【アトピー】顔の赤みに効果的な漢方薬。

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーの顔の赤みにお悩みの方へ。

顔の赤みに長い間悩まされていて

色々試してみたけれど

治らなくて悩んでいる。

 

顔の赤みが起こる原因と

自分に合った改善法とか知りたい。

 

と悩んでいませんか?

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 顔に赤みが出る原因。
  • 顔に赤みにおススメの漢方薬。

 

この記事を書いているのは、漢方薬・気功・自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

【アトピー】顔の赤みに効果的な漢方薬。

東洋医学では、顔の赤みが起きる原因を

  • 体の熱が強すぎて、ドロドロしたものができやすい。
  • 体か乾燥して、ガサガサしている。
  • ストレスでイライラしやすい。
  • 体が冷えて寒がり。

によって起こると考えています。

 

これらの原因によって、気や血液の流れが、体の正しいルートから外れて、顔に向かって集中してしまうと、顔に赤みが出てくるようになります。

 

体の熱が強すぎて、ドロドロしたものができやすい。

 

体の熱が強すぎると顔が赤くなります。

 

体の熱が強すぎて、普段よく食べるものが、脂っこくコッテリしたものだったり、甘い濃厚な物であったりすると、体の熱でそれらの食べ物がドロドロしたものに変化します。

 

ドロドロしたものが、体の血液の巡りを妨害するようになると、熱は動きが悪くなって勢いをもって上に向かい、顔の赤みになります。

 

ドロドロがある方の特徴

  • 舌の上の苔が、べたっとバターでも塗ったような感じ。
  • 舌の上の苔が、黄色っぽく色がついている。
  • 体の重だるい感じ。
  • 排便時に熱感を伴う。
  • 尿の色が濃い。

このような方の場合には、体に停滞したドロドロを排除して血流を回復。

そうすることで、顔の赤みを解消します。

 

黄連解毒湯

https://amzn.to/2I01YyG
  • 体全体の熱を冷まし、余分な水分を乾かす作用で、熱や湿熱による邪魔モノを排除したい時に。
  • 熱がある、口が渇く、尿が黄色い、熱で便秘になる、イライラしやすい、熱っぽくて落ち着きがない、興奮して眠れないなどの方の顔が赤い場合に。

 

三黄瀉心湯

https://amzn.to/2FP8GUR
  • 体の上部の強い熱を、大便から排除する。
  • のぼせ気味で、尿の色が濃く、イライラしやすく精神不安、みぞおちがつかえ、不眠がある、便秘しやすい方の顔の赤みに。

 

五物解毒湯

https://amzn.to/2I0xRHM
  • 皮膚表面に停滞している膿や湿疹を、熱を冷ましながら発散しつつ、大便と尿で体の中の熱を排除して解消する。
  • 便秘気味で、尿の色が濃く体が熱ばって、皮膚に膿ができやすい方の顔の赤みに。

 

体か乾燥して、ガサガサしている。

 

体が乾燥していると、顔が赤くなります。

体が乾燥しているということは、体の潤いが減少していることです。

 

体の潤いが減少していると、体を冷やす冷却水も足りないので、熱を制御することが出来なくなって顔に向かい、顔が赤くなります。

 

体が乾燥してガサガサしている方の特徴

  • 体温は高くないのに熱感がある。
  • 夜や疲労時に手足がほてる。
  • 舌の色が赤黒いような方は。
  • 腰や膝がだるい。
  • 口や咽が渇く。
  • 目がかすむ。

このような方の場合には、まずは5分でも早く寝るようにしましょう。

その上で体の潤いを補充することで、体の熱ばった感じが解消して、顔の赤みが改善します。

 

六味丸

https://amzn.to/2FT0B1j
  • 腎陰である体の潤いを補い、腎気の働きを応援する。
  • 疲れると手のひらや足の裏がほてる、腰や下半身に力が入らない、寝汗、体が熱っぽい、口が渇く、舌が紅く舌苔が乾燥しているような方の顔の赤みに。

 

知柏地黄丸

https://amzn.to/2KhKS1c
  • 腎陰(体の芯部の潤い)が減少したことによって、体が熱を帯びてしまった状態に、腎陰を補いながら、熱を冷まし、浮き上がった熱を引き降ろす。
  • イライラする、寝汗、体が熱っぽい、口が渇く、熱と渇きを感じやすい、疲れると顔のほてりが強い方の顔の赤みに。
  • 六味丸に熱を冷ます作用をプラスした漢方薬。

 

杞菊地黄丸

https://amzn.to/2K51xoM
  • 肝腎の潤いが減少していて、目を中心とした体の上方に熱がこもっている状態に、腎気を補いながら補充してくれる。
  • 視力の減退、眼精疲労、目が乾燥する、イライラしやすい、目がかすむ、目が充血する、耳鳴り、疲れると手のひらや足の裏がほてるような方の顔の赤みに。
  • 六味丸よりも潤す作用を強くした漢方薬。

 

ストレスでイライラしやすい。

 

ストレスを感じやすいと顔が赤くなります。

 

ストレスを感じている状況が続いていると気が滞り、筋肉が緊張して、体にはコントロールの効かない熱が生じます

 

それが頭に血が上るように顔に向かうようになると、顔が赤くなります。

 

気の滞りがある方の特徴

  • 舌の先や周辺が赤い。
  • 胸や腹が突っ張る。
  • ため息が多い。
  • 月経不順。
  • 腰が張って痛む。

このような方の場合、気の滞りを解消して筋肉の緊張をほぐします。

緊張が緩むことで、血流が回復して、顔の赤みが改善します。

 

香蘇散

https://amzn.to/2TVIAVp
  • 気の滞りを解消する働きを、柴胡のように強く作用しないので、気の虚している状態の方や、乾きの症状が強い方にも使いやすい方剤。
  • ストレスで内にこもった様なイライラがある、神経過敏で胸がすっきりしない、胃のあたりに不快感や痞えた感じがあるような方の顔の赤みに。

 

排膿散及湯

https://amzn.to/2Kh0XVg
  • 気を引きあげる働きと、気を引き降ろす働き、水を持ち上げる働きと、水を引き降ろす働きがバランス良く組み合わさっているので、気の滞りも解消され、気と水の動きの骨格が作られる。これに血液の材料などを合わせることで、全身に血液が良く巡るようになる。
  • 皮膚が熱をもって膿ができやすく、赤く膨らんで痛みやすいような方の顔の赤みに。

 

体が冷えて寒がり。

 

体が冷えやすく寒がりだと顔が赤くなります。

 

体が芯部から冷えていると、体の中の水の循環が悪くなります

 

そのため、冷たい水分は体の下に落ちたままになって浮腫みになり、熱は浮き上がったままになって、顔の赤みになります。

 

体が芯部から冷えている方の特徴

  • 顔色や舌の色が白っぽい。
  • 元気がなく寒がり。
  • 手足が冷える。
  • 腰や膝がだるい。
  • 尿の回数や量が多い。
  • 尿の回数や量が少なく浮腫む。

このような方の場合には、体を芯から温めて、血液の巡りを応援します。

そうすることで、肌への栄養が届くようになり、顔の赤みが改善します。

 

八味丸

https://amzn.to/2Ujgl7O
  • 六味丸に腎陽を活性化する働きをプラスして、腎陽の冷えによる、腎気の衰えや、潤いの減少を補う。
  • 腰から下が冷えてだるい、力が入らない、重だるい、夜間頻尿、手足が冷たい、浮腫みがある、小便が出にくい、尿量が増えるような方の顔の赤みに。

 

牛車腎気丸

https://amzn.to/2KmlGqL
  • 腎に潤いを与えながら、腎陽を応援して、体が冷えたことによって浮き上がって停滞した熱と水を引き降ろす方剤。
  • 腰や膝が冷えて痛む、手足が冷える、頻尿、浮腫みやすい、尿量が少ない、下半身がだるいような方の顔の赤みに。
  • 八味丸に、顔の方に居座った熱と水を引き降ろす作用をプラスした漢方薬。

 

至宝三鞭丸

https://amzn.to/2uRKn3n
  • 腎陰も腎陽も、補いながら、お腹の機能も高めて、気血を全体に広げる働きも応援する。
  • 手足の冷えがある、腰が冷えて痛い、寒がる、尿量が多く回数も多い、尿量が少なく回数も少ない、浮腫み、失禁、食欲不振、早朝に下痢、疲れやすい、体がだるい、お腹が重だるい方など、体全体の衰えがひどい方の顔の赤みに。

 

顔の赤みを摂る方法のまとめ

顔の赤みができる原因と、漢方薬についてご紹介いたしました。

 

先ほども書きましたが、気や血液の流れが、体の正しいルートから外れて、顔に向かって集中してしまう事で、顔に赤みが出ます。

 

ご自身の原因を確認して、それを解消することで、気や血液の流れは正しいルートに戻り、顔の赤みは解消されます。

 

そのためには、原因別のところにあった、体質の特徴に当てはまる方は、漢方薬を上手に使いながら、食事や、手当て法などの自然療法も同時に行うことで、改善が早くなります。

 

今回は以上となります。

タイトルとURLをコピーしました