冷たい水を飲んでも便秘が解消しない理由とは?

便秘対策には色々な方法があります。食物繊維の多い食品を摂取するとか、水分を多めに飲む・・・あるいは便秘薬など、調べると沢山あります。そもそもなぜ便秘になってしまうのでしょうか?

便秘の原因

便秘はもちろん大便が順調に出てこないことを言うのですが、大便は自分から動いて出てくるわけではありません。例えば夜中にトイレに行ったら大便が便器から這い出てきていた・・なんて話は聞いたことがありません。

排便は腸管の蠕動運動によって大便を動かして、体の下方へ運んで行く事で排便につながります。つまり腸管の蠕動運動を快適な状態に整えてあげることが必要です。

便秘対策の効果が出ない理由

便秘対策は色々あるのですが、その方の体質によっては選んだ方法が逆効果になってしまうことがあります。

初めから排便に効果が無ければ止めればすむ話ですが、なまじ初めのうちは排便に効果があっても、実は体質的には逆の方法であるということも良くあります。

特に便秘薬などは腸管を刺激して排便を促しますが、殆どの一般用の便秘薬は腸管を冷やす性質があるからです。

便秘は身体の内部の不調から

腸管が冷えてしまうことは、身体の内部が冷えてしまうことです。

先ほど排便は腸管の蠕動運動によって行われていると書きましたが、腸管は筋肉で出来ていますし、その周辺には沢山の血管が覆っています。

それらは冷やされると気血の巡りが悪くなり、腸管の蠕動運動も悪くなってしまいます。

なぜなら人間の身体はどの部分においても、冷やされるとその働きは低下してしまいます。冷やされて血流が悪くなり、栄養物が運ばれてこない状態が長く続くと、少しずつ機能が低下してきてしまうからです。

それは蠕動運動に関しても言えます。

冷水を飲む便秘対策のはてな?

便秘には冷水を飲むと良いなどと聞くことがあります。

上記のことを考えると、身体にとって冷えた状態は生命の危機につながりますので、冷水を素早く体の外に追い出そうとするために、緊急避難的に腸管の働きが活発になり排便が促されるに過ぎません。

ですからそれを何度も続けていると、身体の内部が冷やされてしまい重度の便秘になってしまうことがあります。

便秘対策は体質と性質を考慮して

それは先ほども書きましたように一般用の便秘薬でも同じことが言えます。

冷水や便秘薬に限らず、食品やサプリメントについても、連続的に摂取するような場合は体質と、その摂取する物の性質を考慮して摂取したほうが便秘には有効です。

こちらのページには、体質別の便秘対策が色々書いてありますので、ぜひご参考ください。

便秘にお悩みのあなたへ。この記事ではどのような体質の方が、便秘になりやすいのかを分かりやすくご紹介しています。この記事を参考にすることで、あなたの体質に合った便秘対策が分かります。どうぞご覧ください。症状別チェック表もあります。