。

 

噛むことで歯や周囲の組織を丈夫にし、こめかみが良く動くことで脳にも刺激が伝わり、脳の血流改善にも貢献します。

 

そしてもちろん唾液の分泌も増加します。気功では唾液を健康長寿の薬としていますが、現代医学でもパロチンなどのホルモンが出ることが確認されております。

 

そのパロチンですが歯や骨の再石灰化は良く知られていますが、その他にも初期の白内障の進行を遅らせることや、皮膚の乾燥を防ぐ効果があるとされています。

 

また、良く噛む事によって食べ物を分解しますので、その時に味を味わうわけですが、味覚とはただ「美味しいね~」のためにあるのではありません。

 

これからこの様なものが身体に入っていきますが体内に入れてもよろしいですか?と、身体にとっては空港のセキュリティチェックのように、入ってきたもののチェックをしています。

 

体にとっていらない物はそこで吐き出していれないようにして入るものも、これからこの様な食べ物が入りますので準備はよろしいですか?と、スキャンをしているようなものです。

 

ですから、ゆっくりよく噛んで食べることで身体も準備が整い、様々な消化液の準備もゆっくりできるので、消化吸収の全てがスムーズに行えます。

 

良く噛むことによるダイエット

 

そうすることで食べ過ぎにならずに、適量で満足感を得ることができるようにもなります。この良く噛む健康法は、フレッチャーイズムとして有名な話で、歯医者さんの待合室には、これを紹介した本が置いてあることがあります。

 

簡単に良く噛む健康法をまとめますと、本当に空腹感を感じたときに、食べ物の味を楽しみながら良く噛んで、食べ物を飲み込まなければならない状態になったら飲み込むことだと言っています。

 

フレッチャー氏は40歳の時に身長170cm体重100キロになり、リウマチのような症状に苦しむようになり、様々な薬を飲んだが一向に改善しなかったそうです。

 

しかしこの方法で健康を取り戻し、体重も30キロ以上痩せたそうです。こんな簡単で安全なダイエットがあるでしょうか。

 

良く噛むことで運も良くなる?

 

また、江戸時代の観相家でもあった水野南北は「人の運は食にあり」と言ったそうです。

 

食事が適量を超えているものは、例え生まれ持った運勢が強いものであっても運勢は悪くなり、特に晩年は良くない傾向にあったそうです。

 

逆に運勢の良くない物であっても、食を節制することで運勢を変えることができたのだそうです。

 

江戸時代でも現代でもそうですが、何が一番の宝かと言えばやはり健康です。

 

江戸時代では健康を害したら、きちんとした医療を受けることの出来る人は少なかったでしょうから、今以上に健康を害することは運勢を悪くすることに直結したのではないかと思います。

 

私が学んだ自然療法の先生も、健康な人は50回ほどで良いが、病気の人は200回は噛みなさいとよく言っておられました。

 

良く噛む事で胃腸も休まりますので、体調を戻すのには大変有効なことだと思います。

 

また病気になると栄養のあるものを食べないと、と言って食欲も無いのに無理やり食べる方も居ますがこれは完全に逆効果です。

 

食べ物は食べたら直ぐに身体に使える“栄養”になるのではなく、体のエネルギーを使って食べ物を身体に使える栄養に変えていきます。

 

ですので体は病気のときは、余分なエネルギーを使わず病気に対抗したいので、食欲を低下させて食べ物を食べないようにブロックしたり、場合によってはダルくなって睡眠を要求し、エネルギーの無駄遣いを避けさせます。

 

食べないと体力がつかない?

 

ですから普段から胃腸の弱い方などは、食べると胃腸にエネルギーを集中するので眠くなるわけです。

 

でも食べないと元気が出なくなるんじゃないですか?と聞かれることがありますが、私は澄まし汁の断食を60日間連続で実施したことがありますが、普通に仕事もしていましたし、普段どおり元気でした。

 

ですので、食欲のないときは一日や二日食べなくても大丈夫です。

 

長い期間の断食はお勧めはしませんが、たまに行う半日程の短い断食は胃腸を休めてくれますのでお勧めです

 

腹も身の内、お腹は生きるための根本ですのでいたわりましょう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました