アトピーの方が花粉症で症状が悪化する場合の漢方薬

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーと花粉症にお悩みの方へ。

花粉症の時期になるとアトピーも悪化して

色々試してみても良くならずに悩んでいる。

 

アトピーと花粉症に

効果的な対策があったら知りたい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 花粉症の時期にアトピーが悪化する原因。
  • アトピーと花粉症対策のための漢方薬。

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

アトピーの方の花粉症と肌荒れ対策の漢方薬

花粉症でアトピーが悪化

冬の間は、土の中にジッと潜んでいた植物が、春になると沢山の芽が出てきます。

 

この時期には、人間の体でも体の外に向かって大量に気が流れるようになり、表面の活動が活発になってきます。

 

本来ならばそこへ花粉がやってきても、くしゃみや鼻水で追い払われて花粉症にはなりません

 

しかし、様々な原因で、気の流れを邪魔されるようになると、くしゃみが止まらない、鼻水、痒みなどになります。

 

この気の流れを邪魔する様々な原因が、アトピーの肌荒れの原因ともなります。

 

それでは解説していきます。

 

鼻水や涙が止まらないタイプ

 

鼻水や涙が止まらないような、花粉症の症状が出ている方は、アトピーが悪化します。

 

お腹の弱い方、冷たい食べ物や飲み物を沢山飲む、空腹感があまりないのに、時間によって食事をすることの多い方は、体が必要としている以上の食べ物が入ってきている状態です。

 

その場合、体に入ってきた食べ物は処理しきれずに、水分が体に溜まって浮腫みになります。

 

その浮腫みが体の中の水の巡りを悪くさせると、鼻水や涙の材料が破裂寸前の水風船のようにたまり、それが気の巡りも悪化させます。

 

その状態で、花粉に刺激されると、水風船破裂したように、鼻水や涙があふれる様に出てきて止まらなくなります

 

同じように水分の巡りが悪い体質の方が、花粉によって刺激を受けると、皮膚の下に潜んでいた浮腫んだ水風船の様な状態から、ジュクジュクと浸出液が出るようになってアトピーが悪化します。

 

そのため、藿香正気散防已黄耆湯参蘇飲などで、お腹の機能を高めるなどして、水分の巡りを改善することで、花粉症もアトピーの症状も改善させます。

 

熱感や痒みが強くて、鼻水や涙も多いタイプ

 

涙や鼻水が多いにもかかわらず、熱感や痒みなどの花粉症の症状が出ている方は、アトピーが悪化します。

 

先ほど、涙や鼻水が多いのは、浮腫んで停滞した水分が、花粉の刺激によってどっとあふれ出ていると書きました。

 

しかし、水風船のように浮腫んだ水分が、水の流れの邪魔をすると、花粉を追い払うための涙や鼻水が、必要な場所には届かなくなります。

 

この状態で、花粉の刺激を受けると、潤いが足りない場所では目や鼻が乾燥して炎症や痒みに、浮腫んで水の余っている場所では、涙や鼻水が止まらなくなります

 

この浮腫みが皮膚の下に停滞して、毛細血管を圧迫することで血流が悪くなると、皮膚には潤いが届かなくなって乾燥し、アトピーの炎症や痒みが悪化します。

 

そして、皮膚の下は浮腫んでいますので、花粉によって刺激されると、皮膚からはジュクジュクと浸出液が出てくるようになります。

 

そのため、柴胡清肝湯越婢加朮湯+消風散などで、余分な熱と水を排除して、巡りを回復することで、花粉症もアトピーの症状も改善させます。

 

熱感や痒みがあり、乾燥肌タイプ

 

髪の毛や皮膚がパサつくように体が乾燥している方は、花粉症になるとアトピーが悪化します。

 

髪の毛や皮膚が乾燥する、体がほてるような方は、過労や夜更かし、ストレスによる熱によって潤いが足りなくなります

 

体の潤いは、体の熱を冷ます冷却水の働きもしていますので、足りないと花粉による少しの刺激でも、目や鼻の炎症や痒みが強くなります。

 

また、乾燥した皮膚が花粉によって刺激を受けると、皮膚に気や熱だけが集中して、アトピーの炎症や痒みが強まります

 

そして、夜になって寝ようとしても熱が冷めないので、痒みが治まらなくなります。

 

そのため、辛夷清肺湯銀翹散などで、余分な熱を冷ますことで、潤いが補充されて、炎症による熱感や痒みの症状が改善されます。

 

花粉症でアトピーが悪化する方の対策まとめ

花粉症でアトピーが悪化

花粉症やアトピーが悪化する原因は、花粉を排除する働きや、皮膚を健康に保つための、体の表面の働きが悪くなることです。

 

これまでご紹介した漢方薬は、悪化した場合に症状を改善するためには有効ですが、花粉症やアトピーそのものを根本から改善するためには、体質の傾きを調整する必要があります。

 

体質の傾きを調整することで、体の表面の働きが正常になり、花粉症やアトピーの症状が改善されます。

 

そのためには、漢方薬を使いながら、食生活、睡眠時間の確保、ストレスを溜めない生活、運動不足などを見直すと効果的です。

 

そうすることで、体調が回復して、症状も改善します。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました