【アトピー】顔の赤みに効果的な漢方薬。

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーの顔の赤みにお悩みの方へ。

顔の赤みに長い間悩まされていて

色々試してみたけれど

治らなくて悩んでいる。

 

顔の赤みが起こる原因と

自分に合った改善法とか知りたい。

 

と悩んでいませんか?

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 顔に赤みが出る原因。
  • 顔に赤みにおススメの漢方薬。

 

この記事を書いているのは、漢方薬・気功・自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

 

【アトピー】顔の赤みに効果的な漢方薬。

東洋医学では、顔の赤みが起きる原因を

  • 体の熱が強すぎて、ドロドロしたものができやすい。
  • 体か乾燥して、ガサガサしている。
  • ストレスでイライラしやすい。
  • 体が冷えて寒がり。

によって起こると考えています。

 

これらの原因によって、気や血液の流れが、体の正しいルートから外れて、顔に向かって集中してしまうと、顔に赤みが出てくるようになります。

 

体の熱が強すぎて、ドロドロしたものができやすい。

 

体の熱が強すぎると顔が赤くなります。

 

体の熱が強すぎて、普段よく食べるものが、脂っこくコッテリしたものだったり、甘い濃厚な物であったりすると、体の熱でそれらの食べ物がドロドロしたものに変化します。

 

ドロドロしたものが、体の血液の巡りを妨害するようになると、熱は動きが悪くなって勢いをもって上に向かい、顔の赤みになります。

 

ドロドロがある方の特徴

  • 舌の上の苔が、べたっとバターでも塗ったような感じ。
  • 舌の上の苔が、黄色っぽく色がついている。
  • 体の重だるい感じ。
  • 排便時に熱感を伴う。
  • 尿の色が濃い。

 

このような方の場合には、黄連解毒湯三黄瀉心湯五物解毒湯などで、体に停滞したドロドロを排除して血流を回復させて解消します。

 

体か乾燥して、ガサガサしている。

 

体が乾燥していると、顔が赤くなります。

体が乾燥しているということは、体の潤いが減少していることです。

 

体の潤いが減少していると、体を冷やす冷却水も足りないので、熱を制御することが出来なくなって顔に向かい、顔が赤くなります。

 

体が乾燥してガサガサしている方の特徴

  • 体温は高くないのに熱感がある。
  • 夜や疲労時に手足がほてる。
  • 舌の色が赤黒いような方は。
  • 腰や膝がだるい。
  • 口や咽が渇く。
  • 目がかすむ。

 

このような方の場合には、まずは5分でも早く寝るようにしましょう。

 

その上で、六味丸知柏地黄丸杞菊地黄丸などで、体の潤いを補充することで、体の熱ばった感じが解消して、顔の赤みが改善します。

 

ストレスでイライラしやすい。

 

ストレスを感じやすいと顔が赤くなります。

 

ストレスを感じている状況が続いていると気が滞り、筋肉が緊張して、体にはコントロールの効かない熱が生じます

 

それが頭に血が上るように顔に向かうようになると、顔が赤くなります。

 

気の滞りがある方の特徴

  • 舌の先や周辺が赤い。
  • 胸や腹が突っ張る。
  • ため息が多い。
  • 月経不順。
  • 腰が張って痛む。

 

このような方の場合、香蘇散排膿散及湯などで、気の滞りを解消して、筋肉の緊張を緩めることで、血流を回復させて解消します。

 

体が冷えて寒がり。

 

体が冷えやすく寒がりだと顔が赤くなります。

 

体が芯部から冷えていると、体の中の水の循環が悪くなります

 

そのため、冷たい水分は体の下に落ちたままになって浮腫みになり、熱は浮き上がったままになって、顔の赤みになります。

 

体が芯部から冷えている方の特徴

  • 顔色や舌の色が白っぽい。
  • 元気がなく寒がり。
  • 手足が冷える。
  • 腰や膝がだるい。
  • 尿の回数や量が多い。
  • 尿の回数や量が少なく浮腫む。

 

このような方の場合には、八味丸牛車腎気丸至宝三鞭丸などで、体を芯から温めて、血液の巡りを応援して、肌へ栄養が届くようにすることで解消します。

 

顔の赤みを摂る方法のまとめ

顔の赤みができる原因と、漢方薬についてご紹介いたしました。

 

先ほども書きましたが、気や血液の流れが、体の正しいルートから外れて、顔に向かって集中してしまう事で、顔に赤みが出ます。

 

ご自身の原因を確認して、それを解消することで、気や血液の流れは正しいルートに戻り、顔の赤みは解消されます。

 

そのためには、原因別のところにあった、体質の特徴に当てはまる方は、漢方薬を上手に使いながら、食事や、手当て法などの自然療法も同時に行うことで、改善が早くなります。

 

今回は以上となります。

 

タイトルとURLをコピーしました