ダイエットのおやつは太るタイプ別に選びましょう【空腹ならOK】

美肌になるためのダイエット

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

ダイエットのおやつにお悩みの方へ。

ダイエット中にどうしても

お腹が空いてしまうので

ダイエットに問題ないおやつを知りたい。

 

と言うか、本当にダイエット中に

おやつを食べてもいいの?

 

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • お腹が空いたらダイエット中でもおやつを食べましょう
  • 異常な空腹感がある場合は改善が必要です
  • 太るタイプ別に選ぶダイエット中のおやつ

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

ダイエット中は、どうしても食べる量が少なくなるので、食事と食事の間にお腹が空いてしまいます。

 

私自身もダイエットを行っていた頃、やり始めのうちはお腹が空いてしまい、どうしたら良いものかと悩んでいました。

 

体が空腹感に慣れてくると、空腹感を楽しめるようになりますし、何より体が軽くなってくるので気にならなくなるのですが、そうなるまでの初めのうちは辛いものです。

 

その時に空腹感を紛らわせていたおやつや、今だったらこんなふうに工夫するだろうな、と考えることをご紹介いたします。

 

この記事を動画にしました。

スポンサーリンク

お腹が空いたらダイエット中でもおやつを食べましょう

空腹感は体がエネルギーを必要としているサインです。

 

体にとっては余分ではなく必要なものですので、我慢するよりも食べた方が体は喜びます。

 

空腹感を我慢することで余計にイライラして、さらに空腹感が強くなってドカ食いしてしまうとダイエットが中々うまくいきません。

 

お腹が空っぽの状態に一気に食べ物が入ってくると、血糖値の上昇も激しくなり、インスリンが大量に分泌されて、かえって脂肪として蓄積されやすくなります。

 

ただし、おやつを食べるのは、活動中のお昼だけにして、夜間に甘い物の食べ過ぎは控えた方が良いです。

 

夜になると、どうしても体は脂肪を蓄えやすい状態になりますので、食事全体としても、朝や昼間には充実した食事内容にして、夜は控えめにしましょう。

 

異常な空腹感がある場合は改善が必要です

食事だけでは足りずに、おやつもドカ食いしてしまうような場合には、胃が熱を持っています。

 

様々なストレスや考えすぎなどの精神的な原因、あるいは辛い物や味の濃厚な物の食べ過ぎで胃に余分な熱が生じると、胃の活動が過剰になり過ぎて異常な空腹感を感じるようになります。

 

こうなってしまうと、異常な食欲が抑えられなくなるので、どうしてもおやつをはじめとして、ドカ食いしてしまう事になります。

 

それらを避けるためには、胃熱を改善して異常な空腹感を解消することが必要です。

 

ストレスなどでイライラしやすく、脇腹からみぞおちあたりにかけて張った感じがするような方は、ちょうど体の中心部に邪魔者が侵入していて、邪魔モノを追い払うために気が集中して熱が滞っている状態です。

 

そのため大柴胡湯で気の巡りを良くして邪魔モノを追い払い、余分な熱を便などから排除することで解消します。

 

小便や大便の出があまりよくなくて、舌の苔がべたっと黄色っぽくなり体に熱がこもっているような方は、体に停滞している余分な水分が、熱によって煮詰められ滞っている状態です。

 

そのため茵蔯蒿湯で余分な水分や熱を、便や尿から排除することで解消します。

 

食べ過ぎてしまうけれど、食べた後には気持ちが悪くなる、ゲップが多く出たり、みぞおち周辺に痞えたような違和感を感じるような方は、お腹の機能が低下して余分な水分が停滞し熱をもっている状態です。

 

そのため半夏瀉心湯でお腹の元気を高めつつ、余分な熱を冷まし水分を排除して解消します。

 

全身に強い熱感を感じ、興奮して眠れない、イライラしやすく怒りっぽい、舌が真っ赤で苔が黄色いなどの方は、体の熱が過剰になりすぎていて食欲が収まらない状態です。

 

そのため黄連解毒湯で、全身の余分な熱を冷まし解消します。

 

どうしてもストレスやイライラが解消されない場合には、これらに加えて、香蘇散四逆散柴胡疏肝湯など、気の滞りを解消してくれる漢方薬をバックアップとして加えることで、さらに効果が高まります。

 

香蘇散は穏やかに気を巡らせ、四逆散は力強く気を巡らせ、柴胡疏肝湯はさらに気の巡りを解消する働きを強め、血液を動かす働きも応援します。

 

太るタイプ別に選ぶダイエット中のおやつ

東洋医学的にみて太っている状態は、体に必要の無い邪魔なモノが蓄えられて停滞している状態です。

 

つまり流れが悪くなって留まっている状態ですので、これをさらに悪化させてしまうような性質のおやつは、ますます肥満を悪化させることにつながります。

 

太る原因には

  • 水の巡りが悪い水太りタイプ
  • 熱と水が結びついた熱太りタイプ

の2つがあります。

 

太るタイプによっておススメのおやつ、NGのおやつは変わります。

 

1つずつ解説します。

 

水の巡りが悪い水太りタイプ

 

水太りタイプの方は、ジュース類などの飲み過ぎはNGで、水の巡りをよくするおやつがおススメです。

 

水太りタイプの方の場合、水の巡りが悪いことが原因ですので、ジュース類などはもちろんですが、コーヒーやお茶などの飲み過ぎが原因でも太ります。

 

空腹感を紛らわすために、お茶やコーヒー、あるいは水を飲むだけでも体の中では水分が過剰になって、それが停滞することで太ってしまいます。

 

熱と水が結びついた熱太りタイプ

 

熱太りの方は、余分な熱と水を停滞させるおやつはNGです。

 

熱太りの方の場合、体の活動が過剰になり、さらに余分な水分の動きが悪くなって結びつき煮詰まってしまう事が原因です。

 

そのため、味の濃厚な物やコッテリしたものなど、体に余分な熱を作り出して停滞させやすいおやつ、特にポテトチップスやドーナツなどの油で揚げてあるものは要注意です。

 

さらに、チーズやヨーグルトなどの乳製品なども、体の中では停滞しやすい性質がありますので、摂り過ぎてしまうと太る原因となりますのでほどほどにしましょう。

 

これらを、どうしても食べたい場合には、食事の量を減らして食後に食べるようにするなどの工夫しましょう。

 

おススメのおやつ

 

どちらのタイプにしても、体の巡りを良くしてくれるおやつをおススメします。

 

小豆や大豆には利水作用がありますので、おはぎなどを、玄米もち米、きな粉、黒ゴマなどを使って、食べる前に黒糖や塩で味を調えて食べると、甘みによってストレスも解消しますのでお試しください。

 

また、小麦の皮の部分であるふすまは、糖質も抑えられ、食物繊維や鉄分、カルシウムなども含みますので、クッキーやパン、マフィンなどを作られると良いでしょう。

 

ふすまに含まれる食物繊維によって便通を助けてくれますし、鉄分は赤血球の材料としてだけでなく、セロトニンやドーパミンなど心を豊かにしてくれる神経伝達物質を作るには鉄が不可欠ですし、カルシウムもダイエットによるイライラを穏やかにしてくれます。

 

他にも、どうしても口さみしい感じがするときには、あたりめなどは良く噛むことが出来るのでおススメです。噛むことで体は痩せやすい状態に変化するからです。

 

ダイエットのおやつを解説しましたが、結局のところ自分で作るのが一番です。

 

私自身もダイエット中は、砂糖なし牛乳寒天を作って食べたりして、空腹感を紛らわしました。

 

自分で作るという行動が間に入ると、少しのおやつでも満足しますし、体が動きますので痩せやすくなります。

 

また、自分で作った時に、甘みを出すための砂糖の量を見ると、それだけでぎょっとし、後から少し甘みを足すだけで良いかなって考えるようになります。

 

あまりに無理な食事制限は、かえって痩せにくくなりますので、空腹感を感じたら、ご紹介した材料を使ったおやつを召し上がってください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました