便秘と口臭の関係と改善するための漢方薬【手軽にできる自然療法】

便秘を解消して美肌に

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

便秘と口臭にお悩みの方へ。

便秘と口臭の治し方が知りたい。

というか、便秘と口臭って関係があるの?

 

便秘と口臭に長い間悩んでいて

周りの目の気になるので

体質を改善してどちらも解消する

方法が知りたいです。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 便秘と口臭になる原因と漢方薬
  • 便秘と口臭を改善する自然療法

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

この記事を動画にしました。

便秘と口臭になる原因と漢方薬

便秘と口臭が同時に出てしまっている方は、胃が熱を持つ「胃熱」が原因かもしれません。

 

便は、腸管の蠕動運動によって下向きに運ばれることで外へと排出されていますが、これは、胃気によってコントロールされています。

 

しかし、胃熱になって、胃気の下向きの動きが逆流するようになると、便を下向きに運ぶことが出来なくなって便秘になります。

 

胃気が熱を持って逆流していますので、吐き気、胸灼け、逆流性食道炎などになることもあります。

 

また、胃気には、食べ物を受け取め、消化して、下向きに運ぶ働きがありますが、口腔の働きも同じように、食べ物を受け取め、消化して、下向きに運ぶように、口腔と胃気には深いつながりがあります。

 

そのため、胃熱になると経絡を通じて、口の中においても余分な熱を持つようになり、口の中の分泌に影響を与え、細菌の繁殖が活発になって、口臭になります。

 

この時、胃熱によって、口の中の気や血液の巡りが阻害されてしまうので、歯茎が熱を持って腫れたり、舌の炎症、口内炎などになることもあります。

 

このように、便秘と口臭には胃熱が関係している事があります。

 

胃熱になりやすい原因として

  • 食習慣の間違い
  • ストレスを感じやすい
  • 過労や寝不足

などがあります。

 

詳しく解説します。

 

食習慣の乱れ

 

熱の生じやすい食習慣を続けていると、胃熱になります。

 

ニンニクや唐辛子などの香辛料を摂り過ぎると、それらの持つ成分が胃酸の分泌を増加させたりすることで粘膜を荒らし、ストレートに胃を刺激します。

 

脂っこいものや、甘いものなどを摂り過ぎると、これらは消化するのに時間がかかるために、お腹の中にいつまでも停滞して刺激することになります。

 

そのため、単純に体が必要とする以上に食べすぎてしまう事でも、お腹にはいつまでも停滞することになるので、やはり刺激を受け続けてしまい、胃熱を生じさせます。

 

また、アルコールの摂り過ぎや、タバコの吸い過ぎなども、胃に熱をこもらせる原因となります。

 

ちなみに、コーヒーを飲むと口臭になる方もいらっしゃいますが、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、胃液の分泌を活発にさせるので、胃熱になり、口臭の原因となります。

 

空腹時や胃が弱っている時にブラックで飲むことや、酸化した古いコーヒーを飲むことを避けてみてください。

 

これらの、食習慣からくる胃熱の場合、お腹の中で熱と停滞している余分な水分が結びつき、ドロドロしたものになってへばりつき、期間が長いと簡単には取り除くことが出来なくなってしまいます。

 

このような場合、食習慣を見直すとともに、半夏瀉心湯竹茹温胆湯茵蔯蒿湯などで、停滞している余分な熱と水分を排除して解消します。

 

ストレスを感じやすい

 

考え過ぎていることや、イライラするなどのストレスを感じていると、胃熱になります。

 

考え過ぎや、心配事などで頭を使いすぎると、心の活動が異常に亢進して熱が生じ、その熱によって胃が攻撃されて胃熱になります。

 

同じく、抑うつ感や、イライラするなどのストレスを感じていると気が滞って熱が生じ、その熱が胃を刺激すると、胃熱になります。

 

これら、考え過ぎやイライラするなどのストレスを感じている状態では、交感神経の緊張が長い間続くことになり、消化腺からの分泌は減り、腸管の蠕動運動は鈍くなります。

 

この時、お腹の中に食べ物が入っていると、食べ物の消化や運搬に時間がかかるので長時間停滞することになって便秘になります。

 

また、唾液の分泌に影響しますので、口腔内の細菌が繁殖して、口臭の原因ともなります。

 

考え過ぎや、イライラすることから、不眠、不安感、心が落ち着かないなどを伴う事もあります。

 

このような場合、呼吸法や軽めの運動などで体を動かして気を巡らせるとともに、黄連解毒湯竜胆瀉肝湯などで、生じた余分な熱を排除して解消します。

 

過労や寝不足

 

過労や寝不足が続くと、体の潤いは減少して、胃に熱をこもらせやすい状態を作ります。

 

身体の活動によって作られた熱は、体の潤いによって適度な状態に調整されることで、熱が下りてきて、体の役に立つことが出来るようになります。

 

体の潤いは、昼間の活動の燃料にもなっていますので、活動によって消耗され、夜間の睡眠によって補充されています。

 

しかし、起きている間の活動が激しく、耐えられる限度を超えていると、体はどんどん潤いを消耗して、身体は不健康にやせ細ることもあります。

 

また、回復の時間である夜間になっても、活動して消耗していると、睡眠による回復は間に合わなくなり、潤いはどんどん減少して乾きの症状がでてくるようになります。

 

そうなると、身体は熱っぽくほてりを感じるようになり、胃に熱を生じるようになります。

 

身体が乾燥していますので、皮膚や髪の毛が乾燥する、夢が多く眠りが浅い、寝汗をかくなどを伴う事もあります。

 

このような場合には、まずは少しでも早く寝るようにしつつ、甘露飲滋陰降火湯などで、潤いを補充することで余分な熱を冷まして解消します。

 

便秘と口臭を改善する自然療法

便秘と口臭の原因となる、胃熱を解消するには生活習慣の改善が大切です。

 

東洋医学では、まだ起こってもいないことに対して、心配して、心を働かせて考えすぎるなど、否定的な考えが頭の中でグルグルと巡ってしまうと、脾胃の気がかたまって機能が低下すると考えます。

 

ですので、グルグルと考えが頭の中で空回りしてる場合には、一度、紙に書いて形にすると、問題点や出来ること、やるべきことが見えてきますので、自分の中で決着がつきやすくなります。

 

また、そのような方は、身体全体が緊張して硬くなっていますので、左右の肋骨の下や、臍の下の下腹部などを、ご自分の手でゆっくりとほぐすこともおススメします。

 

特に、前腕は硬く緊張している事が多いので、お風呂などにつかりながら、反対の手でほぐしてみてください。

 

他にも、腰や仙腸関節、胸椎の4~7番が歪んでいる事がありますので、その周囲を気持ちの良いと感じる程度にテニスボールなどで緩めるなどして、歪みを戻すことも有効です。

 

食事療法としては、生薬の決明子(ケツメイシ)は、身体が熱を持っていることで、便秘や口臭があって、目が充血し、尿の色が濃いような場合に、熱を冷まし、腸を潤すことで、口臭や便秘の解消を助けてくれます。

 

決明子を、そのまま飲んでも良いですが、普段飲んでいるお茶に混ぜたり、その他の生薬ハーブと混ぜたりして、自分好みにアレンジして飲むのもおススメです。

 

蜂蜜を溶かして入れて飲むと、蜂蜜によって潤いが補充されますので、乾きの症状がある方の場合は良いと思います。

 

ただし、飲み過ぎてしまうと、冷やす性質がありますので、今度は原因が別の便秘になったり、水分の摂り過ぎによって、浮腫みなどの症状を引き起こすことになります。

 

あくまで、普段の水分補給として、喉の渇きを感じたら飲むのをおススメします。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました