食後にげっぷや胸やけがあり気持ちが悪くなる

お腹の不調

【30代前半 男性】

 

 

食後にげっぷや胸やけがあり、気持ちが悪くなってしまうとご相談にこられました。

 

 

舌の赤みが強く、苔が薄くはがれていて、溝や割れ目があることから、体の中には余分な熱や、潤いの乾燥があります。

 

顔色が白いことから、身体全体の燃え盛るような熱や乾燥の状態というよりも、偏った熱や乾燥があり、その中心は、お腹や、精神活動と関係の深い部位であるように感じます。

 

イライラしやすい、不安感が強いことなどから、気が滞りやすい背景があり、それが、こもった熱を生じさせ、気を逆流させて、腸管の動きを停滞させています。

 

そのため、吐き気を感じる、腹が張って苦しい、食べると腹が張る、ゲップやガスが多いとなり、吸収した栄養を上手く運搬する肝気が停滞することが、食後の気持ち悪さになっているのかと感じました。

 

解決するためには、漢方薬も自然療法も、お腹への負担は避けるようにして、特に、辛い物や、脂っこい物、甘いものや、アルコール類などは控えるようにお伝えしました。

 

また、イライラや不安感などが、気の巡りを悪くさせ、それが、お腹の働きを攻撃してしまっていることで、食後の気持ち悪さになっているようでしたので、丹田を意識した状態で、吐く息を長めにした呼吸法のやり方をアドバイスしました。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ご自身の体質に応じた

漢方薬を試してみたい方は

オンライン漢方相談

メール漢方相談

LINE漢方相談

ご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました