【歯痕舌】舌がギザギザになる原因2つと自然療法(3)

診断

こんにちは。

ながつか漢方堂です。

 

1話はこちらから

【歯痕舌】舌がギザギザになる原因2つと自然療法(1)
...

 

前回の話はこちらから

【歯痕舌】舌がギザギザになる原因2つと自然療法(2)
...

 

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

逆に全体的には水分が

過剰になっていなくても

舌が胖大になることも

あります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

東洋医学では

舌はお腹の働きと

関係の深い脾気と

 

意識や精神と関係の深い

心気との関わりが

大きいと考えています。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

そのため心気や

脾気において熱が生じ

過剰に上向きに

向かわせる働きがあると

 

沸騰したお湯が

吹き上がって

いくかのように

必要以上に血液を

身体の上の方へと

送り込むため

舌は大きくなります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

この場合

粘膜の細胞は充血し

舌の色は赤くみえる

ようになります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

また舌が胖大に

なるためには

ある程度水分も

保持している

必要がありますので

 

この場合

熱と水が結びついた

湿熱と呼ばれる状態に

なりやすいです。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

水が熱によって

煮詰められると

動きが悪い

ドロドロしたものが

体の中に蓄積して

いく事になり

 

血行も悪くなりますので

舌の色は黒っぽい色や

紫色になります。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

以上が

舌が大きくなる

原因ですが

歯の痕が残る

原因には

もう一つ大切な

要因があります。

 

ピヨ先生
ピヨ先生

例えば風船の中に

水がパンパンに

なるほど入れた場合

 

例え上から指で押して

へこんだとしても

指を放すと

元の張りのある

パンパンな状態に

戻るはずです。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

これは風船に

外側へと押し拡がって

いこうとする

張りと弾力性が

あるからです。

 

 

ピヨ先生
ピヨ先生

つまり舌にへこみが

維持されてしまうのは

へこみを押し戻すことの

できない張りの弱さが

存在するからです。

 

このような

張りの無い舌の事を

嫩舌といいます。

 

あとがき

(4)へつづきます。

 

【歯痕舌】舌がギザギザになる原因2つと自然療法(4)
...

 

★YouTubeでもお伝えしています★

 

YouTubeはこちらから

 
体が喜ぶ知恵をお届けします

 

タイトルとURLをコピーしました