便秘とニキビの関係と改善する漢方薬【自然療法】

便秘を解消して美肌に

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

便秘とニキビにお悩みの方へ。

便秘とニキビの関係が知りたい。

できれば、便秘とニキビを

同時に改善する方法が知りたいです。

 

生活習慣を改善して

内側から肌を綺麗にする方法も知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 便秘とニキビの関係と改善する方法
  • 肌を内側からキレイにする自然療法

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

便秘とニキビの関係と改善する方法

ニキビと便秘の関係は、ストレスなどによる気の滞りが関係しています。

 

ニキビが悪化する原因として

  • 皮脂の分泌過剰
  • 毛穴の詰まり
  • アクネ菌の増殖

などがあります。

 

ニキビが悪化する原因

 

ストレスなどによって気が滞ってしまい、充満した気によって皮脂の分泌が過剰に煽られ、増えすぎた皮脂によって毛穴が詰まると、ニキビの土台を作ることになります。

 

これに、甘いものや、脂っこいものの多い食べ物など、食事の偏りが関わってくると、ますます皮脂の分泌が増える原因となります。

 

逆に、気の滞りが、勢いのない巡りの力不足として起こっている場合、皮膚にまで届けられた皮脂が、巡りから取り残されて回収がうまくいかなくなると、皮脂の分泌は普通でも、皮脂の量が多くなります。

 

また、毛穴の詰まりを起こす角化異常は、皮膚の一番外側の角質が、厚く脆くなってしまう事で起こりますが、これも、気の滞りによってうっ滞した気に煽られて、皮膚のターンオーバーの制御か効かなくなる事も関係しています。

 

これに、過労や睡眠不足など、体の潤いが減少してしまうような生活習慣が加わると、ターンオーバーの制御が、さらに効かなくなります。

 

そして、アクネ菌の増殖を許してしまう事にも、気の滞りは関与します。

 

そして、皮膚にいる常在菌がバランスを取ることで、肌の健康な状態は保たれていますが、そのためには、皮膚周辺の巡りが整っていることが必要です。

 

しかし、気が滞ることで、血の巡りが滞るようになると、常在菌には栄養が届かなくなり、皮膚周辺にある不要物を回収できなくなって、アクネ菌の増殖を許してしまう事となります。

 

このように、ニキビの原因には、気の滞りが関係していることが分かります。

 

便秘が悪化する原因

 

そして、便秘の原因にも気の滞りが関係しています。

 

排便は、腸管を下向きに動かす胃気と、肛門付近にきてから「いきむ」ための肺気によって、便を運び、押し出すことで行っています。

 

便秘となる原因には、胃気が下向きに動くことが出来ない、あるいは、強い勢いで上昇させられてしまう事があり、腸管の下向きの動きが阻害されて起こります。

 

これらは、ストレスなどによって、胃気が停滞してしまう場合や、胃気が煽られて逆流してしまう場合があります。

 

また、お腹が冷やされてしまうことなどで、腸管を動かす力そのものが低下してしまう事や、腸管の潤いが乾燥してしまうことで、腸管へと気を届けることができなくなることなどもあります。

 

便秘とニキビが悪化する理由

 

ニキビにしても便秘にしても、気が下向きに動いていれば問題のないものが、何らかの理由によって停滞や逆流を起こすことで、悪化しています。

 

ニキビを作る原因となる皮脂ですが、皮脂の材料となる潤いは本来、増えすぎてしまうと体の中や、下の方に停滞して充満を作るのが普通です。

 

というのも、これら水分は重いものですので、放っておいたら、体の下の方で停滞して浮腫みなどになります。

 

しかし、重いものである水分が、体の上の方で停滞してしまうという事は、上の方まで運び上げ、強い勢いでそこに維持させているか、あるいは、引き降ろす力が弱いので、降ろせないかなど、2つが考えられます。

 

便秘も同じように考えられ、便は、自分で勝手に動いて出ていくわけではなく、腸管の蠕動運動によって運ばれることで排便に至ります。

 

そのため、便を下向きに運ぶことが出来ない理由として、便を強い勢いで上に押し上げているか、あるいは、下向きに運ぶ力の不足によって便秘になっているかの2つに考えられます。

 

つまり、これらの気の滞りがあることによって、皮脂は過剰になり、角質異常が生じ、アクネ菌の増殖を許してしまうのでニキビになり、腸管の蠕動運動が停滞して便秘になるわけです。

 

そのため、便秘とニキビを改善するためには、気の滞りを生じさせている原因を知って、改善することが大切です。

 

強い勢いで押し上げているような場合には、柴胡清肝湯大柴胡湯などで、勢いの強い気の滞りを熱を冷ましながら改善し、下向きの力不足などの場合には、九味檳榔湯六君子湯などで、下向きの巡りを強めることを応援します。

 

肌を内側からキレイにする自然療法

ニキビを改善するには、生活習慣の改善は欠かせません。

 

例えば、皮脂の分泌が過剰になる原因には、気が滞って充満したことで陽気が盛んになって、分泌を過剰に煽ることがあります。

 

これに、過労や睡眠不足などの生活習慣の乱れが加わってしまうと、陽気はますます盛んになってしまい、皮脂はさらに増加し、さらに炎症もひどくなります。

 

もちろん、排便にもこれは関わってきて、気の滞りによって、腸管の動きが悪くなっているところへ、過労や睡眠不足が加わることで、便秘は悪化します。

 

食事の内容も大切で、甘いものや、脂っこいもの、味の濃厚な物の食べ過ぎは、お腹の中で消化や吸収するのに時間がかかるため、気の巡りが悪くなりがちです。

 

そのため、便秘を生じさせやすいだけでなく、これらが停滞している間にドロドロしたものに変化し、体にとって有害なものに変わり、それを吸収してしまうと、体は緊急避難的に皮膚から排除しますので、これらの食習慣は、ニキビの材料を持ち込み続けることと同じになります。

 

睡眠は22時頃が理想です

 

できれば、睡眠は22時頃に就寝するのが理想です。

 

これは、かつては肌のゴールデンタイムなどと言われ、成長ホルモンが深い睡眠によって分泌されるとされていましたが、最近では、あまりホルモンの分泌量とは関係ないとも考えられています。

 

ただし私は、やはり健康とは何らかの関係があると思っています。

 

というのも、東洋医学では、昼間は陽の時間、夜間は陰の時間と考えていて、その陰と陽のバランスは時間の変化によって刻々と変化していきます。

 

睡眠によって補充されているのは、体の材料や燃料の素となる「陰」ですので、それを効率よく補充できた方が、ニキビの改善にも、便秘の改善にも都合が良いわけです。

 

しかし、夜中を過ぎてから寝るような生活を続けていると、例え睡眠時間的には足りていたとしても、自然界の陰陽のバランスは変化して、陰がやや少なくなっていることで、補充の効率が十分ではなくなります。

 

また、睡眠不足によって、ちょっとしたストレスでもイライラしやすくなるなど、精神的な安定感も失われやすくなります。

 

食事は昔ながらの和食が一番です

 

昔ながらの和食は、良く噛まないと飲み込めないものや、自然発酵して作ってある味噌や醤油などが豊富なので、それらが腸内環境を整えてくれます。

 

便秘やニキビになる理由として、食事の乱れによる腸内環境の悪化がありますが、これには、噛まずに飲み込めてしまう柔らかい食べ物や、添加物で似せたような風味になってるものの食べ過ぎがあります。

 

柔らかい食べ物は、濃厚な味のものや、脂っこいもの、甘いものなど、いろいろとありますが、噛まずに食べられる事は、消化吸収の準備ができないうちに、お腹に入ってきてしまうことになるので、停滞して便秘になりやすく、停滞しているうちに、体にとって有害なものに変わり、それが吸収されてしまう事で、皮膚から排除されるとニキビは悪化します。

 

このてん、和食は、良く噛まないと飲み込むことが出来ないものが多いので、噛んでいるうちにお腹の消化吸収の準備は整います

 

また、自然発酵してある味噌醤油などの調味料は、含まれている酵母などの細菌が、そのまま、おなかの環境を整えてくれますので、便秘の解消を助けて、ニキビの悪化も防いでくれます。

 

このことから、良くわからないサプリメントなどを摂るよりも、しっかり寝て、きちんとした食事を摂ることが、便秘やニキビを改善する近道になりますので、お試しください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました