【アトピー】体が温まると痒くなる時に、手軽に冷やす事で抑える方法

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーにお悩みの方へ。

気温が高くなる、布団に入るなどで

体が温まると体が痒くなってしまう。

 

冷やすと痒みが軽くなるけど

簡単に冷やす方法とか

あったら知りたい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 体が温まると痒くなる理由は熱による巡りの悪化
  • 冷やすことで痒みが治まるのは皮膚の熱が冷めるから
  • 家庭でできる自然療法による痒み対策

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、東洋医学の専門員がお伝えいたします。

 

体が温まると痒くなる理由は熱によって巡りが悪くなるからです

痒みになる原因は滞りです。

 

皮膚は体のもっとも外側にありますので、体の内側から栄養や潤いを届け、不要物を体の内側に回収することで、健康な状態を保っています。

 

ですので、届ける働きと回収する働きが滞ってしまうと、皮膚は不健康な状態となって様々な不快な状態を生じさせるようになります。

 

そもそも「掻く」という行動が、その場所に停滞している何かを動かそうとしています。

 

何かが停滞していると、通常なら流れているはずの気や血液などは阻害され、その先の細胞へは届かなくなるので不快感が生じ、それを掻くことで解消しようとしています。

 

ですから、体が温まると痒みが強くなるのは、余分な熱によって皮膚周辺に滞りが生じた事が原因です。

 

温まると痒くなる原因には

  • 血管が拡張する
  • 皮膚が乾燥する
  • 血液がドロドロになって血流が悪くなる
  • 停滞している水分を煮詰めて粘っこいモノができる

などが見られます。

 

元々これらが起こる体質的な傾きがあるので、眠ろうとして布団に入るといったことだけで体が温まって痒くなってしまいます。

 

冷やすことで痒みが治まるのは皮膚の熱が冷めるからです

皮膚に熱があるからといって、体全体が熱で燃え盛っているかというと、そうでもありません。

 

皮膚に熱を持ちやすい状態には

  • 皮膚に赤みがあってジクジクしている
  • 皮膚が乾燥してつやがない
  • 寒がりで疲れやすい
  • ストレスを感じることが多い

以上のような体質の傾きが良く見られます。

 

1つずつ解説します。

 

皮膚に赤みがあってジクジクしている

  • 皮膚が赤くて熱感があり痒い
  • 掻くと出血する
  • 舌の苔が黄色くてべたっとしている
  • 尿の色が濃い

 

辛い物や脂っこい物、濃厚な物などを食べる事が多い、あるいはお腹の働きが失調していて、食べた物が停滞して熱によって煮詰められると、腸の中でドロドロした毒に変化します。

 

その毒が体に吸収されると、体は内側を守るために皮膚から排出しますので、皮膚では熱感や赤みに加えてジクジクと浸出液が出てきます。

 

この状態の方が体を温めると、皮膚に押し出されてきたドロドロの毒はさらに熱を帯び、周辺の巡りを阻害して痒みになります。

 

このような場合、黄連解毒湯三黄瀉心湯茵蔯蒿湯などで、体の余分な熱と水分を排除して痒みを解消します。

 

皮膚が乾燥してつやがない

  • 夜や疲れると体がほてる
  • 頬が赤い
  • 寝汗が出る
  • 舌が赤黒い

 

皮膚が乾燥しているのは、皮膚に必要な潤いが足りていない状態です。

 

体の潤いは冷却水としての働きもしていますので、体の熱とバランスが取れていないと、あぶれた熱が体のコントロールから抜け出して、体が火照るなどの症状になります。

 

しかも昼間は体の外側に拡散していた気が、夜になると体の内側に戻ってきますので、体はさらに熱感が強まります。

 

体が温まることで皮膚の熱感はますます強まり、気や血液の巡りは熱によって滞ってしまい痒みになります。

 

このような場合、六味丸知柏地黄丸杞菊地黄丸などで、体を潤すことで、潤いが足りないことで生じた熱を冷まして痒みを解消します。

 

寒がりで疲れやすい

  • 舌の色が白っぽく先だけが赤い
  • 空腹感をあまり感じない
  • 手足が冷える
  • 風邪を引きやすい

 

皮膚表面では熱があって乾燥していても、体の内側では冷えている場合があります。

 

お風呂の火力が弱い状態では、水の循環を作り出せないので冷たい水は下に落ち込み、浮き上がった熱は上で停滞します。

 

同じように体でも、気や血液を巡らせているのは芯部の熱ですので、熱が弱っていると、しっかりと体の上部に潤いを届けることが出来なくなります。

 

そうなると、体の下の方には余分な水分が停滞して浮腫みがちになり、上の方では浮き上がった熱だけが停滞して皮膚に熱感を感じるようになります。

 

この状態で体を温めて、上手く循環が回復すると症状は軽くなりますが、巡りが悪い状態のままで局所的に熱が滞るようになると、痒みになります。

 

このような場合、補中益気湯黄耆建中湯八味丸などで、熱や気の補充をして、気や血液の巡りを応援して痒みを解消します。

 

ストレスを感じることが多い

  • 胸や腹が張る
  • 便秘になりやすい
  • 赤く熱をもって膿ができやすい
  • イライラしやすい

 

ストレスによって交感神経が興奮すると、余分な熱が生じるとともに末梢血管が収縮します。

 

そうなると熱は出口を求めますが、発散されずに残った熱は皮膚にこもり、皮膚周辺の正常な巡りを妨害します。

 

ストレスによって末梢血管が収縮しているので、必要な潤いを周囲に広げて配ることが出来なくなります。

 

そのため熱は皮膚に向かっていくけど潤いは届かないので、乾燥や熱はますます強くなります。

 

この状態で体が温まると、乾燥や熱はさらに悪化して痒みになります。

 

このような場合、柴胡清肝湯香蘇散排膿散及湯などで、ストレスによる巡りを回復させ、熱を冷まし、潤いを補充することで痒みを解消します。

 

家庭でできる自然療法による痒み対策

まずは手軽にできる方法からご紹介します。

 

痒みや熱感が強い部分に湿布の様にして貼ると、ただ冷やすだけではなく、皮膚に停滞している悪い物を吸い出してくれます。

 

油のようにベタベタとしていないので、皮膚を塞いで熱がこもってしまうことはありません。

 

アレルギーなどが出ないかを確認してから実施してください。

 

大根シップ

 

これは急な痒みと熱感がある時におすすめな方法です。

 

  1. 冷蔵庫に入れておいた大根を輪切りにする。
  2. 切り口で痒い部分をこすります。

 

ハッカ・ミント

 

  1. ハッカやミントを適量(1~2滴ほど)垂らした水をポンプに入れる
  2. お風呂上りや、痒みのあるときに噴霧します。

 

里芋シップ

 

これも熱感を取り去ってくれる自然療法です。

 

  1. 里芋の皮を厚く切ります。
  2. 里芋をすりおろし、同じ量の小麦粉と、一割ほどの生姜を混ぜます。
  3. これを和紙かガーゼなどに厚さ1センチほどに伸ばして包みます。
  4. 熱を持っている場所に貼ります。

 

痒くなる時は里芋をジャガイモに変えます。

 

急に必要な場合にはこちらが便利です。

Amazon | 里芋粉 200g | 有限会社ツルシマ | 絆創膏
里芋粉 200gが絆創膏ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

豆腐シップ

 

こちらも熱感を気持ちよく冷ましてくれます。

 

  1. 豆腐を良く水切りします。
  2. 豆腐をつぶし、一割ほどの生姜、つなぎに小麦粉を入れて混ぜます。
  3. これをガーゼなどに、2センチくらいの厚さに伸ばして包みます。
  4. 熱を持っている場所に貼ります。

 

これらはシップの要領で貼ると、熱を取ってくれますので、痒みのある方はパッチテストをしてかぶれないかを確認してからお試しください。

 

続いては、お茶代わりに飲んで体の熱を冷ます生薬類です。

 

体全体を冷やすことを続けてしまうと、芯部の熱が弱くなって全体の巡りが悪くなるので、それによってまた痒みの原因になります。

 

冷やしたいのは皮膚ですので、皮膚の熱を冷まして痒みを解消してくれる食べ物をご紹介します。

 

普段のお茶に混ぜるなど工夫して、美味しくお召し上がりください。

 

ハッカ茶(薄荷)

 

  • 熱を皮膚表面から発散させて冷ましてくれる作用や、ブツブツしているが出きらないで居座っている場合に、発散を助けてくれる作用があります。
  • メントール・メントン・リモネンなどの成分が含まれていますので、リラックスさせる効果も期待できます。
  • 特にメントールには中枢神経抑制作用も報告されています。
  • そのため鎮静作用や、平滑筋を抑制する鎮痙作用も期待されますので、筋肉の緊張によって熱が生じている場合には、筋肉の緊張を緩めてリラックスさせ、熱が生じるのを予防してくれます。

 

キクカ茶(菊花)

 

  • 熱を冷まし、排尿を促し、目の機能を回復させ、抗菌作用があります。
  • アピゲニン、フラボン、フラボノールなどの成分が含まれています。
  • フラボンには、免疫力を正常にさせる働きや、鎮静作用がありますので、アレルギー症状の抑える働きも期待されています。

 

スイカズラ茶(金銀花)

 

  • 清熱解毒の効能がありますので、熱を冷まし、さらに消毒もしてくれます。
  • 実際に、黄色ブドウ球菌などの細菌や、ある種のウイルスを抑制する作用が知られています。
  • そのため、化膿性の皮膚疾患や、熱が生じているような風邪の初期には、必ずキンギンカを使用するほどですので、膿になってしまう原因の一つである細菌の増殖を防いでくれます。
  • 有効成分としては、クロロゲン酸・ルテオリン・イノシトールなどが含まれています。

 

とんぶり(地膚子)

 

  • とんぶりは熱を冷まし、余分な水分を排除し、抗菌作用も持っています。
  • かゆみを伴う湿疹などに使われ、煎じた汁を塗る事でも痒みを抑える効果が期待されています。

 

カワラヨモギ(綿茵蔯)

 

  • 熱を冷まし、排尿を促し、胆汁分泌促進、抗菌作用、抗ウイルス作用、鎮静作用もありますので、ストレスによる滞りを解消する働きも期待できます。
  • モノテルペノイド、クロモン類、クマリン類、などの成分が含まれています。
  • メンインチンも煎じた汁を体に塗ると痒みを抑える効果が期待されています。

 

ご紹介した方法で体を上手に冷やして痒みを解消してください。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました