夜に眠れない時の対処法

不眠の原因

人間は長い間日の出と共に起き、日没と共に休むという生活を行ってきました。睡眠は体の様々な修復をする大切な時間です。昼間の活動によって消耗した体を夜間の睡眠によって回復させることで、また元気に活動が出来ます。しかし現在「眠れない」と悩みを抱える方は結構いらっしゃるように感じます。

東洋医学的な視点からいうと不眠の原因は、頭において鎮静させるための血が足りなくなっているからと考えます。脳の働きが活発すぎて、頭に気(熱)が集中しすぎてしまい鎮静させる血を乾燥させてしまう様な場合や、内臓の調子が悪くて頭部に血を届けられない場合など、様々なことが理由として人それぞれに考えられます。

つまり大きく分けると、元気すぎる不眠と、元気のない不眠とに分けて考えられますが、その二つが混在したような理由が原因の不眠や、邪魔者が居座っていて血が届けられない場合などもあります。

不眠の漢方薬

元気すぎる不眠の場合は、脳の熱を冷まし潤いを補充するような漢方薬を使います。元気のない不眠の場合は、内臓の元気を取り戻し、血を脳に届けられるようにする漢方薬を使っていきます。

しかし漢方薬は例え不眠に効くと効能書きに書かれていても、体質に合わない漢方薬を飲んでいると逆効果になるので、これは専門家にお任せするほうが良いでしょう。

例えば、元気すぎる不眠の方が、元気のない不眠の方の漢方薬を飲んでいると、異常に興奮してしまい、いつまでたっても眠れない・・・と言うことになりかねません。

不眠症にお悩みのあなたへ。この記事ではどのような体質の方が不眠症になりやすいのかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることであなたの体質に合った不眠症対策が分かります。どうぞご覧ください。症状別チェック表もしてあります。

ですので、ここからは、ご自宅で簡単にできる体操や瞑想など、眠るための準備方法をお伝えいたします。

気と不眠の関係

気の視点からいいますと、不眠は頭にコントロールの効かなくなりかけている気が集中している状態といえます。通常、夜に寝床に入れば体はリラックスして眠りに入るはずですが、どこかに不安や緊張感が残っていると、それが頭部において気の集中を生じさせてしまいます。

眠る時の感覚を思い出してみると分かりますが、体の緊張感は解け、自分と外側の世界の境界線がはっきりしなくなり、固執し続けていた「自分」という枠がはずれていくことで、眠りの世界に溶け込んでいきます。

ところが昼間の日常世界の心配事やストレスが、自分を固くコリ固まらせてしまい、その感覚が寝床に入ってからも、いつまでも続いているような状態といえます。自分が固くコリ固まっていては眠りの世界に溶け込んでいくことはできません。

足呼吸による不眠対策

その様な場合には、寝床に入ってから足に意識を集中し、足で呼吸をするような感覚を続けていると、脳に集中してしまっている気が降りてきますので眠りにつきやすくなります。

この時足の爪先をゆっくりと動かすことを併用するのも効果があります。

その他、どうしても考え事が頭に浮かんできてしまう場合には、浮かんでくるたびに呼吸に意識の集中を戻すことや、目を中心に顔面周辺に力が入っていることが多くありますので、顔の緊張に気付き、その緊張を取っていくことも大切です。

瞑想による不眠対策

それらを行っていると、ほとんどの方が眠くなるはずですが、それでも眠れない場合には寝床の上で座り、簡単な瞑想をすると良いかもしれません。もちろん横になった姿勢でも構いません。

瞑想というと何やら穏やかでない響きで身構える方もいらっしゃると思いますが、最近ではアメリカの大企業の名だたるCEO達もマインドフルネスと言って瞑想を取り入れているようです。それだけ日本だけでなく世界的にもストレスが多いことの証明かもしれません。

瞑想のやり方

さてやり方ですが非常に簡単で、リラックスした状態で目を閉じた目の前をぼんやりと眺めるだけです。本当にただそれだけです。

そうしていると、人によっては閉じている目の前がぼんやりと白く明るく見えるようになってくると思います。この時に自分の身体が皮膚から外に流れ出ていき、周囲に溶け込んでいくような感覚をもつかもしれません。

その状態でもまだ眠くならなかったら、更に続けていると、そのぼんやりとした白い光に全体が覆われると思います。この状態を古代中国の哲学者である荘子は「虚室生白」と言ったようですが、現在普通に伝わっている意味とはちょっと違っているようです。

ただし注意点としては、あくまでもぼんやりと眺めることで、絶対に力んで目の前に光を出してやるなどと行わないことです。そうしてしまうと却って熱が集中してしまい眠れなくなってしまいます。

何にしてもこの状態は、脳波がリラックスしてくると見えてくるのではないか?とも言われているようですが詳しくは知りません。ですが言えることは、このぼんやりとした光が見えてくるとお休みの時間が近いということです。

面白いことにこの光が見えている最中はもちろん意識があるのですが、良く「いびきかいて寝ていたよ」と指摘されることがあります。

また自分でも夜中にのこぎりの引く音が聞こえてくるので「夜中にうるさいな!」と思いよくよく聞いて見ると、自分のいびきだったと言うこともあります。つまり体はもう眠りの状態に入っていて、脳だけが起きている。ちょうど夢を見ているような状態と言えるかもしれません。

不眠対策で一番大事なこと

これまで不眠対策の呼吸と瞑想をお伝えしましたが、実はそれらよりももっと大事な不眠対策は、眠る前の準備です。寝る一時間位前からは、テレビやスマホ、パソコンなどは止めたほうがよいでしょう。目に気が集中し熱を生じさせるので、その邪熱によって眠れなくなってしまいます。

また食べ過ぎや飲みすぎも注意点の一つです。食べると眠くなる方は良いですが、食べ過ぎると体の中心で渋滞を起こし、気血の流れが妨げられるので、脳には熱ばかりが集中してしまい眠れなくなることもあります。またカフェインやアルコールでも興奮してしまい寝付けないこともありますので、その辺は個々の体質によって整えていく必要があります。

眠りとは、普段活動している世界の裏側の世界の入り口ともいわれます。そこは全てが混ざり合った潜在意識の世界と言えるかもしれません。その全てが混ざり合い、個が無くなった世界に、自分と言う固い殻を脱ぎ捨てて一時的に帰り、深い安らぎを得ることが、睡眠の本当の理由かもしれませんね。