【アトピー】背中のニキビは体の中から治すのが効果的です

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーで背中のニキビにお悩みの方へ。

背中のニキビが長い間良くならないで

痒くなったりして悩んでいる。

 

背中のニキビを綺麗にする方とか

自分に合った改善法とかあったら知りたい。

と悩んでいませんか。

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • アトピーで背中にニキビができる原因
  • 背中ニキビを治すための体質改善の漢方薬

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

背中にニキビができやすい良くある原因は3つです

アトピー背中ニキビ

良く見られるのはこちらです。

  • ①食べ過ぎ飲み過ぎが多い
  • ②ストレスを感じやすい
  • ③体が寒がりで冷えやすい

 

①食べ過ぎ飲み過ぎが多い

 

これが一番の原因なのでは?と感じるほどです。

ですから食事の習慣を変えるとそれだけで改善します。

 

特にこのような方は注意が必要です

  • 甘い物や味の濃厚な物を良く食べる
  • 空腹感もないのに食べる・大食い
  • 喉が渇いていないのに水分を摂る
  • 舌の苔が黄色でべたっとしている

 

食べ過ぎや飲み過ぎによって、お腹に負担がかかると、胃腸の動きは停滞して、食べた物もいつまでもお腹の中に居座り続けます。

 

そうして胃腸の中で停滞している間に、体にとって害になるような状態に変化、それを吸収すると、体は皮膚から逃がそうとするため、ニキビになります。

 

ですから、甘い物や味の濃い物など、鍋で煮詰めていたらドロドロになりそうなものは、同じように体の中でドロドロして、ニキビの材料となります。

 

このような場合、茵蔯五苓散竹茹温胆湯茵蔯蒿湯などで、お腹の働きを応援しつつ、熱がこもっている場合は熱を冷まし、停滞している不要物を排除することで背中のニキビを解消します。

 

②ストレスを感じやすい

 

こちらも原因としては、食事と同じくらいに大きな原因です。

 

ストレスでイライラして緊張した状態が続いていると、交感神経が緊張、筋肉も緊張して熱が生じます。

 

交感神経の緊張では血管も収縮するので、血液などの巡りが悪くなり、緊張によって作られた熱は、体の役に立つことなく、強い勢いで体の上の方に向かいます。

 

ちょうど頭に血が上ると言われる状態です。

 

その時、体の上の方に向かった熱の勢いは、血液や水分を一緒に巻き込んで上昇していきます。

 

そうなると、下向きに不要物を回収する流れは、その勢いに負けてしまい、体の上部で停滞を作ります。

 

しかも、血液や水分が停滞してる間に、熱によってドロドロした状態に変化してしまうと、体はニキビとして排出します。

 

このような場合、柴胡清肝湯加味逍遥散大柴胡湯などで、ストレスを解消して緊張を緩め、熱を冷まし、いらないものは排除して、背中のニキビを解消します。

 

③体が寒がりで冷えやすい

 

血液など体の中を巡るものは、体の芯部の熱によって循環しています。

 

ですから芯部が冷えていると、水分の巡りに勢いがなくなって停滞しやすくなり、その間にドロドロしたものに変化することで、背中のニキビになります。

 

さらに、芯部が冷えて循環が悪いと、火力の弱いお風呂の様に、足の方は冷たく冷えていても、顔の方には熱が集中する、冷えのぼせになります。

 

この浮き上がって停滞する熱とともに水分が停滞し、そこへストレスなどによる熱と結びつくと、ドロドロが強くなり、背中のニキビになります。

 

体を温めて循環を応援し、多すぎる水分は排除し、必要なところへは潤いを補充することで、背中にニキビができないような巡りの良い体質を目指します。

 

ちなみに、体を温める必要のある方は

  • 腰や膝が冷えてだるい
  • 舌の色が白っぽい
  • 寒がりで多尿あるいは頻尿

となります。

 

このような場合、牛車腎気丸真武湯などで、体の芯部を温めつつ、表層を冷やす漢方薬と合わせて改善します。

 

背中のニキビになる原因は関連しています

アトピー背中ニキビ

単独で起こるよりも、3つの原因がすべて関連していることが多く見られます。

 

背中ニキビが治らない原因は

  • ①食事の不摂生でニキビの材料を摂りこみ、巡りも悪化
  • ②ストレスによって、巡りが悪化
  • ③熱の勢いが体の上の方、背中に向かう
  • ④体の冷えによって、血流が悪化、その状態が固定することも

となることが良く見られます。

 

ですから改善するためには、まずは食事の不摂生を正すことで、ニキビの材料を摂りこまないようにするのが大切です。

 

食事の内容ももちろんですが、空腹感もないのに時間で食べる、喉が渇いていないのにがぶ飲みするなどは、お腹に負担をかけて、体を芯から冷やし循環を悪くします。

 

そして同じくらい大切なのがストレスです。

 

ストレスで血管が収縮、筋肉の緊張で体の役に立たない熱が生じて、勢いよく上に向かったままになると、背中からブツブツと出てくるようになります。

 

どうして背中に向かうのか?と言いますと、若く気の勢いがあるときは背中がぴんと張って、高齢者になって気の勢いがなくなると背中が曲がってくるように、気の勢いの強い状態では、体の上の方や背中の方に向かうからです。

 

ですから、緊張が強い場合に肩がこり、パンパンに張った感じがするのは、背中や体の上の方に向かった気が、そこで滞っているからです。

 

ですから、食事とともに、ストレスも背中ニキビを作る大きな原因の一つですので、精神的にリラックスする時間を作ることも改善させるための大切な要素となります。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました