腰痛をこじらせてしまう3つの原因と過程と仕組み(6)

腰痛

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

1話はこちらから

 

腰痛をこじらせてしまう3つの原因と過程と仕組み(1)
...

 

前回の話はこちらから

 

腰痛をこじらせてしまう3つの原因と過程と仕組み(5)
...

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

それどころか

腰痛を起こしている

体質的な原因に

合わない場合には

 

飲むとかえって

悪化します。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

例えば腰痛の原因となる

体質によっては

八味丸による熱の応援が

要らない方もいますし

 

材料の補充が

要らない方もいますし

さらに八味丸の

水を排除する力では

全然追い付かない

方もいます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ですので、もし腰痛に

なってしまったら

まずは整形外科に行き

 

現代医学的な

診断と治療を

受けましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そして漢方薬に関しては

 

東洋医学的な

体質判断を受けて

ご自身に合う漢方薬を

組み合わせて

もらいましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

その上で

その体質判断に従った

体質改善のための

アドバイスをしてもらい

 

日常生活に

取り入れて

いきましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

漢方薬だけ飲んでいても

腰痛の原因となっている

生活習慣などを改善しないと

 

腰痛を起こしている

体質そのものは

変わりませんので

なかなか治りません。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そこでここからは

あまり体質に

関わりなくできる

 

東洋医学的な

腰痛予防対策を

いくつか

ご紹介いたします。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ご紹介しましたように

腰痛の原因は

腎気の衰えが関係していて

 

固有背筋などの

筋肉の緩み

骨の異常

関節周辺の

気血の巡りの

悪さなどが

起きています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため腎気を保つことが

腰痛改善の重要な

キーワードとなります。

 

そこで

まず初めにお伝えしたいことは

「夜更かしは控えましょう」です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

人間の身体は

昼間の活動による消耗を

夜間の睡眠によって

回復させています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため夜更かしによって

消耗の回復が追い付かなく

なってしまうと段々と

回復が難しくなります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

特に東洋医学では

夜は腎気との関係が

深い時間帯であると

考えています。

 

そのため腎気を

回復させるべき時間帯に

腎気を消耗していると

回復されないわ

傷耗は激しいわとなって

ますます腎気は

衰えてしまいます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ですので少しでも

早く睡眠を

とるようにしましょう。

 

あとがき

(7)へつづきます。

 

腰痛をこじらせてしまう3つの原因と過程と仕組み(7)
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました