【漢方茶】冷えやすい方の便秘解消の食べ物 | ダイエット食べ物

漢方茶
スポンサーリンク

冷えて便秘に

 

腰から下が特に冷えやすく便秘に

足腰のだるさや体の倦怠感もあって便秘に

物忘れや、聞こえにくいなどの症状も気になる

 

体が冷えやすく、足腰のだるさを感じることが多く、お風呂でよく温まったり、温かいお茶を飲むようにしているけど、お小水だけが近くなって便秘のまま。

 

このような方は、体の中心部の熱が冷えてしまっているので、お茶などを飲みすぎるとかえって中が冷えてしまい、便秘になりやすいかもしれません。そのため体の代謝も低下してしまい、体は水太りのような浮腫んだ体に、なりやすくなってしまいます。

 

お茶の種類にもよりますが、緑茶などは体を冷やす性質がありますので、いくら温かいお茶にしても、体の中は冷えてしまいます。さらに水分が体に残ってしまいますので、足腰のだるさなどにもつながります。

 

体を温める食べ物と飲み物を知ってアトピーを改善したいあなたへ
「体を温める食べ物を使っていろいろ工夫しているけれど、体調が中々改善されない」と悩んでいる方は多いと思います。 そこでここでは ①食べ物の持つ気 ②食べ物による体調の変化 ③食べ物の性質表 の上記三...

 

東洋医学では

 

大腸で便を動かしているのは、気が腸管を蠕動させていると考えています。しかし冷えてしまうと、気の働きは低下し、蠕動運動の働きも低下してしまいます。場合によっては、お腹の中が冷えて痛むような事にもなります。

 

また水分のとりすぎによって、冷えてしまうようになると、巡りの悪い水分が体の中に停滞することもあります。そうなると腸管へと栄養を送っている毛細血管の周囲が、浮腫んでしまうようになります。血液の補給を受けられなくなった腸管の動きは、ますます低下して便秘が悪化することになります。

 

それを解決するために、体の中を温めて、気血の巡りを改善させる必要があります。漢方薬では、八味丸、大黄附子湯、大建中湯などで、体の中を温めて、気血の巡りを改善し蠕動運動の働きを促します。

 

場合によっては余分な水分を、五苓散、真武湯、桂枝加朮附湯などで排除する手助けをする必要もあります。

 

ここからは、体の中を温めて、腸の蠕動運動を改善するための食材をご紹介いたします。食べ物に混ぜても良いですし、お茶に混ぜて飲んでも良いです。これらを上手に使って体質が変化してくると便秘が解消しますので、ダイエットの手助けにもなってくれます。

 

体の中を温めて、腸を潤してくれる食べ物や、腸管の動きを下向きに誘導してくれる食べ物、血行を改善し、血液の補充を促してくれるものなどがありますので、それぞれの特徴をご覧になってください。

 

冷え便秘解消に・ケイケットウ

 

ケイケットウは鶏血藤の茎を乾燥したものです。

 

ケイケットウは理血薬というグループに入り、血液の動きを改善しながら、血液を補ってくれる働きがあります。

 

リグナン・アルファトコフェロール・鉄分などの成分が含まれています。

 

リグナンには、抗酸化作用、抗炎症作用、コレステロール減少作用のほか、女性ホルモンの一つである、エストロゲン作用があり、骨を維持する働きも期待されています。また抗がん作用なども報告されているそうです。

 

アルファトコフェロールには抗酸化作用があり、細胞膜を老化から守り、動脈硬化などを防ぎますので、皮膚に血流を促し、細胞膜を保護してくれますので、乾燥肌になりやすい皮膚の細胞膜を守ってくれます。

 

これらの成分の働きにより、体の負担にならないように血液の材料を提供して、血液循環を改善してくれますので、冷えやすい方の便秘解消の助けになります。

 

冷え便秘解消に・キコク

 

キコクはダイダイ・イチャンレモンなどの幼果を乾燥したものです。

 

キコクは理気薬というグループに入り、気の巡りを下向きに引っ張ってくれますので、ストレスなどが原因でお腹が脹って、便が降りてこない場合などに一緒に引き下ろしてくれます。

 

ヘスペリジンが入っていますので、コレステロールや血圧を下げてくれることも期待されているようです。さらにやや熱を冷ましてくれる作用があり、抗炎症作用も示しますので、便通が停滞し、体にとって必要のない熱が生じてしまい、熱ばったような場合にも期待できます。

 

ストレスや不安感を緩和する効果も期待されていますので、それらが原因となって便秘になっている場合にも有効です。

 

これらの成分の働きで、気の巡りを下向きに応援してくれますので、冷えやすい方の便秘改善の助けになってくれます。

 

ただ少し苦いのが困りものですので、蜂蜜などで味を調えて飲むと、潤いも補ってくれますので良いでしょう。

 

冷え便秘解消に・ニクジュヨウ

 

ニクジュヨウはホンオニクの茎の部分を乾燥したものです。

 

補養薬のグループに入り、体を芯から温めてくれる作用があり、温めてくれながら、潤いも補ってくれて、その潤いの質がしつこくないのでとても重宝する生薬です。

 

アルカロイドや配糖体などを含み、体を芯から補強して、じんわりと温めてくれますので、元気がない方や、だるさが気になる方、腰がだるい方など、元気がない方の便秘に活躍してくれます。

 

ニクジュヨウと豚肉を一緒に煮てスープにさせるやり方などが、元気のない方や、高齢者のための便秘解消薬膳として伝わっています。

 

温めながらしつこくない潤いも与えてくれますので、冷えやすい方の便秘解消にとても役に立ちます。また冷えからくる腰のだるさや、健忘、などにも効果が期待されています。

 

漢方のコツ

 

これらの食べ物を、お茶や食材に混ぜて楽しまれると良いでしょう。

 

他にも黒ゴマ、クルミ、松の種をすり潰して蜂蜜を和えて食べるのも、冷えやすい方の便秘解消の方法として伝わっています。それらと一緒に、ご紹介した食材をお茶にして楽しまれるのも良いでしょう。

 

その他、お茶の飲み方や水分のとり方は気を付けられた方が良いです。たしかにお茶は温かいのですが、その温かさは体から抜けていってしまい、後には余分な水分が残り、体を冷やしてしまいます。

 

どんなに火傷しそうなくらい高温で飲んでも、それは変わりません。お茶の持つ性質や、水分の冷やす性質が変わらないからです。そして余分な水分を輩出するため、余分なエネルギーを使い体はもっと冷えてしまいます。

 

また小麦には収渋作用と言って、ダラダラと力なく出ているような汗などを引き締める作用があって、慢性の下痢などの治療にも使われ事があるので、もし小麦製品を多く食べている方は少し控えた方が良いかもしれません。

 

それと中々冷えが取れずに、お腹や腰に痛みなどを感じるような場合には、こんにゃく湿布で、体の外からエネルギーを与えてあげる事もとても助けになります。風邪の引きはじめなどのゾクゾクしているようなときには、体をしっかり温めてくれますので早く体調が回復します。

 

こんにゃく湿布のアトピーへの効果と方法とは?
こんにゃく湿布ってどんなもの? 「こんにゃく湿布が良いって聞いたけど、私に合っているの?方法がわからない?」と悩んでいる方も多いと思います。 そこでここでは、こんにゃく湿布を使って体質改善するために ①...

 

無理のない範囲でお試しください。

 

一週間!便秘の症状別チェックと解消する漢方薬&整体
にゃさん 今日で3日目か・・・・ でないなぁ 美肌漢方 お腹が張ってしまう事もあって 大変ですよね 美肌漢方 少し見てみましょう どうし...

 

便秘を体質改善で!即効で解決したい方の3つのポイントと裏技???
様々な便秘対策を長いことしていても、中々便秘が改善しないと悩んでいませんか? 便秘薬、冷たい水を飲む、ヨーグルト、繊維質の多い食べ物など、 色々試したけどやっぱり駄目だったなんて方も多いのではないでしょうか? 本日のテーマ...

 

便秘を冷水で解消していると悪化します
こんにちは 便秘には朝起きてからの一杯の冷水が良いと聞いて、毎日続けているけれど、あまり変化がないという方や、以前よりも便秘が悪化してきた気がするという方もいるのではないでしょうか。 便で体の中のいらないものをだすことで、健康な...

 

タイトルとURLをコピーしました