アトピーと抜け毛を回復するには原因を見つけて治すのがベストです

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーにお悩みの方へ。

痒みのせいで

抜け毛がひどくなって悩んでいる

シャンプーとかサプリとか

色々試してみたけれど

あまり改善しないので悩んでいる。

 

自分に合った生活改善とか

漢方薬とかあったら知りたい。

と悩んでいませんか?

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • アトピーの悪化と抜け毛が起こる原因は同じです
  • 【タイプ別】抜け毛が起こる理由と改善のための漢方薬の解説
  • 生活を変えることで抜け毛や肌荒れを予防する自然療法

 

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

 

アトピーの悪化と抜け毛が起こる原因は同じです

 

アトピーの症状が悪化する基本的な原因は

  • 体の内側から皮膚への栄養供給
  • 皮膚から体の内側への不要物の回収

が正しく行われなくなることで起こります。

 

そして抜け毛も、髪の毛の増殖にかかわっている

  • 毛母細胞への血液の供給
  • 毛母細胞周辺の不要物の回収

が正しく行われなくなることで起こります。

 

ですので、アトピーの悪化と抜け毛が起こっている場合、根本的な体質的の原因は同じです。

 

そのため、同じ体質の問題を解決することで、アトピーの悪化も抜け毛の悪化も防ぐことが出来るようになります。

 

そこで良くあるタイプ別に解説したします。

 

【タイプ別】抜け毛が起こる理由と改善のための漢方薬の解説

髪の毛は身体のその他の部位と同様に、血液によって栄養されています。

 

そのため気血の運行が悪化すると、髪の毛を育てている毛母細胞に栄養が届かなくなって細く弱くなり、最後には抜けてしまいます。

 

良くある抜け毛になる原因として

  • 過労や夜更かしが多い
  • 体が寒がりで冷えやすい
  • 食べ過ぎや飲み過ぎなど食生活が乱れている
  • お腹の働きが低下して食欲がなく疲れやすい、食べるとお腹が重く感じる
  • ストレスを感じることが多い

などによって、毛母細胞にまで気血が届かなくなることがあります。

 

1つずつ解説します。

 

過労や夜更かしが多い

 

過労や夜更かしによってこのような事が体に起こります。

  • 体の潤いの消耗が激しい
  • 血液の潤いも減少して血液ドロドロに
  • 腎気に負担がかかり血流の勢いが悪化
  • 細胞分裂の力が低下
  • 潤いが足りないので熱が生じやすい

 

過労や夜更かしは、体全体の潤いの元を消耗するので、毛母細胞には潤いが届かなくなり、植物の水が足りなくて乾燥して枯れるように抜け毛になります。

 

体全体の潤いが消耗すると、血液はドロドロの状態になり、毛母細胞周辺の毛細血管の流れは悪化します。

 

しかも腎気に負担をかけ、血液や水分を動かす力そのものも低下させるので、ドロドロした血液はさらに動きが悪くなります。

 

さらに腎気は細胞分裂などにも大きく関わっているので、毛髪の細胞分裂や、皮膚細胞の分裂などの活動力が低下してアトピーや抜け毛が悪化します。

 

解決策としては、5分でも早く眠るようにすることが大切です。

 

その上で、六味丸知柏地黄丸杞菊地黄丸などで、腎気を応援して、体に潤いを補充することで、抜け毛とアトピーを改善します。

 

体が寒がりで冷えやすい

 

体が寒がりで冷えやすい方は、このような事が体に起こります。

  • 芯部が冷えて血流が悪化
  • 血流の悪化によってあちこちが浮腫む
  • 血流の勢いが足りないので頭皮にまで栄養が届かない

 

体の中の血液や水分は、体の芯部の熱である腎陽によって活発に動いています。

 

髪の毛を栄養するには、血液の運行を改善するのが重要ですが、髪の毛は身体の中でも一番上部にあるため、力強く届かせる必要があります。

 

しかし、体が寒がりで冷えやすい方の場合、腎陽が冷えていることによって、血液や水分の動きが悪いため、髪の毛のある場所にまで届け上げる事が出来なくなります。

 

しかも、血液や水分の巡りが悪いことで水分があちこちに停滞して、皮膚や頭皮が浮腫んでブヨブヨするようになると、毛母細胞や皮膚には血液が届かなくなり、根腐れするように抜け毛や肌荒れになります。

 

なお腎陽も細胞分裂などにも大きく関わっているので、毛髪の細胞分裂や、皮膚細胞の分裂などの活動力が低下します。

 

適度に運動をして血流をよくすることと、体を冷やす食べ物は控えて、体を温めることを心掛けることが大切です。

 

その上で、八味丸牛車腎気丸至宝三鞭丸などで、腎陽を応援して血液や水分の巡りを活発にしつつ、髪の毛や皮膚に必要な潤いは補充することで改善します。

 

食べ過ぎや飲み過ぎなど食生活が乱れている

 

食生活の乱れによってこのような事が体に起こります。

  • 体の中で粘っこいドロドロしたものができる
  • ドロドロしたものが毛細血管を圧迫する
  • ドロドロが熱を持つと熱によって毛母細胞がダメージを受ける

 

食べ過ぎや飲み過ぎは、体の中にドロドロしたものが停滞するようになり、それが毛母細胞への毛細血管を圧迫するようになります。

 

空腹感を感じないのに時間が来たから食べる、いつも満腹以上になるまで食べる、冷たい物や味の濃厚な物、脂っこい物の食べ過ぎなどは、、余分な材料が体に蓄積して毛細血管などを圧迫するようになります。

 

しかも蓄積したものが、熱をもってドロドロするようになると、熱の悪さとドロドロの悪さによって毛母細胞にダメージを与えるようになります。

 

ですから空腹感や喉の渇きを感じるようにし、良く噛んで食べ過ぎや飲み過ぎ、冷たい物などを控えるようにすることが大切です。

 

このような場合、竜胆瀉肝湯五淋散茵蔯五苓散などで、停滞しているものを排除することで改善します。

 

お腹の働きが低下して食欲がなく疲れやすい、食べるとお腹が重く感じる

 

お腹の働きが低下していると、このような事が体に起こります。

  • 気や血液など、材料やエネルギーが少なくなる
  • 血管の平滑筋が緩んで浮腫みができる
  • 血液を頭皮まで持ち上げる力が低下する

 

お腹の働きが低下していると、毛母細胞を育てるための気や血液を作る力が低下します。

 

体全体で気や血液が足りなくなるので、体は中心部を守るために髪の毛への気も血液も配分量が少なくなります。

 

そのため毛母細胞では、髪の毛を増殖しようとしても、材料としての血液も、細胞分裂するためのエネルギーとしての気も足りないので、髪の毛は細く弱くなります。

 

なお、お腹の働きは、平滑筋の緊張度を保つ働きにも関係していますので、低下すると血管が緩んで浮腫みになり、毛細血管は圧迫されます。

 

さらに、平滑筋の緩みによって、毛母細胞へ血液が持ち上げられなくなり栄養が届かなくなって、抜け毛や肌荒れを起こすことになります。

 

良く噛んで食べ、冷たい物などを控えるようにすることが大切です。

 

このような場合、補中益気湯加味帰脾湯当帰飲子などで、お腹の機能を高めて、平滑筋の緊張度を高めて改善します。

 

ストレスを感じることが多い

 

ストレスを感じる期間が長いと、このような事が体に起こります。

  • 交感神経が興奮して末梢血管は収縮する
  • 心臓の拍動が活発、血圧上昇、血糖上昇
  • 体に不必要な熱が生じて、毛母細胞にダメージ

 

ストレスを感じやすいと、筋肉は緊張して血流が悪くなり、余分な熱が生じやすくなるので、毛母細胞は栄養が受けられなくなります。

 

ストレスを感じるようになると、交感神経が優位になり毛細血管が収縮するので、皮膚や毛母細胞への血液の流れが悪くなります。

 

しかも心臓の拍動が活発になって血圧は上昇、血糖も上昇するので体の活動は活発になり、熱が生じるようになります。

 

毛細血管が収縮するので毛母細胞へは血液が届かなくなり、必要のない熱は毛母細胞や皮膚にとって砂漠のような環境を作ります。

 

しかも生じた熱は勢いが強ければ強いほど、自然界の熱と同じように上に向かいますので、髪の毛や皮膚にとっては大きなダメージとなります。

 

ストレスから解放されたリラックスできる時間を持ち、画一的な考えなどで、ストレスをため込むような環境を遠ざけるような生活に。

 

このような場合、抑肝散加陳皮半夏香蘇散加味逍遥散などで、ストレスを解消して、緊張をほぐし、気や血液の巡りを改善することで、皮膚や毛母細胞への血液の巡りを回復します。

 

生活を変えることで抜け毛や肌荒れを予防する自然療法

抜け毛やアトピーの肌荒れを起こす原因はいくつかありますが、一番大事なことは、毛母細胞や皮膚への血液循環です。

 

特に、頭皮は体の一番上にありますので、血液を持ち上げて届けることが大切だという事です。

 

その上で気をつけたい生活習慣を、タイプ別において解説しましたがもう一度おさらいしますと

  • 早く寝るようにする
  • 適度に運動をして血行を良くする
  • 食べ過ぎ飲み過ぎは程々に
  • 良く噛んで食べるようにする
  • ストレスを溜めない生活

が皮膚においても、毛髪においても大切になります。

 

このようにみると、髪の毛にこの食べ物が良いから、アトピーにこれが良いからというのは、ご自身の体質に合っていれば良いのですが、体質に合ってない場合どちらにも良くないことになりそうです。

 

ちなみに、自然療法では生姜とゴマ油を同量混ぜて、それを頭皮にすり込んで良くマッサージすると血流が良くなって髪の毛に良いと言われています。

 

肌荒れが起きないか注意しながら行ってください。

 

さらに、整体の考えでは、頸椎の1~3番、胸椎の4~7番、11・12番のズレが影響していることがありますので、自力整体などでズレを戻すと良いでしょう。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました