浮腫みの改善に!?トウモロコシの効果と注意点

薬膳

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

こんにちは。

ピヨ先生の

生薬学講座です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

今回はトウモロコシについて

お話しいたします。

 

トウモロコシは

茹でても、焼いても

蒸して食べても

美味しいですよね。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシは

生薬学では

甘、平の性質を持ち

 

利水消腫、利胆退黄

健脾益肺の

効能があります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

では、1つずつ

解説していきます。

 

まずは利水消腫から。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシは

むくみや

尿の出が悪い状態を

解消してくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシは

体の中に停滞している

余分な塩分を

 

体の外へと排出する

カリウムが含まれているため

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

余分な水分を体の外へと

追い払ってくれるので

浮腫みの改善や

 

排尿の改善に

役立ってくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ちなみに

トウモロコシのひげは

玉米鬚という生薬名で

 

利尿を促す漢方薬として

使われていますので

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

葉とひげを

お茶のようにして

飲まれると

 

浮腫みやすい人や

尿の出が悪い人の助けになってくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

またトウモロコシのひげは

利尿作用とともに

 

尿の中の固まったモノを

分解する働きがあるため

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

その他の生薬を

組み合わせて

 

尿路結石の改善にも

使われます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ですので

浮腫みやすい方や

尿の出が悪い方は

 

とこもろこしは

ひげも葉も捨てずに

利用しましょう。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

続いて利胆退黄です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシの

特に髭の部位には

体の中を綺麗にする

手助けをしてくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシのひげには

胆汁の分泌を促す働きがあり

 

その胆汁は肝臓で作られ

胆のうという袋に

溜められていて

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

食べ物が

小腸の中に

入ってくると

胆のうが反応して

 

胆汁が分泌されて脂肪の消化を

助けています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

さらに肝臓の解毒作用と

一緒に働くことで

 

コレステロールなどを

体外に排出する働きにも

大きく関わっていますので

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

腸の中では水に溶けない

脂肪性のモノを溶かす

 

お腹の中を綺麗にする

洗剤のような

働きをしています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため胆汁が

上手く分泌されないと

食欲不振やむかつき

皮膚の痒みなどのほかに

 

胆石、肥満や

コレステロール

糖尿病などが

心配になります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシのひげは

胆汁の分泌を増加させ

 

胆汁排泄を促進する

効果がありますので

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

胆のうの中の

古くなった胆汁が

入れ替わり

 

様々な症状を改善する

手助けをしてくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そして健脾益肺です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシは

食欲不振や

疲労の回復に

効果的です。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

トウモロコシは

胃の働きを高め

余分な水分を

追い出すことで

 

お腹の働きを高め

消化吸収を

助けてくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

しかも糖質を分解する

ビタミンB1が豊富に

含まれていますので

 

胃腸が弱く

疲れが取れない方に

おススメです。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

またトウモロコシの

実の皮には

食物繊維が豊富に

含まれているため

 

便通を促進して

体の中のお掃除を

してくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ただし注意が

必要なこともあります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

とうもろこしには

リノール酸が

含まれていますので

 

コレステロールを下げ

動脈硬化の予防に

役に立ってくれます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

しかしリノール酸は

摂り過ぎると体の中で

 

炎症症状を引き起こす

原因になると

考えられています。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのためリノール酸を

摂り過ぎると

アレルギー体質を

作る原因に

なるとも言われ

 

皮膚症状を

起こしやすくなります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

また摂り過ぎると

体に蓄積して

 

かえって動脈硬化など

血流の悪化を招く

原因ともなります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

リノール酸は

体の中では

作ることのできない

必須脂肪酸ですので

 

足りなくなると

成長の遅れ

肝臓や腎臓の悪化

感染にかかりやすくなる

 

皮膚や髪の毛が

パサつく様になる

とも言われます。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ただトウモロコシに限らず

様々な食品中に

リノール酸が

含まれていますので

 

現代人は必要量の 

6倍以上も摂取しているとの

データもあります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

それと食物繊維が多く

表皮も硬く消化に

負担がかかるので

 

胃の弱い人が

良く噛まずに

食べ過ぎると

お腹がもたれたり

下痢を起こす

場合があります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

ですので体に

良いからといって

食べ過ぎには

注意しましょう。

 

 

あとがき

こちらもご覧ください。

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました