肌を綺麗にする方法【肌荒れを起こす原因と解決のための漢方薬】

肌荒れ

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

肌荒れが気になる方へ。

肌荒れに長い間悩まされていて

色々な方法を試してみたけれど

良くならなくて悩んでいる。

 

肌荒れが起きる原因と

自分に合った漢方薬とか

あったら知りたい。

 

と悩んでいませんか?

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 肌荒れを改善するための体質別漢方薬。
  • 肌荒れを起こす原因とその理由。

 

この記事を書いているのは、漢方薬・気功・自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

肌を綺麗にする方法【肌荒れを起こす原因と解決のための漢方薬】(4つあります)

肌を綺麗にする方法

東洋医学では、肌が綺麗でいるためには

  • 体の内側から肌への栄養を届ける働き。
  • 肌から体の内側への不要物の回収。
  • それを支える血流の良さ。

が大切と考えています。

そのため、これらのバランスが崩れ、肌への血流が悪くなると、肌荒れになります。

 

肌への血流を悪くする原因として次の4点が

  • 食事の偏り
  • 体が冷えている
  • ストレスが強い
  • 過労・夜更かし

良く見られます。

 

脂っこい物や味の濃い物が好き

 

脂っこい物や、味の濃い物、甘いもの、アルコールなどを、摂り過ぎていると、肌荒れになります。

 

これらの食べ物を摂り過ぎていると、それらがお腹の中でドロドロと停滞して、中心部分で血液の流れを妨げるようになり、肌への巡りがストップします。

そうなると肌では、栄養が届かなくなり、不要物も回収されないので、肌は次第に荒れてきます

 

お腹の中にドロドロがある方の特徴

  • 舌の上の苔が、べたっとバターでも塗ったような感じ。
  • 舌の上の苔が、黄色っぽく色がついている。
  • 体の重だるい感じ。
  • 排便時に熱感を伴う。
  • 尿の色が濃い。

 

このような場合には、茵蔯五苓散五物解毒湯三黄瀉心湯防風通聖散などで、体に停滞したドロドロを排除して血流を回復させ、肌への巡りを改善して、解消します。

 

体が寒がりで冷えやすい

 

寒がりで冷えやすい方は、肌荒れになります。

 

先ほど、肌が綺麗でいるためには、肌と体の内側との巡りが大切だと書きました。

 

体が芯から冷えていると、血液を巡らせる力が低下して、肌への巡りが悪くなります。

そのため、やはり肌への栄養も届かなくなり、不要物の回収も進まないので、肌荒れになります。

 

体の芯部から冷えている方の特徴

  • 顔色や舌の色が白っぽい。
  • 元気がなく寒がり。
  • 手足が冷える。
  • 腰や膝がだるい。
  • 尿の回数や量が多い。
  • 尿の回数や量が少なく浮腫む。

 

このような方の場合には、八味丸牛車腎気丸至宝三鞭丸などで、体を芯から温めて、血液の巡りを応援し、肌への栄養が届くようにして解消します。

 

ストレスを感じやすい、イライラすることが多い

 

ストレスを感じやすく、イライラすることが多い方は、肌荒れになります。

 

ストレスを感じると気が滞り、筋肉は緊張して血液の巡りが悪くなります。

特に肌周辺の毛細血管が閉じると、皮膚表面にいる美肌菌にも栄養を送ることが出来なくなり悪い菌が増殖して肌荒れになります。

 

さらに、筋肉の緊張によって熱が生じると、肌は乾燥する、水分がドロドロになって血流を邪魔して、肌荒れを起こします。

 

気の滞りがある方の特徴

  • 舌の先や周辺が赤い。
  • 胸や腹が突っ張る。
  • ため息が多い。
  • 月経不順。
  • 腰が張って痛む。

 

このような方の場合、柴胡清肝湯加味逍遥散抑肝散加陳皮半夏香蘇散などで、気の滞りを解消して筋肉の緊張を緩めることで、血流が回復させて解消します。

 

過労・夜更かし

 

 

過労や夜更かしで体の消耗が激しいと、肌荒れになります。

 

過労や夜更かしは、肌に潤いを提供するための、体の潤いの原材料が減ります。

 

夜間の睡眠によって、体の潤いは補給されるのですが、補給するべき時間帯に活動して潤いを消耗していると、ますます潤いは足りなくなって肌はガサガサに荒れます。

 

体の潤いが足りない方の特徴

  • 体温は高くないのに熱感がある。
  • 夜や疲労時に手足がほてる。
  • 舌の色が赤黒いような方は。
  • 腰や膝がだるい。
  • 口や咽が渇く。
  • 目がかすむ。

 

このような場合には、まずは5分でも早く寝るようにしましょう。

 

その上で、六味丸知柏地黄丸杞菊地黄丸当帰飲子などで、体の潤いを補充することで、体の熱ばった感じを冷まして解消します。

 

肌を綺麗にすることのまとめ

肌を綺麗にする方法

はじめにも書きましたが、肌が綺麗でいるためには、血流を良くすることが大切です。

 

食事によってドロドロができても、体が冷えやすく寒がりでも、ストレスで筋肉が緊張しても、過労や夜更かしで肌の潤いが減少しても、血流が悪くなって肌荒れになります。

このような場合に漢方薬を上手に利用して、体質の傾き改善すると血流が良くなって、肌が内側から綺麗になります。

 

東洋医学では、体質の傾きを探るときに、皮膚の色艶を判断の材料にします。

つまり体質の傾きが治ってくると、自動的に肌が綺麗になります。

 

まとめますと。

  • 肌荒れの原因は血行の悪さ。
  • 体の内側と肌の巡りが良いと肌は綺麗になる。
  • 体質が良くなると肌は綺麗になる。

 

今回は以上となります。

 

タイトルとURLをコピーしました