【漢方薬】ニキビを効果的に治すための体質改善【生活習慣も大切】

漢方薬

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

ニキビにお悩みの方へ。

ニキビが中々良くならないので

ニキビを治す方法を知りたい。

 

それと、ニキビになりやすい体質を変えたいので

生活改善の方法を知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • ニキビの原因はストレスと食べ過ぎ
  • ニキビを治すための方法と生活改善

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

ニキビの原因はストレスと食べ過ぎ

ニキビの原因は、ストレスと食べ過ぎです。

 

ニキビは、皮膚のターンオーバーの乱れによって毛穴が塞がり、皮脂を栄養源としているアクネ菌が過剰に繁殖して、炎症が起きることが原因です。

 

つまり、

  • ターンオーバーの乱れ
  • 皮脂の過剰な分泌
  • アクネ菌の繁殖による炎症

が、ニキビの原因となります。

 

ターンオーバーの乱れ

 

ターンオーバーの乱れは、腎気と肝気の乱れによって起こっています。

 

ターンオーバーは、皮膚の角質が剥がれ落ちて新しい皮膚に入れ替わる作業ですが、細胞の入れ替わりですので、腎気と深く関連しています。

 

腎気には、細胞分裂を調整する働きがありますが、腎気の活発な活動力である腎陽と、潤いや鎮静である腎陰が、バランス良く機能することが必要です。

 

ニキビのできる条件として、毛穴の角質が厚くなって塞がることがあります。

 

これは、必要以上の細胞分裂が起きることで、どんどんと角質が作られ、潤いの少ない厚く硬い角質になることで起こります。

 

このような場合、腎陽は例え働きが正常であっても、腎陰が減っていることで、細胞分裂を適度に制御することが出来ずに、過剰に行われていることが原因です。

 

しかも、ストレスによって、腎陽の働きが煽られると、ますます細胞分裂が過剰になるので、さらに角質は厚くなります。

 

皮脂の過剰な分泌

 

皮脂の過剰な分泌は、食事の内容と、ストレスが大きく関係しています。

 

味の濃厚な物や脂っこいものなどを、食べすぎて体内で処理しきれないと、皮脂として大量に出るようになって、毛穴が詰まる場合があります。

 

肉類も、肝臓の分解機能が低下していると、アミノ酸からアンモニアに変わり、汗から出て来ることで肌の常在菌バランスを崩します。

 

肝臓の働きは、東洋医学では脾気と大きく関連していますので、食べ過ぎなどによってお腹に負担がかかっていると、皮脂の成分が悪くなります。

 

また、皮脂は血流にのって皮膚にまでやってきて、汗として排出される分を除いて、不必要な分が再吸収されることで、適度な皮膚環境が保たれています。

 

ストレスによる気の滞りによって煽られるようになると、 汗の再吸収が上手くできなくなり、ミネラル成分が押し出されたままになって、皮脂の分泌が過剰になります。

 

アクネ菌の繁殖による炎症

 

アクネ菌の繁殖による炎症は、アクネ菌をやっつけようとする体の防衛反応です。

 

毛穴の中で過剰に繁殖してしまったアクネ菌によって、体の正常な流れが妨げられると、滞った流れを解消するために、気血が集中してきます。

 

この時に、血液が集中するので腫れが生じ、気が集中しているので突っ張ったような感じや熱を生じるようになります。

 

しかも流れが滞っているので、痛みになります。

 

体質的にストレスによる気の滞りがあると、集中した部分では余計に滞りが強くなり、気の集中によって熱が強まるので、炎症はさらに悪化します。

 

ニキビを治すための方法と生活改善

ニキビの他に

  • 便秘
  • 水分の摂り過ぎで水太り
  • 肩こり
  • イライラ

などがある場合を想定して、ニキビを作っている体質判断をしてみます。

 

さらに、舌の様子はこんな感じ。

 

舌診

便秘

 

便秘は、胃気と肺気の下向きの流れが乱れて起こります。

 

食べた物は、胃気による腸管の蠕動運動によって、下向きに運ばれていく事で出口へと向かっていきます。

 

