高血圧になる3つの原因と3つの改善策(4)

未分類

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

1話はこちらから

高血圧になる3つの原因と3つの改善策(1)
...

 

前回の話はこちらから

高血圧になる3つの原因と3つの改善策(3)
...

 

ピヨ先生
ピヨ先生

では高血圧を

解決するためには

どうしたら良いのか

考えてみましょう。

 

原因を3つあげましたので

解決策も3つに分けて

説明いたします。

ピヨ先生
ピヨ先生

これには湧泉のツボに

意識を集中しながら

長いリズムで行う

呼吸法がおススメです。

ピヨ先生
ピヨ先生

湧泉のツボは

足の土踏まずにあり

ここに意識を集中すると

 

上半身に上がった

熱を降ろしてくる

働きがありますし

腎気の働きの補充も

してくれます。

ピヨ先生
ピヨ先生

さらに吐く息を

長めにすることで

副交感神経を

刺激してくれますので

心臓の活動は減少し

 

胃腸の蠕動運動が強まり

血圧が下がっていきます。

ピヨ先生
ピヨ先生

これらのことから

意識を足の裏の

湧泉に向けながら

 

吐く息を長めにした

呼吸法を行うと

血圧の改善に

期待できます。

ピヨ先生
ピヨ先生

それとともに

体の熱の過剰が引き金と

なっていますので

 

辛い物や味の濃厚な物

脂っこい物などは

控えるようにすることも

おススメします。

ピヨ先生
ピヨ先生

また仰向けになって

お腹の上に手のひらを当て

お腹の拍動を軽く

押さえるようにする

こととともに

 

前腕を緩めることも

効果があります。

ピヨ先生
ピヨ先生

そして肥満の高血圧ですが

 

血管内外の邪魔モノを

取り除くには

まずは入れないように

することが一番です。

ピヨ先生
ピヨ先生

そのためには

空腹感もないのに食べる

喉が渇かないのに

水分を飲むなどの

 

感覚を無視した

食生活を

変えていく

必要があります。

 

また一口30~50回は

噛むようにしましょう。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

良く噛んで食べると

セロトニンの分泌が

促進されます。

 

セロトニンには

幸せ感を感じさせる

働きとともに

満腹感を与えて

食欲を抑える

働きがありますので

 

不足すると

ストレスも食欲も

収まらなくなります。

ピヨ先生
ピヨ先生

また噛むことによって

脳の血流が活性化して

満腹中枢も正しい働きを取り戻しますので

 

体が必要としている量が

感覚として正しく

分かるようになります。

ピヨ先生
ピヨ先生

さらに噛むことによって

身体の受け入れ準備も

整いますので

 

内臓の機能も高まって

栄養は必要とする

部位へと送られ

適度に消費が

進められます。

ピヨ先生
ピヨ先生

しかし良く噛まずに

急にドカッと

食べ物が体の中に

入ってきてしまうと

 

準備の整っていない体では

取りあえず

「備蓄の方に預けておけ」と言う事になって

身体は太ります。

ピヨ先生
ピヨ先生

このように

食生活の改善に

気を付けた上で

軽めの運動をして

 

体の中を巡っている

気血の循環を

良くすることも大切です。

ピヨ先生
ピヨ先生

また胸椎の2・3番

10~12番

腰椎の2番までが

ズレている場合が

ありますので

 

その辺りを

テニスボールなどで

柔らかく刺激すると

水の巡りをよくする機能が

活発になります。

 

あとがき

(5)へつづきます。

高血圧になる3つの原因と3つの改善策(5)
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました