【便秘に良い食べ物】自分の便秘体質を改善する食べ物を選ぶ裏技!?

便秘を解消して美肌に

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

便秘にお悩みの方へ。

便秘に良い食べ物が知りたい。

 

長いこと、便秘に悩んできた便秘を解消して

体調を良くしたいので

手軽に利用できる身近な食べ物で

便秘に効果のあるものが知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 便秘にいい食べ物と選ぶコツ
  • 便秘にいい食べ物を選ぶ裏技

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

便秘にいい食べ物と選ぶコツ

便秘を解消するのに最も良い食べ物は、あなたの体質の傾きと、反対の性質をもつ食べ物です。

 

便は、胃気によって動かされている腸管の蠕動運動によって、下向きに運ばれることで排便されていますので、胃気が不具合を起こし腸管の動きが悪くなると、便秘になります。

 

胃気が不具合を起こす理由には

  • ストレスを感じやすい
  • お腹が冷えている
  • 腸管が乾燥している

などがあり、ご自分の便秘になる原因がどれになるのかを探り、それを解消する性質のある食べ物を選ぶことが解決策となります。

 

ところが、テレビなどで便秘に良いなどと聞いたからとして、自分に合う食べ物かどうかもわからずに、それだけを食べ続けてしまって、かえって便秘体質を悪化させてしまう事もありますので注意が必要です。

 

例えば、バナナなどは熱を冷まし、緩下作用がありますので、腸管が熱を持って乾燥してしまったことが原因の便秘に対して、4~5本食べると、効果が現れると言われます。

 

しかし、お腹が冷えている事が原因で、腸管を動かす力が弱っている方の場合、バナナを食べ続けてしまうと、腸管は冷えてますます動けなくなって、便秘はさらに悪化します。

 

このように、自分の体質の歪みを改善してくれる働きのある、食べ物を選ぶことが大切です。

 

では、それぞれのタイプ別に食べたい食材をご紹介します。

 

ストレスを感じやすい

 

ストレスによって、身体全体で気が滞る状態では、胃気の動きも滞りやすくなります。

 

抑圧された環境に長い間いることや、几帳面な性格、怒りっぽい性格などがあると、身体全体の気の巡りは、伸びやかさを失ってしまい、その影響を胃気も受けてしまって、停滞や逆流を生じやすくなります。

 

そこへ、過労や寝不足などの生活の乱れが加わると、疲労によって胃気を巡らせる力そのものが低下してしまったり、体の潤いが減少してしまうことで、気が逆流しやすくなることで、余計に症状を強めることになります。

 

このような場合には、ストレスによる気の滞りを解消して、気を下向きに引き降ろしてくれる性質のある食べ物を選びたいところです。

 

シソの実

 

シソの実は、体を温める作用と共に、気を下向きに引き降ろしてくれ、腸を潤す作用がありますので、このような場合に助けになります。

 

そのままサラダの様に生で食べても良いですし、佃煮や、醤油漬けしたものをキュウリや大根などと合わせて食べたり、ご飯に混ぜて食べるのもおススメです。

 

アンズの種

 

アンズの種は、気を下向きに引き降ろす作用とともに、腸を潤す作用があり、さらに咳を止める働きもあります。

 

杏仁豆腐として食べることが多いので、デザートの材料のイメージが強いのですが、カレーに混ぜて食べたりすると、ココナッツミルク風カレーの様な味を楽しめます。

 

お腹が冷えている

 

胃が、冷やされてしまうと、腸管の動きは停滞します。

 

冷たい飲食物はもちろんですが、緑茶やコーヒー、生ものやスムージーなどは、温度とともに、その食べ物の持つ性質が、胃を冷やすことになります。

 

胃気が冷えてしまうと、腸管を動かす働きが低下してしまうために、便を運ぶことが出来なくなって、便秘になります。

 

この場合、便秘ですが、出ると下痢や軟便と言う事も良く見られます。

 

というのも、便秘になる原因は、腸管が停滞することですので、その間に、吸収されれば、便は乾燥しますが、吸収することが出来なければ、軟便のまま出てくる事になります。

 

このような場合には、お腹を温めることで、胃気の働きを高めてくれる食べ物を選びたいところです。

 

にら

 

にらは、身体を温め、血行を改善し、余分な水分を排除する働きとともに、胃腸の蠕動運動を促進してくれます。

 

食物繊維が豊富でしかも強いので、食べる下剤とも言われています。

 

にらと卵の炒め物や、ニラレバ炒め、餃子にたっぷり入れるなど、レシピはたくさんありますので、お好みの食べ方で召し上がってください。

 

ちなみに、にらの種(韮子)の効用も凄く、体を温めて、出すぎて困るものを、身体に引き留めておく働きがありますので、夜間の頻尿や尿漏れ、早漏、帯下をはじめ、胃が冷えている事による、便秘や嘔吐などの改善に効果があります。

 

茴香(フェンネル)

 

茴香(フェンネル)は、体を温め、気の巡りを整えることで、胃腸の蠕動運動を下向きに動かす応援をしてくれます。

 

便秘はもちろんですが、腸管の停滞による張った痛みや、食欲不振や消化不良などにも効果があり、さらに、生理痛の緩和にも効果があります。

 

カレー粉の原料の一つですので、もちろんカレーに、パンやクッキーの風味付けとして利用すると、香りで食欲が回復します。

 

腸管が乾燥している

 

腸管の周辺が乾燥していると、気が届かなくなるので、便秘になります。

 

腸管は、気によって動かされていますので、気が届かなければ、腸管の動きは停滞します。

 

その気は、血流や潤いに載って運ばれてきますので、腸管の周辺が乾燥していると、気は届かなくなり、便秘になります。

 

貧血などがあって、周辺の潤いが乾燥してしまう場合や、過労や寝不足によって、潤いの補充が足りなくなってしまう場合などがあります。

 

このような場合には、血分をはじめとした潤いを補充して、場合によっては熱を冷ます食べ物を選びたいところです。

 

ほうれん草

 

ほうれん草の、熱を冷ます働きには、腸の熱を解消して渇きを止め、血液や体の潤いを補う働きを応援して、便通を促す作用があります。

 

ほうれん草のお浸しをはじめ、ツナと一緒にしてバターで炒めたりして、胡麻を軽く振りかけて食べると、潤いを補う働きが高まります。

 

くるみ

 

くるみは、体を温め、潤いを補充してくれますが、これには肌を滑らかに潤す作用があり、さらに、血行を改善して新陳代謝を促進し、利尿を助け、腸を潤し排便を助けてくれます。

 

また、腎気を補ってくれますので、腰痛や、下半身に力が入らないような場合に、その他の生薬に合わせられることがあります。

 

クルミは、そのまま食べるのももちろん良いですが、味噌やみりんと一緒に炒めて、クルミ味噌にしたり、パンや柚餅子に入れたりすると、食感も良いので食が進みます。

 

クルミに豆乳、白玉団子、ココナッツミルク、蜂蜜、黒糖、塩などを混ぜて、汁粉風にして食べるのは、西太后がアンチエイジングとして一番のお気に入りのスイーツだったと言われます。

 

ココナッツミルクを、あんずの種の粉にすると、便秘解消にはもってこいかもしれません。

 

便秘にいい食べ物を選ぶ裏技

様々な、便秘体質を改善するための食材をご紹介しましたが、これらが良いからと、そればかりを大量に食べ続けていると、かえって弊害が出やすくなりますので注意が必要です。

 

生薬として薬として使う場合でも、一日の量は決められていますし、体質に変化が現れたら、少しずつ減らすなどの工夫をしていきます。

 

そうしないと、今度は、その食材の持つ性質に影響されて、そちらに体質が傾いてしまって、別の症状の原因となることがあるからです、

 

ここで簡単に、食材を選ぶ方法をお伝えします。

 

やり方は、深呼吸をしてリラックスしてから、テーブルの上に手のひらを上向きにしておいて、前腕を軽く掴んでみて、その硬さを覚えておきます。

 

その次に、手のひらの上に食べ物を置いてみて、前腕の硬さを調べてみます

 

この時、もし、体がその食べ物を必要としていれば、前腕は柔らかくなっていると感じるはずですが、体が必要ないとしている場合には、前腕は硬くなります。

 

理由としては、身体の気が、食べ物の気と合わないと判断すると、緊張して硬くなる、としか言えません。

 

ただ、視覚にしても、嗅覚にしても、味覚にしても、人間に備わってる5感には、身体の内側を守るための、防御としての働きがあり、危険を察知すると、交感神経を緊張させて、身を守ろうとしますので、その働きの何かが作用しているのかと思います。

 

ただ、上手に判別できるようになるためには練習が必要です。

 

1つだけコツを書いておきますと、深呼吸をしてリラックスすることで、心が安定した落ち着いた状態に置くことが大切だと感じています。

 

続けていくうちに、必ず上手にできるようになりますので、ご興味のある方はお試しください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました