花粉症になる生活習慣と体質改善の漢方薬【花粉症の原因】

漢方薬

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

花粉症にお悩みの方へ。

花粉症になる体質を漢方で改善したい。

というか、本当に漢方で体質改善できるのだろうか?

 

花粉症が長く続いて辛いので

花粉症体質を改善するための漢方薬が知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 花粉症になる原因
  • 花粉症体質を作る生活習慣
  • 花粉症から抜け出すための体質改善

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

花粉症体質になる原因

花粉症になる原因は、気血の巡りの悪さです。

 

花粉症というと、杉が有名ですが、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、セイタカアワダチソウなど、通年を通して花粉は飛散しています。

 

ただ、春になると多くの方が花粉症になってしまうのには、春の季節による体の変化が関係しています。

 

冬の間は土の中でひっそりと力を蓄えていた種から、春になると、木の芽が力強くでてきます。

 

同じように、人の体でも冬の間は体の内側を巡っていた気が、春になると外側に向かう気の勢いが強くなって出てくるようになります。

 

そして、花粉が体に侵入しようとやってきたときに、体では、気が対応に向かってくしゃみなどで排除を試み、次いで体の水分が、鼻水や涙などの形で追い払います。

 

しかし、気や水の巡りが悪いと、表層で追い払う事の出来ていた花粉を、適切に追い払うことが出来なくなってしまい、花粉症になります。

 

花粉症体質を作る生活習慣

花粉症体質を改善するには、生活習慣を見直しましょう。

 

先ほども書きましたように、花粉症になる原因は気と水の巡りの悪さです。

 

通常であれば、花粉がやってきても、くしゃみ、鼻水、涙などで追い払ってしまえば終わりですが、気や水の巡りが悪いことで、様々な不調が引き起こされます。

 

気や水の巡りの悪さを起こす原因として

  • お腹に負担のかかる食習慣
  • 過労や夜更かし
  • ストレスの多い生活

が良く見られます。

 

1つずつ解説いたします。

 

お腹に負担のかかる食習慣

 

食事の乱れが、止まらない鼻水や涙の原料となります。

 

水分の巡りが悪くなり、蓄積してしまう原因として、身体が必要としている以上に食べて、飲んでいる事があります。

 

食べ過ぎや飲み過ぎによって、お腹に負担がかかると、脾気の機能が低下します。

 

脾気には、血管などの弾力性を保つことで、水分を巡らせる働きがありますので、脾気が弱って血管などの弾力性が低下すると、水分の動きが停滞しやすくなります。

 

また、血管の隙間から水分が漏れ出て、あちこちにむくみになることでも、ちょうど、川からあふれ出て、水たまりができたようになり水分の巡りは妨げられます。

 

こうなると、花粉の刺激によって、体が水を外の放出する際に、溜まっていた水も引きつれられて押し出され止まらなくなります。

 

食べ過ぎや飲み過ぎはもちろんですが、空腹感がないのに時間で食べる事や、喉がかわいていないのに水分を沢山飲むことなども、脾気に負担がかかり浮腫みを作ることになります。

 

さらに、脾気は冷やされてしまうと機能が低下しますので、冷たい食べ物や飲み物、冷やす性質のあるものの摂り過ぎなども注意が必要です。

 

この場合、食欲不振やお腹の不快感などが現れることがありますので、六君子湯五苓散などで、脾気を盛り立てながら、余分な水を排除することで、花粉症の体質を改善します。

 

過労や夜更かし

 

過労や夜更かしによって、痒みや炎症が強まりやすくなります。

 

過労や夜更かしなどは、体のエネルギーや冷却水の原材料となる潤いが減少して、気や血液を巡らせる力が低下するので、花粉を追い払うための材料がうまく運ばれなくなります。

 

しかも、花粉を追い払うために集中した気によって生じた熱を、冷ますことが出来なくなるため、熱はますます強くなります。

 

気や水が届かない、熱が冷ませないことによって、目や鼻などでは熱と滞りが強まり、痒みになります。

 

このような場合、六味丸滋陰降火湯などで深い部分の潤いを補充して、花粉症の体質を改善します。

 

ストレスの多い生活

 

ストレスが多いと、花粉症は悪化します。

 

ストレスによって筋肉が緊張すると、気や血液の巡りが悪くなります。

 

気が停滞すると、内側にエネルギーが集中して熱が生じ、表層などではまばらな状態になります。

 

しかも、エネルギーが内側に集中していたところを、花粉によって刺激されるため、爆発するように外側へと飛び出していくので、くしゃみが止まらなくなります。

 

また、気の滞りによって生じた熱と、巡りが悪くて停滞している水分が結びつくと、ドロドロしたものができて、さらに気や血液の巡りが悪くなり、花粉症の症状が強まります。

 

この場合、抑肝散加陳皮半夏加味逍遥散などで、気の巡りを改善することで、花粉症の体質を改善します。

 

花粉症から抜け出すための体質改善

このように、花粉症と言っても、様々に原因があります。

 

特に、花粉症体質を改善するためには、食事や睡眠不足などの生活習慣の乱れを変えていくようにしないと、なかなか良くなりません。

 

というのも、これらは全てが関連しているからです。

 

例えば、寝不足で潤いが足りなくなっているところへ、過労でストレスがかかり、それを解消するために、夜遅くまで大食いして沢山のアルコールを飲んでしまう方も多いと思います。

 

そのような生活が続いていると、体に必要な潤いはどんどんと減少し、それがストレスによる気や水の巡りを悪くさせる事と結びつくと、簡単に目や鼻は炎症が強まり、目を取り出して洗いたくなるほどの痒みになります。

 

さらに、食べ過ぎ飲み過ぎによってむくみになると、ある場所では炎症で痒いのに、ある場所では鼻水や涙が止まらない、、、となってしまいます。

 

このことから、まずは少しでも早く寝るようにして、ストレスをため込まない生活を心がけましょう。

 

どうしてもイライラが解消できない場合には、瞑想もおススメです。

 

イメージによる瞑想法でストレスを解消する方法
瞑想のイメージ法に悩んでいませんか?本記事では、瞑想する際のイメージ法のやり方を解説しています。瞑想のイメージ法でリラックスしたい方はご覧ください。

 

その上で、空腹感やのどの渇きを感じるような食習慣にすることで、体に不必要な水分をため込まないようにすることが、花粉症にならなくするための体質改善には必要です。

 

今回ご紹介した漢方薬は、体質を変える応援をする物ですので、花粉症の発症時には症状を強めることがありますので、ご注意ください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました