【アトピー】皮膚の炎症を抑制するための原因別の市販の漢方薬

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーなど皮膚の炎症にお悩みの方へ。

アトピーなど皮膚の炎症が治まらず

色々な方法を試してみたけれど

治らなくて悩んでいる。

 

皮膚の炎症を抑えるための

自分に合った漢方薬とか知りたい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • アトピーなど皮膚の炎症が起こる原因。
  • アトピーなど皮膚の炎症を解消する漢方薬。

 

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

【アトピー】皮膚の炎症を抑制するための原因別の市販の漢方薬

【アトピー】皮膚の炎症を抑制するための原因別の市販の漢方薬

炎症の症状には

  • 赤くなる
  • 熱が出る
  • 痛みがある(痒み)
  • 腫れる

などがあります。

 

炎症は、外側、内側からの刺激によって起こります。

 

刺激によって傷害を受けると、血管を拡張して血液を集中させて、障害を修復しますので、赤くなり、熱が出ます

 

さらに、血液が急激に一か所に集まるので、渋滞が起こり、痛みや痒みになり、腫れますが、刺激となるものが解消されれば、血液の集中が取り除かれて、炎症は鎮まります。

 

しかし、アトピーなど皮膚の炎症では、なかなか解消しない場合が良く見られます。

 

それには、単純に原因となる刺激を排除するだけでは解消されない、体の内側の事情によるものが多いからです。

 

それでは、体の内側の事情を原因別に解説いたします。

 

体が暑がりで、喉が渇き、興奮しやすい。

 

暑がりで体がカッカしやすい、喉が渇きやすい、精神的に興奮しやすい方は、炎症になります。

 

暑がりで体がカッカしている状態は、体の機能が亢進し過ぎていることで起こり、体の機能が高まり過ぎていることで、熱が強まり、炎症症状になります。

 

さらに、熱によって水がドロドロの状態に変化すると、炎症とともに浸出液が出てくるようになります。

 

このような場合には、過剰な機能亢進を抑制することで炎症を鎮め、過亢進による消耗や、あちこちが熱によって壊されてしまうのを防ぎます。

 

このような場合、黄連解毒湯三黄瀉心湯竜胆瀉肝湯防風通聖散などで、ガスレンジの火力つまみを、弱くするように、火の勢いを抑えるようにして、炎症を鎮めます。

 

皮膚や髪の毛が乾燥していて、疲れると体がほてる

 

潤いが足りないと、炎症になります。

 

皮膚や髪の毛がパサつく、目が乾燥する、口が渇くなどの方は、体の潤いが足りないことで起こっています。

 

潤いが足りないことで、体を適度に冷却することが出来なくなるので、機能は亢進して体はほてり、炎症症状になります。

 

ちなみに、夜ベッドに入り眠ろうとすると、乾燥による炎症が強くなって、痒くて眠れない方は、熱を鎮めるだけの潤いが足りない事が原因です。

 

乾燥して潤いが足りないことで、炎症が起こっている状態なので、オーバーヒートした車に水をかけて冷ます様に、消風散当帰飲子知柏地黄丸などで体へ潤いの材料を補充して、炎症を鎮めます。

 

ストレスでイライラを感じることが多い

 

ストレスでイライラを感じやすいと炎症になります。

 

ストレスによって筋肉の緊張が続いていると、気の巡りが悪くなって熱が生じて、機能亢進が起こり、炎症症状になります。

 

また、気の巡りが悪いことで、血液の巡りも悪くなると、皮膚に潤いを届けられなくなるので乾燥症状が起こり、炎症になります。

 

摩擦による抵抗が強くなって熱が生じているような状態なので、摩擦が起こらないように、柴胡清肝湯大柴胡湯清上防風湯などで、巡りを良くすることで、炎症を鎮めていきます。

 

体が冷えて寒がり

 

体が冷えやすいと、炎症になります。

 

先ほど、体の潤いが足りないことでも炎症が起こると書きました。

 

体の潤いが全体量としては足りていても、それを皮膚にまで巡らせることが出来ないと、皮膚においては潤いが足りなくなるので、炎症を抑える事ができなくなります。

 

体の中の水分は、体の芯部の熱によって温められて巡っています。

 

そのため、冷えやすい方の場合には、体の下の方には水分が停滞して浮腫んでいても、皮膚や体の表面には潤いが足りなくて、乾燥しているなどの様なことが起こります。

 

火力の弱いお風呂の様に、水の巡りが悪くなっていることで、下は冷たいのに、上には浮き上がった熱が集中しているような状態です。

 

このような場合、八味丸牛車腎気丸至宝三鞭丸などで、お風呂の火力を強くして、水を循環させて、下の冷たい水が、体の上を冷やす様にすることで、炎症を鎮めます。

 

アトピーなど皮膚の炎症のまとめ

【アトピー】皮膚の炎症を抑制するための原因別の市販の漢方薬

アトピーなど皮膚の炎症が起こる原因と、解決するための漢方薬をご紹介しました。

 

炎症を起こす体の内側の原因には

  • 体の機能亢進。
  • 体の乾燥。
  • ストレスによる筋肉の緊張。
  • 体が寒がりで冷えやすい。

があります。

 

どの原因にしても、体の中の熱を制御できないことで起こっていますので、体質に合った漢方薬を選び、熱をコントロールして、炎症を鎮めていきます。

 

つまり、刺激だけを取り除くのではなく、体質の方を変えることで、炎症を鎮めることになります。

 

体質を変えるためには、ご紹介した漢方薬だけではなくて、食べ物を含んだ生活習慣全般を、自然療法から見直すと、短い期間でも結果を出すことが出来ます。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました