アトピーと便秘が関係している理由【どちらも解決する方法】

アトピー

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

美肌漢方
美肌漢方

アトピーにお悩みの方へ

頑固な便秘でいつも困っている

アトピーと便秘は関係があるって聞くし

早くすっきりしたい。

 

自分に合った便秘改善法とか

あったら知りたい。

と悩んでいませんか?

 

本記事では、下記の内容を詳しくご説明いたします。

 

この記事の内容

  • 便秘はどうして起こる?
  • アトピーと便秘の関係は腸内環境
  • 便秘の原因がそのままアトピーの原因となります

この記事を書いているのは、漢方薬、気功、自然療法を実践し始めて30年以上。

世界中医薬学会連合会認定の、国際中医専門員がお伝えいたします。

 

アトピーに悩んでいる方の中には、同時に便秘に悩んでいる方もいると思います。

 

便が出ると、それまで蓋で塞がっていたような感覚から開放されて、皮膚の痒みや息苦しさも少し楽になります。

 

そこで今回は、便秘が起こる理由と、その理由がアトピーとどう関係してるのかを解説していこうと思います。

スポンサーリンク

便秘はどうして起こる?

便秘は、腸管の蠕動運動が正しく動けずに、便を下向きに移動させられないことが原因で起こります。

 

東洋医学では腸管を下向きに動かす働きは、胃気によってコントロールされていると考えています。

 

そのため胃気の働きを邪魔するものがあると、腸管の蠕動運動が正しく便を移動することが出来なくなって、便秘になります。

 

胃気の働きを邪魔するものとして良く見られるものには

  • ①ストレスでイライラしやすい
  • ②寝不足や過労
  • ③冷やす性質のものを良く食べる

などがあります。

 

1つずつ解説します。

 

①ストレスでイライラしやすい

 

ストレスで胃気が滞ると便秘になります。

 

腸管をはじめとした全身の筋肉は、気によってコントロールされていますが、ストレスが強いと、気はスムーズに巡れなくなります。

 

緊張した場面では、体が硬くなってギクシャクした動きになるように、ストレスがかかると腸管の動きもぎこちなくなります。

 

腸管が便を移動するためには、上から下へのスムーズな連携が必要ですので、ぎこちない動きになると、停滞して便秘になります。

 

イメージとしては、ゼリー状のモノを外側から力を入れて動かしたい時に、柔らかいホースの中に入れた場合と、硬いホースの中に入れて動かすのとではどちらが楽に動かすことが出来るか、という感じです。

 

硬すぎるホースでは、外側からどんなに力を入れても、ゼリー状のものを動かすことが出来ません。

 

しかも緊張して気が停滞して集中すると、上方に強い勢いで向かいますので、余計に便を下向きに移動させるのは困難になります。

 

このような方の便秘を解消するには、ストレスによる緊張を緩めて、蠕動運動を順調にさせる必要があります。

 

通導散

  • 血流を改善して、停滞している血液を流し、気の巡りを下向きに動かして血の巡りを応援して、停滞している熱を便から排出する。
  • 下腹部に圧痛、便秘、月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、打撲、高血圧の随伴症状、頭痛、めまい、肩こりなどの方に。

 

四逆散

Amazon | 【第2類医薬品】[救心漢方]四逆散 10包 | 救心製薬 | ドラッグストア
【第2類医薬品】四逆散 10包がドラッグストアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
  • 気の滞りを解消するために、筋肉の緊張を潤すことで緩めながら、気の巡りを上下に巡らせて気の流れの骨格を作る。
  • 胸腹部に重苦しさ、みぞおちが突っ張る、不安、不眠、胃炎、胃痛、腹痛、抑うつ感に。

 

②寝不足や過労

 

寝不足や過労が続くと、便を動かす力が低下します。

 

過労や夜更かしが続くと、体に疲労がたまり動くのはおろか、話すのもしんどくなって、家に帰ったら泥の様に眠ってしまいます。

 

過労や夜更かしが続くと、体全体が疲れ、動くのもしんどくなるように、体が疲れていると腸管も動きが悪くなり、便を移動させることが出来なくなります。

 

さらに、過労などで体の潤いが減少すると、腸管も乾燥してしまい、乾燥によって蠕動運動は正しく行われなくなるので、便秘になります。

 

イメージとしては、ゼリー状のものが、乾燥して硬くなったホースの中に入っているような感じです。

 

しかも、ゼリーを動かすそうとする手は、疲れて弱っている状態ですので、ホースは硬いし疲れているしで、全く動かなくなります。

 

過労や夜更かしを改めて、少しでも早く眠るようにすることはもちろんですが、スマホの見過ぎなど、目を使いすぎる事も関係しますので注意が必要です。

 

このような方の便秘を解消するには、潤いを補充して、腸管の動きを改善して治します。

 

麻子仁丸

Amazon | 【第2類医薬品】麻子仁丸 エキス細粒90 2.0g×30包 | 松浦漢方 | 漢方薬・生薬
【第2類医薬品】麻子仁丸 エキス細粒90 2.0g×30包が漢方薬・生薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
  • 腸管を潤し、気を下向きに引き降ろしながら腸管の緊張を緩め、大便から排除する。
  • 便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹、皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔などの方に。

 

潤腸湯

Amazon | 【第2類医薬品】精華 潤腸丸 225丸 | 八ッ目製薬 | 漢方薬・生薬
【第2類医薬品】精華 潤腸丸 225丸が漢方薬・生薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
  • 気を下向きに引き降ろしながら、血も下向きに誘導し、血と潤いを補充して、熱を冷まして便から排除する。
  • 便秘、めまい、動悸、月経中や産後の便秘の方に。

 

③冷やす性質のものを良く食べる

 

腸管が冷えると、便を移動できなくなります。

 

腸管が動くためには、体の芯部の熱である腎陽が必要です。

 

腸管に限らず、体のどの部分の働きも、温かいとエネルギーが高まって動きが良くなりますが、冷えているとエネルギーが低くなり、動きが鈍くなります。

 

そのため、冷やす食べ物で芯部が冷やされると、腸管の動きが悪くなり、便を移動させられなくなります。

 

また、腸管が乾燥すると、腸の蠕動運動が悪くなりますが、腸管を潤すためには体の潤いが腸管にまで届けられる必要があります。

 

潤いもやはり、芯部の熱である腎陽によって温められ、血流が良くなることで配られますので、腎陽が冷えていると、腸管には潤いが届かなくなり乾燥します。

 

イメージとしては、冷たく冷えた手で、冷たくなったホースの中に入れたゼリーを動かすような感じです。

 

手がかじかみ、力が入らなくなって、中身を動かせなくなるように、腸管の動きが悪くなって便秘になります。

 

冷たい飲料を摂り過ぎるなど、温度的に冷たい物が原因になることはもちろんですが、牛乳、コーヒー、緑茶、夏野菜など、性質的に冷やすものも、少しずつ腸管を冷やしますので注意が必要です。

 

でも、冷たい物は下痢になるのでは?と疑問に感じる方もいると思います。

 

冷たい物がどうして下痢を起こすのか?と言いいますと、冷たい物が体に入ってくることで、体は冷えによる内側へのダメージをできるだけ少なくしようとするために、腸管の動きを強めて、素早く排出させるからです。

 

冷たい水に手を浸していたら、手が白くなるように、冷たい物で毛細血管は狭窄します。

 

そして、その状態が何度も続くと、血管は狭窄したままになって、腸管には気血が巡らなくなり、段々と力無く緩んでしまい、頑固な便秘になってしまうのです。

 

ですので、冷えによる便秘の場合には、芯部を温めることで解消します。

 

九味檳榔湯

  • 芯部を温め、余分な水と熱を下向きに引き降ろし、気の滞りを解消して、血流も改善して、下向きに余分なものを排除する。
  • 動悸、肩こり、倦怠感、便秘、脚気、高血圧、動脈硬化、頭痛などの方に。

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯

Amazon | 【第2類医薬品】当帰四逆加呉茱萸生姜湯 エキス細粒48 2.0g×30包 | 松浦漢方 | 漢方薬・生薬
【第2類医薬品】当帰四逆加呉茱萸生姜湯 エキス細粒48 2.0g×30包が漢方薬・生薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
  • 気血の巡りの骨格を中心に、温めながら、血液の滞りを解消して、詰まっている状態の流れを回復させる。
  • 手足の冷え、下肢の冷えが強い、冷え症、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛などの方に。

 

アトピーと便秘の関係は腸内環境にあります

アトピーが悪化する原因の一つには、腸内環境の悪化が言われています。

 

便秘によって、お腹の中にいつまでも食べ物が停滞している状態は、真夏の湿度の高い日に、食べ物を放置しておくようなものです。

 

このような状態が長く続くと、お腹の中では悪玉菌がどんどん増殖して、有害な腐敗物質を作り出します。

 

有害な腐敗物質が吸収されてしまうと、体は内側を守るために皮膚から排出するので、アトピーの症状が悪化します。

 

腸内細菌には、いわゆる善玉菌と悪玉菌の二つに分けられますが、善玉菌の働きには免疫力を上げる働きの他に、腸の蠕動運動を促進する作用もあります。

 

そのため、便秘によって腸内環境が悪化すると、免疫力が低下してアトピーの症状が悪化し、蠕動運動の働きが悪くなるので、便秘になり・・・・と悪いループに陥ります。

 

しかも幸せ物質と言われ、脳の働きを穏やかにして不安感などを抑えるセロトニンの分泌にも関わりますので、精神的な要因が絡むアトピーの症状には深く関係します。

 

腸内環境の解説は、こちらに書いてあります

 

アトピー改善のために腸内環境を整えるには漢方薬が効果的です
アトピーと腸内環境改善に悩んでいませんか?本記事では、腸内環境を整えてアトピーを改善するための解説をしています。アトピーと腸内環境改善に悩んでいる方はご覧ください。

 

便秘の原因がそのままアトピーの原因となります

便秘の原因はそのままアトピーの原因となります。

 

便秘を起こす原因として、

  • ①ストレスでイライラしやすい
  • ②寝不足や過労
  • ③冷やす性質のものを良く食べる

があると解説しました。

 

これらの原因が、胃気の働きを悪化させることで便秘になるのですが、これらはそのまま、アトピー悪化の要因ともなります。

 

”ストレスでイライラしやすい”事によって

 

例えば、ストレスでイライラしやすければ気が滞り、皮膚と体の内側との気血の巡りを悪化させるので、皮膚は健康な状態を保てなくなります。

 

痒みが起こるメカニズムは滞りですから、気の滞りによって、皮膚への栄養供給や、皮膚での不要物の回収が滞るようになると、痒みが強くなります。

 

さらに、気の滞りによって熱が生じ、皮膚の周辺で熱を持つようになると、皮膚は乾燥して、炎症が強まり、と様々に症状が出てくるようになります。

 

”寝不足や過労”が続く事によって

 

そこに寝不足や過労が加わると、疲労から気血の巡りがますます悪くなり、潤いの減少によって、熱や乾燥の状態もさらに煽られるようになります。

 

しかも、過労や夜更かしによって”心が渇く”ようになると、ストレスを感じやすくなり、怒りが燃え盛るようになります。

 

”冷やす性質のものを良く食べる”事によって

 

そのストレスを解消するために、食べ過ぎや飲み過ぎがあると、腸管はどんどんと冷えてしまい、腸内環境は悪化します。

 

善玉菌は37℃程度の、悪玉菌は35℃程度の腸内温度を好むと言われていますので、お腹が冷えていると、悪玉菌は元気になり、善玉菌は働きが低下して、アトピーの症状が悪化します。

 

しかも冷えていることで血流も悪化しますので、ますます皮膚への血流も悪くなり、丈夫な皮膚は作られなくなります。

 

ですので、アトピーで便秘もある方は、どこが一番の原因になっているのかを知り、それを解消することで、どちらも改善していきます。

 

具体的には

  • ストレスを溜めないようにして、瞑想法などで上手に解消する
  • 過労や夜更かしの生活を改め、目を使いすぎない
  • 冷たい物や冷やすものを摂り過ぎない

などです。

 

これらを続けていくうちに、少しずつですが、必ず良くなっていきます。

 

今回は以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました