アトピーの悪化で寒気を感じるのは、皮膚の防御力の低下が原因です

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーの悪化で寒気を感じる方へ。

アトピーが悪化してくると寒気を感じる。

 

いつも皮膚はジュクジュクしているし

掻くと今度は体が暑くなって

体温の調整がおかしい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • アトピーの悪化で寒気が起こる原因
  • タイプ別の寒気対策のための漢方薬

 

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

 

アトピーで寒気を感じる原因

アトピー寒気

寒気を感じる原因は以下の通りです。

  • 皮膚の表面に余分に水分が漏れ出ていて、熱を奪われている状態
  • 外部からの侵入を許そうとしている状態

 

どちらの状態であっても、体の防御力の低下が原因となっています。

 

体の防御力を低下させる原因には

  • 暑くもないのに汗をかきやすい
  • 体が寒がりで、冷えやすい
  • 疲れると体がほてりやすい
  • ストレスを感じやすく緊張しがち

が良く見られます。

以下より、1つずつ解説します。

 

暑くもないのに普段から汗をかきやすい

 

暑くもないのに汗をかいているのは、汗の調整をする働きが機能低下を起こしているからです。

 

汗を調整する働きには2つあり

  • 汗を体の内側から、皮膚の外に押し出す働き
  • 汗腺の開け閉めを調整する働き

両方でバランスを取っています。

 

しかし、皮膚の機能が弱っているアトピーの方の場合、汗腺の開け閉めをする働きも衰えています。

 

そうなると汗はもちろん、体に留めておきたい体液もダラダラと出てしまうので、皮膚は常に湿り気を帯び、熱を奪われることで寒気を感じるようになります。

 

汗腺の開け閉めを調整する働きが低下している方に良く見られる特徴

  • 風邪を引きやすい
  • 顔が浮腫みやすく白っぽい
  • 疲れやすい

 

このような場合、防已黄耆湯黄耆建中湯補中益気湯などで、体液を留めておく働きをパワーアップして、皮膚の状態を改善することで、寒気を解消します。

 

普段から寒がりで、冷えやすい

 

普段から寒がりの方は、水分の巡りが悪くなって浮腫み、寒気を感じます。

 

体が冷えていると以下の事が起こります。

  • 血行が悪くなって、皮膚に熱が届かなくなる
  • 水の巡りが悪くなって浮腫む
  • 汗を調整する働きが低下

 

体が温まっていることで、血流は皮膚の隅々にまで巡ります。しかし、冷えていると、血流が悪くなって停滞した部分が浮腫みを作るようになります。

 

浮腫みがある状態は、濡れタオルを体に巻き付けた様になりますので、外気温に熱をどんどん奪われて、寒気を感じます。

 

さらに先ほどの皮膚の汗を調整する働きも、体が冷えていると上手く働かなくなってしまいます。そして浮腫んだ場所から体液がジュクジュクと出てくるようになって、余計に寒気になります。

 

体が冷えている方に良く見られる特徴

  • 顔色や舌の先が白っぽい
  • 手足が冷える
  • 排尿の異常がある

 

このような場合、真武湯五苓散桂枝加朮附湯などで、体を芯から温めて、水分の巡りを良くして、余分な水は排除して、寒気を解消します。

 

疲れると体がほてりやすい

 

疲れると体がほてりやすい方は、ほてりの熱によって皮膚が体液でジュクジュクして、ほてるのに寒気を感じます。

 

体の潤いが足りないと以下の事が起こります。

  • 体を冷却できないで体がほてる
  • 汗を押し出す働きが強まる
  • 汗を留める働きが弱まる

 

体がほてっているのは、体を適度に冷却する潤いが足りなくなっている状態です。

 

冷却水が足りないので、体は強く緊張するようになり、汗を皮膚から押し出す働きが強くなります。

 

さらに、皮膚の潤いをとどめておく働きも低下してしまうので、押し出す力は強くなり、留めて置く力は弱くなるので、体液がジュクジュクと出てくるようになります。

 

潤いが足りていない方に良く見られる特徴

  • 舌の色が赤黒い
  • 口や喉が渇く
  • 体温は高くないのに熱感がある

 

このような場合、六味丸知柏地黄丸杞菊地黄丸などで、体の潤いを補充して、体液を留めておく力を回復させる。

 

ストレスを感じやすく緊張しがち

 

緊張が強い方は、内側に熱がこもりやすく、皮膚まで熱が届かなくなるので、寒気になります。

 

緊張が強いと以下の事が起こります。

  • 交感神経が興奮して、末梢の血管が収縮
  • 体の中心部には熱がこもる
  • 筋肉の緊張で汗を押し出す力が強まる

 

緊張が強くなって、交感神経が興奮すると、血管が収縮して末端部へは血流が届かなくなります。

 

そのため、お腹周りや体の中心部には熱がこもり、血流の途絶えた皮膚などでは寒気を感じるようになります。

 

さらに、緊張の強さが汗を押し出す力を強めると、皮膚は常に湿ったようになって、外気に冷やされて寒気になります。

 

ストレスで緊張が強い方に良く見られる特徴

  • 舌の先や周辺が赤い
  • 胸や腹が突っ張る
  • ため息が多い

 

このような場合、抑肝散加陳皮半夏香蘇散四逆散などで、緊張を緩めることで中心部にこもった力を分散して、末端部にまで血流を届かせるようにする。

 

アトピーの寒気を解消するためのまとめ

アトピー寒気

寒気を解消するためには、皮膚の防御力を上げることが大切です。

 

体液を留めておくのは皮膚の働きです。

 

アトピーの方は皮膚の働きが衰えていますので、皮膚の働きを高めることで、寒気を感じることも、アトピーの症状も改善に向かいます。

 

原因は同じだからです。

 

ここでは漢方薬だけを解説していますが、体質の歪みを見つけて、生活習慣を変えることで、むしろ改善が早まります。

 

体質が変わってくれば、ジュクジュクした状態も、浮腫んだ状態も改善して、寒気が落ち着いてきます。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました