鏡開きの意味と体にやさしいあんこアレンジ

1月11日は鏡開きです。

関東では11日ですが、他の地域では15日など日にちが違うそうです。

鏡餅はお正月にやってくる年神様へのお供え物であり、

依り代であると言われています。

鏡餅には年神様のエネルギーが宿っていると考えられていて、

お汁粉などにして無病息災を願って食べます。

「切る」は切腹を連想させるので、「開く」という言葉を使います。

 

お汁粉にするためにあんこを作りました。

そのあんこを少しアレンジして、白あんと黒あん両方作ってみました。

※以下の素材にアレルギーをお持ちの方は、ご遠慮ください。

ぴよ

材料

・あんこ
・くるみ(ローストして刻む)
     あんこの1割くらいの量

作り方はとっても簡単で

あんこにくるみを入れて混ぜるだけです。

くるみは入れる前にローストすると香ばしくなります。

にゃんたろう

小豆

甘酸 平 心小腸

利水滲湿、消腫解毒

たこmeちゃん

くるみ

甘 温 腎肺

補腎固精、温肺低喘

潤腸通便、排石

補腎温陽、滋養強壮

「食物性味表」日本中医食養学会 より引用

小豆はむくみ、くるみは便通をよくする効能があります。

お正月に飲みすぎたり、食べ過ぎて便秘になってしまった方は、

ぜひ試してみてください。