しかし、腸管の動きを妨げる様々な原因によって、内容物を順調に運ぶことが出来なくなると、停滞して便秘になります。

 

原因として

  • 乾燥
  • 冷え
  • ストレス

などが良く見られます。

 

この例の場合、イライラ、肩こりなどがありますので、気の滞りによって、胃気の動きが停滞して便秘になっていると考えられます。

 

肩こり

 

肩こりは、体の上の方で何かが停滞している事で起こります。

 

体の上の方に現れる症状ですので、そこで充満を起こしているのは、上へと持ち上げたままになってしまう、気の流れの異常が考えられます。

 

良く見られるものとして

  • イライラしやすい
  • 体の潤いが少ない
  • 下向きの流れが悪い

などがあります。

 

イライラしやすいことから考えると、気の滞りによって気が上に集中して、肩の周辺で滞っていると考えられます。

 

まとめてみると

 

ニキビの方の体質判断を想定してみます。

 

まずは見た目から。

 

やや水太りということは、張りの無い充満感を感じさせる体型ですから、水分の巡りが悪くなっていることが考えられます。

 

このことから、陰はやや過剰に存在しているようです。

 

体の中の水分と関連する五臓は、腎・脾・肺がメインとなります。

 

ニキビや便秘は、肺気の下向きの動きとも関連しますので、肺気の乱れが考えられます。

 

脾気の様子は、水分を摂り過ぎていても下痢になることなく、便秘になっていることや、しっかりと吸収して水太りになっていることから、脾気にはあまり問題はありません。

 

腎気に関しても、舌の色から考えると、腎の熱には問題はないようです。

 

次いで、気の様子を見てみますと、肩こり、便秘、イライラから、気の滞りによる上向き過剰の様子がうかがえます。

 

舌の様子と絡めてみますと、舌の根っこの方に苔が厚い様子から、体の芯部の方では水分の巡りが悪くなっています。

 

しかもやや黄色くなっているので、滞りによってこもった熱が生じているようです。

 

しかし、舌の上の方を見ると、舌先の赤みが強いので、水の巡りが悪いことから体の上の方には潤いが届いてなくて、熱が過剰になっています。

 

これが、押し上げられて停滞している水分を煮詰めて、ニキビとなっているようです。

 

さらに、お腹に停滞している間に、気滞による熱によって煮詰められて、それが顔から出ている可能性もあります。

 

そこで、加味逍遥散で、気の滞りを解消しつつ、上の方の熱を冷まします。

 

さらに、防已黄耆湯で水の巡りを応援して、届いていない上の方へは潤いを届け、余分な水分は排除する手助けをしてニキビを解消します。

 

ニキビを予防する生活改善

ニキビが中々良くならない方は、食べ過ぎや飲み過ぎを控えましょう。

 

食べ過ぎや飲み過ぎによって、お腹に余分なものが停滞してニキビの原因となることは良く見られます。

 

というのも、食べ物が正しく処理されずにお腹の中に停滞している間に、ドロドロしたものに変化して体が吸収してしまうと、体はそれを皮膚から排除して内側を守る働きがあるからです。

 

特に、脾胃と顔面は関係が深く、お腹の様子が直ぐに顔に現れますので、必要以上に食べたり飲んだりしていると、ニキビになって出てくるようになります。

 

他にも、イライラなどのストレスや、ターンオーバーを不調にさせる原因として、過労や寝不足があります。

 

過労や寝不足によって、腎陰が過剰に消費されると、ターンオーバーは過剰になります。さらに潤いが足りないので、角質が硬くなって毛穴は簡単に塞がります。

 

しかも、潤いが足りないと心が渇いた感じになり、ちょっとしたことでもイライラを感じやすく、それが胃に熱を生じさせると、異常な食欲になることもあります。

 

これらのことから、中々良くならないニキビに悩んでいる方は、食事を気をつけながら、きちんとした睡眠を確保するなどの生活改善をするだけでも、体調が整ってきますので、お試しください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました