乾燥肌で痒くなる方の原因別おススメ漢方薬による改善方法

肌荒れ

乾燥すると痒くなる

 

乾燥する季節になってくると、痒くなる方がいらっしゃいます。夏の暑くて湿気の多い時期とはまた違った痒さを感じるようです。

 

乾燥が痒さを引き起こす原因の一つですので、当然お肌は乾燥してガサガサしていて粉をふいたようになりますし、肌が何となくつっぱったように感じることもあります。

 

秋からの季節に多いのですが、お肌の潤いも減少しているために掻きむしってしまうと、余計に肌が荒れて、痒さが増す悪循環になってしまいます。

 

保湿剤など様々なクリームや油などを使っても、肌の呼吸を妨げてしまうような感じがして、こもった感じの痒さになることもあります。

 

もちろん様々な化粧水などがあり、人それぞれ合う合わないがあります。熱いお風呂に長湯しないや、石鹸でこするように洗わないなど色々な注意点もありますが、ここでは東洋医学での対処法を考えてみます。

 

どうしてお肌は乾燥するの?

 

乾燥肌の原因。

  • 浮腫みが潤いを届けるルートを邪魔して届かない。
  • 潤いを皮膚に持ち上げることが出来ない。
  • ストレスで潤いを届ける邪魔をする。
  • 体の潤いが足りない。

詳しく解説していきます。

 

なぜお肌は乾燥したり、潤っていたりするのか?という疑問ですが、お肌は周囲の湿気を受けて潤っているのではなく、体の内側から不感蒸散のような形で潤い成分の補給を受けています。

 

ただその潤いを届けようとする補給部隊が、何らかの理由で肌まで届けることができないと、外部環境の影響を受けやすくなります。

 

湿気の多い時期にはそれに気が付きにくいだけで、乾燥した季節になると肌の潤いを周囲に奪われやすくなり、乾燥が目立ち意識しやすくなります。

 

そのため、乾燥する季節には適度な保湿をしつつ、何が原因で補給部隊が潤いを肌まで届けられないのかを探る必要があります。

 

お肌まで潤いを届けるのは毛細血管などですから、その毛細血管が何らかの理由で阻害されているわけですので、その理由を見つけ出します。

 

乾燥肌を解消するための漢方薬

 

皮膚の下は浮腫んでいる

 

お肌はガサガサ乾燥しているけど、お肌の下は浮腫んでぶよぶよしているという方がいらっしゃいます。そのような場合には、お肌の下の浮腫みが血流を邪魔して、潤いを届けられないこともあります。

 

浮腫によって乾燥肌

  • 浮腫みが血流を邪魔して潤いが届かない。
  • 皮膚の下は浮腫んでいるので掻くとジクジクと浸出液が出る。
  • 水を飲み過ぎると浮腫みが悪化して余計に乾燥肌になる。

 

この場合お肌は乾燥してガサガサですが、体全体の余分な水を排除して水の巡りを良くすることで、お肌の乾燥を治します。

 

このような方の場合、乾燥しているからと言って、潤いを増やす食材や、水分をたくさん飲んで潤いを増やそうなどとすると、お肌の下の浮腫みが悪化して、お肌への血流を邪魔して、余計にお肌はガサガサの乾燥状態になってしまいます。

 

そのため、五苓散猪苓湯当帰芍薬散などで、停滞している余分な水分を排除することで、水の巡りを改善して解消します。

 

疲れやすいなど元気がない

 

体が皮膚にまで潤いを届けるためには、水分を持ちあげるだけのエネルギーが必要です。

 

体が疲れてくると、水の巡りが悪くなって、足が浮腫んでしまう様に、体の中に水分は体のエネルギーによって巡っているので、持ち上げるパワーが足りないと、水分の重みで体の下の方に落ちていきます。

 

そのため、お腹の働きが弱っていると、潤いを皮膚にまで届けることが出来なくなり、乾燥肌になります。

 

潤いを持ち上げられないことによる乾燥肌

  • 潤いを持ち上げる力が足りない。
  • 下半身が浮腫む。
  • 顔色が黄色っぽい。

 

このような場合、補中益気湯当帰飲子などで、皮膚へと届けるための気の持ち上げる力を応援して解消します。

 

ストレスで体が緊張しやすい

 

ストレスで体が緊張すると、筋肉の緊張によって熱が生じて肌を乾燥させ、毛細血管も圧迫され、潤いを届けることが出来なくなります。

 

皮膚において使い終わった不要物の回収も上手くいかなくなるので、乾燥肌だけでなく、様々な肌トラブルの原因になります。

 

ストレスによる乾燥肌

  • ストレスで筋肉が緊張して血流を圧迫。
  • イライラすることで痒みが増す。
  • 体に熱がこもっている感じがする。

 

このような場合、排膿散及湯香蘇散桔梗石膏などで、気の巡りを正常化させることで解消します。

 

疲れると体が熱っぽくなりやすい

 

体の潤いが足りないと、皮膚に届けることが出来ないことももちろんですが、体の潤いは熱を冷ます冷却水のにもなっていますので、冷却水が足りないことで、皮膚のターンオーバーが活発になりすぎて、乾燥して粉が吹くようになることもあります。

 

体の潤いが足りなくて乾燥肌

  • 潤いの材料が足りないので潤せない。
  • 体がほてりやすい。
  • 乾燥して粉を吹く。

 

このような場合、消風散六味丸知柏地黄丸などで、体の潤いを補充することで、余分な熱を冷まして解消します。

 

このような、漢方薬で体の調子を整えて行くと、皮膚の状態が改善されて、乾燥肌が解消されていきます。

 

タイトルとURLをコピーしました